Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
下駄配列の拗音シフトの良さ
 『英数/かな ~入力方式・キー配列メモ~』「「しゃ」が2動作であることの利点」で拗音シフトを使わないことの利点が書かれています。

 「1動作で画面上に表示される文字数が常に1つ」なのがメリットだとあります。これはその通りだと思います。見た目に自然ですし、ミス打鍵したときの[BackSpace]を押す回数も分かりやすくなりますし。

 「入力規則が単純になる」というのがメリットだとあります。確かに、拗音シフトを搭載すると覚えることが多くなります。
 しかし、下駄配列の拗音は規則的に配置してあるので、覚えやすくなっています。この程度なら十分習得できる範囲だと思います。

 また、拗音とは別に「ゃゅょぁぃぅぇぉゎ」の小書きのかなも別個に(これも規則的に)配置することで、頻度の低いカタカナ語の拗音や、「まぁ」「ねぇ」「へぇ」などという文字列も入力しやすいようにしてあります。
 私の個人的な経験でいうと、下駄配列で単独の小書きのかなを使う機会はほとんどありません。「イ段+ゃゅょ」の拗音シフトとよく使うカタカナ語の拗音15種類(※)でほとんど入力できています。

※よく使うカタカナ語の拗音15種類:「うぃ」「うぇ」「うぉ」「ふぁ」「ふぃ」「ふぇ」「ふぉ」「てぃ」「でぃ」「しぇ」「じぇ」「ちぇ」「とぅ」「どぅ」「でゅ」の15種類。最後の3つは無くてもいいかも。



 下駄配列での拗音シフトの良いところは、二つあります。
 一つは発音と動作するが一致すること、もう一つは動作数と打鍵数が少なくなることです。

 まず「一つは発音と動作するが一致する」ことについて。
 下駄配列ではどんな拗音でも1動作で入力できますので、発音数と動作数が一致します。同時打鍵系の配列の多くで濁音を1動作で入力できるようになっていて、その使用者はゆえに快適だと言っています。そうならば、拗音も1動作で入力できればより快適なはずです。私は事実その通りだと感じています。

 ここで、拗音を搭載しない場合に、「“思考発音”に近づけるために“倍速打鍵の適用”をする」という話があります。しかし、私にはこの「倍速打鍵」の意味が分からないのです。「し」「ゃ」が倍速で打てるということは「し」「い」や「し」「ん」などはその半分の速度でしか打っていないということなんでしょうか。
 前にも少し書きましたが、私はどんな文字列だろうと指が動きしだい次の打鍵をします。ある文字列を別の文字列の倍の速度で打鍵したいとは思いません。(これはかなり決定的な感覚の差ではないか?と感じています)

 次に「動作数と打鍵数が少なくなる」ことについて。
 下駄配列では「イ段+ゃゅょ」の拗音はすべて「1動作2打鍵」で入力できます。カタカナ語の拗音もよく使うものは1動作2打鍵で入力できます。
 「1動作」という部分は同時打鍵系の配列でないと実現不可能でしょうが、「2打鍵」という部分も文字キー同時打鍵以外では実現が難しいのではないでしょうか。一部拗音は2打鍵でも、他の拗音は3打鍵以上になっているものがほとんどでしょう。
 下駄配列では拗音をほぼ1動作2打鍵に収めることで、動作数も打鍵数も確実に減少させることができます。

 さらに、拗音を搭載することで「ゃ」「ゅ」「ょ」をシフト側に回せるので、拗音シフトが無かったらシフト側に回っていたはずの文字を単打側(=シフト無し)に出せ、ここでも打鍵数を減少させることができます。特に「ゃ」と「ゅ」は頻度的には大したことがないので、これをシフト側に回せるというのは打鍵数削減に大きく貢献します。

 このように拗音シフトはデメリットに比べてメリットが多いので、下駄配列では拗音シフトを搭載しています。



 ただし、どんな配列にでも拗音を搭載した方が良いのかというと、そうは思いません。その入力システムとの相性を考えずに拗音シフトを搭載すると、いろいろと無理が出るからです。
 例えば、[Shift]+[文字キー]に拗音を配置すると、まず、日本語入力に[Shift]を使わないで済んでいたものが[Shift]を使用するようになるということが負担です。さらに、[Shift]+[文字キー]でアルファベットでを入力できることにしていたなら、それも失うことになります。
 中指シフト(前置きシフト)的に搭載する場合でも、シフト自体を増やすと単打で打てる文字が減ってしまいますし、同手シフトに配置するとしても、中指との同手で良い運指は限られています。
 さらに、同時打鍵以外のシフトに搭載すると、拗音シフトを搭載したところで拗音は結局2打鍵です。
 それならば、普通に「ゃ」「ゅ」「ょ」を単打に配置して、イ段の配置を工夫した方が良いや、ということになるでしょう。

 文字キー同時打鍵の場合ですと、同時打鍵に拗音を搭載すれば、拗音はすべて1動作(2打鍵)で入力できますし、シフトを増やしても単打で入力できる文字が減るなどのデメリットがないので、拗音シフトと相性がよいのです。
 拗音シフトを無理なく搭載できるというのは、文字キー同時打鍵配列の大きなメリットだと思います。
[PR]
by koutarou_13 | 2006-08-27 23:57 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://kouy.exblog.jp/tb/4059147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Libraria (’(.. at 2006-08-28 03:29
タイトル : 任意キー同時打鍵シフト
下駄配列の拗音シフトの良さ http://kouy.exblog.jp/4059147  ここで、拗音を搭載しない場合に、「“思考発音”に近づけるために“倍速打鍵の適用”をする」という話があります。しかし、私にはこの「倍速打鍵」の意味が分からないのです。「し」「ゃ」が倍速で打てるとい... more
Commented by eisuu-kana at 2006-08-28 02:57 x
私は「倍速打鍵」はかなり感覚的な部分で、必要性を感じない人にとっては無用なのではないかと推測しています。
「発音と動作が一致する」はかなり重要視していたので、「倍速打鍵」があるから一致しなくていいというよりむしろ「1動作で画面上に表示される文字数が常に1つ」というメリットもあることだし拗音が2動作なのも捨てたもんじゃないかも、といった感じに思っていました。
後半に書かれている通り、プリフィクスや親指同時シフトでは拗音1打を自然に載せるのは難しいですからね..。
Commented by kouy at 2006-08-30 01:19 x
やはり感覚的な部分なんでしょうかね。そう言えば、私が小書きのかな後付けの配列をやっていたときは、「しゃ」は「し」「ゃ」と頭の中で分解していたと思います。「しゃ」をひとまとめとして打てる人だと「倍速打鍵」がピンと来るのかも?

「ゃゅょ」はシフト側よりは単打側に出した方が良いのですけど、打鍵数を重視するなら「ゃ」と「ゅ」を単打側に出すのは結構厳しいと思うんですよ。
月配列2-263では拍と打鍵の一致は諦めて打鍵数重視で「ゃ」と「ゅ」はシフト側。飛鳥配列はそもそも打鍵数を重視していない。星配列では「ゃ」と「ゅ」も単打側に出しているけれど、私がやってみたところでは拗音については改善の余地ありと感じました。
ここをどう折り合いを付けるかが配列作成者の腕の見せ所というか、考え方が現れるところだと思います。
Commented by 141F at 2006-08-31 22:40 x
今さらのコメントですが、拗音の部分は倍速打鍵という用語を知る以前から、自然と速く打ってしまってましたね。「な・の・で・しょ・う・か」「きょ・う・しゅ・く・です」という感じで。倍速打鍵について何ら考慮されていない Nicola を使っていた頃は、「でしょう」を「でしいヴ」とか打ってしまうみたいな誤打鍵を頻発させたものです。

だから小梅配列では「ゃゅょ」をアンシフト(表)に出して、倍速打鍵となっても誤打鍵が生じないように配慮してます。「ゅ」はシフト側よりも出現頻度が低くなってしまってますが、こればかりはしょうがないですね。親指シフトなので、打鍵数には影響しませんけど。

私も打鍵速度はけっして速くないので、そこに違いを紐解く鍵がありそうな気がします。
Commented by 141F at 2006-08-31 22:42 x
蛇足です。

なので、「Nicolaに拗音拡張を施す」というアプローチはありだと思います。
Commented by kouy at 2006-09-03 18:55 x
141Fさんへ

やはりそういう感覚の方もいるんですね。私の場合も速く打つ文字の連なりとそうでない連なりというものはあるけれど、それは「キーボード上で打ちやすいから速く打てる」「何回も出てくるから慣れて速く打てる」というもので、打つ文字がどのような音かは関係ない。発音に合わせたリズムで打つか、指が動くスピードで打つ人の違いはやはりあるようです。

> 私も打鍵速度はけっして速くないので、そこに違いを紐解く鍵がありそうな気がします。

最近思ったのですが、その人の文章作成能力の影響というのが考えられるのではないでしょうか。私の場合、こうやって文章を打っていると「考えながら文章を打つ」ということをしていないような気がします。実際に入力するときは文章はすでに頭の中にあって、あとは入力するだけという状態。そして、文章を考えるときは指は止まっている。そして文章を書くのが遅い。指が止まる間もなくすらすらと文章が浮かぶ人だと違ってくるのかもしれない、と想像しました。
(続く)
Commented by kouy at 2006-09-03 18:56 x
> 「Nicolaに拗音拡張を施す」というアプローチはありだと思います。

そう言えば、姫踊子草かな配列ってまさにそういうアプローチで生まれた配列なのかもしれません。「親指シフトがいい」→「でも親指シフトだけだと拗音を搭載できない」→「じゃあ文字キー同時打鍵に拗音を置こう」というのが姫踊子草かな配列の一つの軸になっているので。
<< 速いことはいいことだ。他に何が... シフト無しで打てるなら、それが何より >>

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧