Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
左右使用率は気にしない
新下駄配列作成記10

■新下駄配列の方針
 左右使用率は気にしない

 新下駄配列では左右の手の使用率は考慮しません。個々の指の使用率やキーの使用率、キーの連接などが適切であればよく、左右の使用率を理由として文字の配置を決めることはありません。
 理由は以下の3つです。

1.手首を左右に動かすのは自然な動き

 キーボード形状からみて、左手より右手の方が押しやすいという意見があります。つまり、「一般的なキーボードのキーの配置場所は、ホーム段から見て、上段はやや左、下段はやや右にずれている。したがって、右手は指を曲げ伸ばすだけでキーを押すことができるのに対して、左手は手首を左右に曲げなければキーを押せない」という意見です。

 しかし、手首を少し左右に動かすという動作は、手の自然な動きの一つです。負担になるというのは、限界近くまで左右に動かす場合の話です。上段や下段のキーを押すために手首を左右に少し動かすのは、特に負担になる動作ではありません。

 そして、手首を左右に動かす分、指の曲げ伸ばしの量が少なくて済みます。例えば、[E]を押す場合と[I]を押す場合の中指を伸ばす動きを比較してみると、[E]を押す場合の方が中指を伸ばす動きが小さくなります
 つまり、左手ではキーを押すために必要な動作を、「指を曲げ伸ばす」と「手首を左右に動かす」という2つの動作に分散できます。その結果、左手でキーを押す場合は一つ一つの動作を小さくすることができます。
 むしろ右手でキーを押す動作の方が、手首を左右に動かすという自然な動きを使えず、指を曲げ伸ばすという動作だけに頼らなければならないので、より手に負担が掛かっていると思います。

2.利き手でなくてもできること

 右利きの場合は、利き手である右手の方が使いやすいという意見があります。利き手の方が使いやすいというのは、一見当然のように思えます。しかし、それはどんな場合にでも適用できるのでしょうか?

 日常生活で、右利きの場合、右手を多く使ったり、右手でないと難しい動作はたくさんあります。

・ペンで字を書くのは右手。
・箸を持つのは右手
・ドライバーでねじを回すのは右手。

 しかし、右手でなくてもできることも、たくさんあります。

・コップを持つ手はどちらでもいい。左手の近くにコップがあれば左手で持つこともある。
・電話の受話器を持つ手は人による。必ず左手で持つ人もいる。右手でメモを取るなどをする場合もあるが、右手で何もしていないときでも左手で持つ人もいる。
・縦書きの文庫本を片手で持つ場合は左手で持つ。右手で持つとページをめくりにくい。
・コンピュータゲームのコントローラの十字キーは左側。ボタンより十字キーの方が操作が複雑なので、本当は十字キーが右側にあった方が良いと言われることもある。しかし、伝統的に十字キーは左側にあり、多くの人がそれでゲームを楽しんでいる。
・野球でグローブでボールを取る手は左手。ボールを取る動作も右手の方がしやすいはずだが、右手には「ボールを投げる」という動作が割り当てられていて、グローブをはめてしまうと投げる動作ができなくなってしまうので、グローブは左手にはめて、ボールは左手で取る。
・マウスを使う手は普通は右手。しかし、右手にはカーソルキーやテンキーなどほかに担当することが多いので、マウスは左手で使うという人もいる。

 手を使う動作には、利き手の器用さや力強さがが必要な動作と、そうでない動作があります。利き手が必要な動作は利き手を使う必要があります。しかし、利き手が必要でない動作では利き手にこだわる必要はありません。利き手の方がやりやすいとしても、別の事情によって利き手を使わない方がよいこともあります。

 キーボードのキーを押すという動作は、指をキーの上に移動させて押すだけです。字を書く、箸を使う、マウスを操作するなどの動作に比べれば器用さも力強さも必要ありません。
 キーボード入力は、利き手でなくても十分できる動作だと思います。

3.配列がどうあれ右手は使う

 それでも、右利きの場合は少しは右手の方が使いやすいはずだから、ある程度は右手を多く使った方が良いのではないか、という意見もあるかも知れません。

 しかし、PCの操作は、当然ながら文字入力だけではありません。文字入力以外では右手はどうしても使います。マウスは右手で使う人が多いでしょうし、テンキーやカーソルキーが右側にあります。非常によく使う[BackSpace]や[Enter]も一般的には右側にあります。
 しかも、これらは文字キーよりもずっと遠い場所にあります。これらを操作するには、文字キーを押す場合と違って手全体を移動させなければいけませんから、文字キーの入力の何倍もの労力を使います。
 さらに範囲を広げて考えると、PC操作以外には右手でなければできないことがたくさんあります。字を書く、箸を使う、これらはほぼ右手を使います。右手が疲れたからといって左手ですることは困難です。

 文字入力配列で配慮をしなくても、すでに右手は十分活用できていると思います。



 以上の理由により、新下駄配列では左右の手の使用率は考慮しません。指の使いやすさに応じた出現率の文字を割り当て、アルペジオや左右交互打鍵を活用し、同指異鍵や同指段越などの悪運指が少なくなるように設計をします。そうすれば左右の手の使用率は50%に近い数字になります。特に左右交互打鍵率を高くしようとすれば自然に50%に近づくはずです。結果的に左手の使用率が50%を越えても気にしません。

※過去の関連記事
「左手の方が打ちやすい?」
「左手の方が打鍵しやすいもう一つの理由」

■新下駄配列作成記 目次
[PR]
by koutarou_13 | 2011-02-12 00:11 | ●新下駄配列作成記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kouy.exblog.jp/tb/14194820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 使用するキー アルペジオを活用する >>

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧