Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
親指シフトって、みんなどうやってるの?
 前から疑問に思っていることがあるのです。
 親指シフト配列を使うのに日本語キーボードをエミュレータを使って親指シフト化する場合に、どのあたりのキーを親指キーにするのかという問題です。

 親指シフト用キーボードである富士通 親指シフトキーボード FMV-KB611を見ますと、[親指左][親指右]の境目は[B]の中央の下になっています。
 日本語キーボードをエミュレータを使って親指シフト化する場合、親指キーにするキーは、できれば[B]の下、少なくとも[B][N]の境目の下で分かれたキーでないと、親指シフト用キーボードのように打鍵する事はできないと思います。

 日本語キーボードでこの親指キーに一番近い配置のキーは、[スペース][変換]でしょう。だから、日本語キーボードをエミュレータを使って親指シフト化する場合は、[スペース][変換]を親指キーにするという方法がまず候補に挙がります。
 例えば、BUFFALO BKBU-J109SVのようなキーボードなら[スペース][変換]の境目が[B]の下(やや右より)ですので、そのまま親指シフト化することができます。

 ELECOM TK-P09FLGのようなキーボード([変換]が[M]の下)ですと、そのまま[スペース][変換]を親指キーとすると[親指右]が右になり過ぎてしまいます。
 しかしここで、右手担当キーをすべて一列右にずらすという手があります(「右手一列シフト」)。こうすれば[スペース][変換]の境目は[B]の中央の下にあるのと同じ事になりますので、一気に親指シフト化するのに最適なキーボードに変身します(実際、私がNICOLAを使っていたときの方法です)。

 親指キーにするキーは[無変換][変換]にして、親指キーの間に[スペース]が挟まる形にするという方法もあるようです。代表的な親指シフトエミュレータである『親指ひゅんQ』の初期設定がそうなっています。『きりんシステム』のTRON配列図では[無変換][変換]に相当する位置が色づけされています。かえでさんの飛鳥配列打鍵動画では実際に[無変換][変換]を親指キーにして飛鳥配列を打鍵しています。

 [無変換][変換]はパソコンを初期設定のまま使っていると大して使わないキーですし、左右対称の位置に配置されているキーボードが多いので、親指キーにするのに向いているかも知れません。
 しかし、私の感覚では、[無変換][変換]を親指キーとするのでは、本来の親指シフト用キーボードと違いすぎると思うのです。
 まず、[T][Y]の同手シフトが圧倒的に打ちにくくなります。[R][U][G][H][V][B][N]もかなり打ちにくくなります。一方で下段の中指より外側の同手シフトは打ちやすくなるような気がします(特に右手下段)。
 これだけ打ちやすいキーが異なるのでは、親指シフト用キーボードを前提とした配列を打つことはできないのではないか、と思うのです。先ほど挙げた打ちにくいキーというのが飛鳥配列で頻度の低い文字が置かれているキーとだいたい一致するので、飛鳥配列は[無変換][変換]を親指キーとすることを前提としたエミュレータ時代の親指シフト配列なのではないかと思ったほどです

 しかし、ある動画では飛鳥配列を打鍵するのに、右手一列シフトを使って[スペース][変換]を親指キーにしていました。また、[T][Y]や[B]が打ちにくいのは[無変換][変換]を親指キーとしたためかと思っていたら、jisx6004さんは[スペース][変換]にしてもそのキーが打ちにくいという話です(同手シフトだけでなく単打でも。これは飛鳥配列の作者の話と一致する)。 

 私の感覚をまとめると、次のようになります。
1.[親指左][親指右]の境目が[B]の下(右手一列シフトで擬似的にそうする場合も含む)なら、親指シフト配列であることによって特に打ちにくくなるキーはない
(これはNICOLAをある程度打てるようになったときの実感)
2.[親指左][親指右]を[無変換][変換]のように離れているキーにするなら、[R][T][Y][U][G][H][V][B][N]は打ちにくくなる。
3.よって、[無変換][変換]を[親指左][親指右]にする方法は[R][T][Y][U][G][H][V][B][N]にも普通に文字が配置されているNICOLAには向かない。飛鳥配列にはいいかも知れない。
(2と3は試用段階での感想)
 これは私だけが思っているのでしょうか? あり得る感覚の一つなのでしょうか?
 実際に親指シフト配列を使っている方はどう思っているのでしょうか?

 [親指左][親指右]の境目の話ばかりしてきましたが、[親指左]と[親指右]の外側の境目もそれなりに重要なのではという気がします。
 先ほども挙げた富士通 親指シフトキーボード FMV-KB611を見ると、外側の境目は、[親指左]は[X]と[C]の境目のやや右、[親指右]は[,]と[M]の境目のやや左となっています。このくらいあった方が中指と薬指の下段の同手シフトが入力しやすいのではないかと思います。
 しかし、日本語キーボードで[親指左]と[親指右]の境目を[B]の下にしつつ、[C]や[M]の下まで伸びているキー配置を持ったキーボードというのはなかなか無いのではないでしょうか。
 もっとも、キーボード親指化キット HHKB L2用を見ると、[親指左]と[親指右]の外側の境目についてはまるで配慮されている様子がありませんので、やはり外側の境目はどうでもいいのかも知れません。

 もう一つ。親指シフト配列で考えなければならないのは(特にエミュレータ使用の場合)、親指キーの単打に他の機能を割り当てるか(親指キーの併用)、親指キーは専用キーとするかという選択です。
 併用すると親指担当キーへ機能の割り当ての自由度がかなり増します。しかし、文字キーと親指キーがロールオーバー(※)した場合に同時打鍵と判定されてしまうという問題と、親指キーの打鍵をミスした場合に予期しない挙動になるという問題が生じます。

※ロールオーバー:ここでは、あるキーを押して、そのキーを離す前に別のキーを押すこと。

 私自身、[親指右]と[ENTER](元[変換])の併用はできないと感じたのが、NICOLAをやめた主な要因です。Uジローさんは「スペースキーを親指シフトキーとして使うのは、絶対ダメだな」と書かれています。
 一方で、実際に[スペース]と[親指左]を併用して高速打鍵している動画を見たことがあります。「NICOLA 配列規格書」には「7.5 親指キーの単独打鍵について」という項目がありますので、併用することも想定していたことが分かります。
 併用して大丈夫なのか、ダメなのか。併用して大丈夫な機能とそうでない機能があるのか。
 実際に親指シフト配列を使っている方はどうしているのでしょうか?

 と言うわけで、実際に親指シフト配列を使用している人が「親指キーをどのあたりに取っているか」「親指キーを他の機能と併用しているか」は私にとってとても気になる謎なのです。
 もし「自分は親指シフト配列を使っている」と書く方がいましたら、ぜひこの点についても言及していただけるとありがたいです。
 また、親指キーをどのあたりに取るのかは非常に重要だと思うので、親指キーの位置は配列の側で定義した方が良いのではないか(「[親指左]は、だいたい[C]の中央から[V][B]の境目の下」、とか)と思っています。
[PR]
by koutarou_13 | 2006-02-23 20:39 | ●その他の日本語入力配列の話 | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://kouy.exblog.jp/tb/2831775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 親指シフトウォッチ at 2006-03-19 22:32
タイトル : Re: 高層のメガ神殿に狂気のファンドの雨(@Shini..
親指シフトの文字配列以外の部分についての議論です。http://spaces.m... more
Commented by かえで(yfi) at 2006-02-24 12:06 x
 どのキーを使うか……は、ホントに人それぞれではないかと予想しています。
 NICOLAでも変換・無変換を使う方は、少なくともお二方いらっしゃるようです。
 http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20050511/1115740092
 ↑のazukiさんと、↓のあずささんがその様でして。
 http://nicola.sunicom.co.jp/cgi/wf_soft/wf_s_forum.plx?no=457&reno=456&oya=449&mode=msgview

 専用とするか否か、という点については……私は親指シフト専用にして使っています。
 http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20050320/thumb
 NICOLAキーボードですらそうやって使いました^^;。
 どうしても「何もしていないときにシフトキーを誤打してしまう」クセが抜けないもので、専用にしないと打鍵しづらいんですよね……。
 ちなみに、漢直用の「漢触こーど」は乗せっぱなしにしています(これはスペースキー+文字キーの同時打鍵が一打目となる)。
 http://www.eurus.dti.ne.jp/~yfi/keylayout/kanji_feel_code.html
 しかしながら、案の定「文字キーを押した直後にスペースキーを押してしまい、漢触こーどの一打目と誤認識されてしまう」ことがたまにありますorz
Commented by kouy at 2006-03-01 22:57 x
わあ、すでに1年前にこれに関する記事を書かれていたんですね。見落としてました。
NICOLAでも[無変換][変換]の方も多いですね。これは人それぞれとしか言いようがないですねえ。人の感覚とはなんとちがうものか。
専用とするか否かは、親指シフト用キーボードでわざわざ[親指左][親指右]というキーを追加しているんだから、専用とする方が本筋だという気がしますね。

やはりいろんな方の実例をもっと見てみたいですねえ。
Commented by Ray at 2006-03-04 16:29 x
こんにちは、飛鳥のRayです。

親指シフトのキーは、一般的なキーボードでは変換と無変換に決まりだと思いますが。

だって、今打ってる市のNECのキーボードでも、親指を普通に下ろすとそれらの
キーを押すことになります。
ローマ字と同じで変換はスペースキーですし。。。

ただ、私は今そちらでも書かれたLogitecの安いやつを使っていますから、
そのままだと、親指がスペースキーと変換キーの上に来てしまいますから
AをSというように、全体を一列右にずらして、スペースキー上に左親指、カタカナキー
上に、右親指が来るようにして、本来のスペースキーの役割は変換キーに
持たせています。
つまり、親指の下には二つのシフトキー、その間にスペースキーというように
3個のキーが並んでいることが、親指シフトするためには必要と思うのですが。。
Commented by Ray2 at 2006-03-04 16:30 x
そちらの記事では、スペースキーと変換キーを親指シフトキーにすると書かかれていますが、
そうすると、変換したりスペースを入れるキーがどこに行くのか、考えてしまいます。

なんか、飛鳥の作者の割には初心者の疑問みたいで情けないのですが、記事中に
答えが見つけられなかったので、書いてみました。。

あと、親指シフト専用キーボードに関しては、私ネット上の画像以外見た事がありません。
当然触ったこともありません。秋葉や横浜には行ってチェックしているのですが。

もう、何十軒もPC屋は覗いてはキーボード売り場を見回ってるる私でさえ
そうなのですから、PCを使っている人の99.9%はそうだと思います。



ですから、飛鳥は親指の下に無変換キーと変換キーのある極めてありふれた
キーボードで評価しているので、専用キーボードを想定していません。
ただ、試した人はそっちのほうが飛鳥でも打ちやすいと言ってました。
Commented by Ray3 at 2006-03-04 16:33 x

しかし、見つけたとしても高いのは普及しないということは、富士通が大損
こいて、実証してくれたわけですし。。。
やはり、配列は「今のPCでそのまま使える」ことが普及の前提でしょう。

ソーテックやらノートでは無理というのなら、その辺に転がってる
500円~1000円のキーボードを外付けすれば試せる、という位気楽な
ものじゃないと、親指シフトも宝の持ち腐れになってしまいます。

あっ、また長くなって来ました。しかし、リアルタイムのローマ字でヨタヨタ打っているのに
こんなんで3レスに分けないと入らないんですね。。

で、この書き込みの要旨は「どうやって変換してるの?」ってことでした。
Commented by kouy at 2006-03-05 14:10 x
 Rayさんコメントありがとうございます。

 ご質問の件の回答です。私がNICOLAを使っていたときは[スペース]と[親指左]を併用していました。したがって、変換やスペースの入力は[スペース]を使って行います。
 併用することにはメリットとデメリットがあります。併用するのが嫌な場合は[無変換]か[ひらがな]を変換に利用するという方法が考えられます(私は親指左右カーソル([無変換][ひらがな]を[←][→]にする)が気に入っていたのでやりませんでした)。

 Rayさんは親指を普通に下ろすと[無変換]と[変換]を押すことになるとのことですが、私は、例えば記事中でも取り上げたELECOM TK-P09FLGのようなキーボードで普通に親指を下ろすと、両手とも[スペース]を押すことになります。

> つまり、親指の下には二つのシフトキー、その間にスペースキーというように
> 3個のキーが並んでいることが、親指シフトするためには必要と思うのですが。

 親指シフト用キーボードがそういうキーは位置になっていないので、それは違うのではないかと思います。それを言うなら「親指シフトするためには必要」ではなく、「飛鳥配列をするためには必要」ではないでしょうか?
Commented by jisx6004 at 2006-03-05 14:47 x
遅くなりましたが僕の考えを。簡単に言えば「人それぞれなので配列側で定義する必要はない」です。キーボードの物理レイアウトも違いますしね。「こういう配置を念頭に置いて開発した」ぐらいは書いて良いと思いますが。
<< 私は親指シフトでどれくらいの速... 下駄配列で[:]にも文字を配置... >>

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧