Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
ローマ字入力はどの配列とも併用できる夢のような配列
 近いうちに書くといっておきながら随分経ってしまいました。「やっとローマ字入力Genius」の後半に関連した話です。

 複数の入力方法を使い分けることができるのか? という問題があります。
 過去にいくつかの配列を試用したとき、そして今回ローマ字入力を4か月やったときに、併用できるかどうか、一つの配列を使用すると別の配列を忘れるかどうかを試してみたので、その結果を書きます。



 始める前は、併用できるかどうかの条件は、次のようなものがあり得ると考えていました。

・「かな系と行段系の配列は併用できる」
 よく言われる。
・「かな系とかな系、行段系と行段系は併用しにくい」
 上の逆で。
・「日常的に併用していればどんな配列でも併用できる」
 自分がローマ字入力とJISかな入力を併用していた期間が長かったので。結局慣れの問題では?
・「一度習熟した配列なら、しばらく離れていても忘れない」
 タイピング練習をさぼっても速度が落ちるということはあまりないので。
・「常時使っていないと配列は忘れる」
 NICOLA(親指シフト)を初めてJISかな入力を使わなくなると、JISかな入力は打てなくなった。



 まず、下駄配列をマスターした後に、3つの配列を試用したときの話です。
 新しい配列をメインに使っていましたが、下駄配列がどれくらい打てるかを確認するために、たまに下駄配列でも文章を打ってみました。

 結論を言うと、まったく併用できませんでした
 新しい配列始めてすぐのまだ指が動かない段階では、下駄配列は打てます。
 しかし、新しい配列に慣れるにしたがって下駄配列の方が怪しくなり、新しい配列を始めて1~2週間、『タイプウェル国語K』(以下『国語K』)でレベルFが出せるくらいになると、下駄配列の方は打つのが苦痛になってきます。苦痛なことをやってもつまらないので、この時点で下駄配列の使用をやめて新しい配列一本にしました。
 そして、新しい配列で『国語K』がProfessionalになるころには、下駄配列ではレベルJ(最低レベル)も出せなくなっています。(ただし、3日も練習すればProfessionalを出せる程度には戻ります)

 この現象は、かな系配列同士の「下駄配列と飛鳥配列」「下駄配列と星配列」でも起こりましたし、かな系配列と行段系配列である「下駄配列とけいならべ」でもまったく同じように起こりました。



 その後、星配列から下駄配列に復帰するときに、星配列下駄配列を基本的に毎日交互に使うというのをやってみました。(自分のパソコン以外ではローマ字入力を使っていたのだから、3つの配列を併用していたとも言えます)

 2週間ほどやってみましたが、これでも併用は厳しいと感じました。
 練習するうちにある程度併用はできるようになります。最初は一方で『国語K』でレベルEが出るようになると、もう一方はまったく指が動かないという状態でしたが、練習しているうちに双方レベルE以上は出せるようになってきました。
 しかし、配列を切り替えてすぐは混乱するし、双方の配列の取り違えるミスも多くて大変辛い思いをしたので、2週間で実験を打ち切りました。

 1つの配列を覚える場合との最大の差は、一度上がった速度が落ちてしまうこと。
 1つの配列を練習しているときは、配列を暗記してしまえば速度はみるみる上がり、練習をしなくても衰えることはありません(かえって少し休んだ方が速くなるくらい)。
 しかし、2つの配列を同時進行で覚えようとすると、片方の配列が速くなるともう一方の配列の速度が落ちてしまいます。もう一方の速度を戻すのに一苦労ということの繰り返しで、なかなか進歩しません。



 多くの組み合わせで併用ができなかったなか、併用ができた組み合わせがあります。ローマ字入力です。

 もともと自分のパソコン以外ではローマ字入力は常に使っていたので、どの配列とも併用していたことになります。

 そして、この前まで4か月、自分のパソコンでもそれ以外のパソコンでもローマ字入力を使うローマ字入力専業生活をしていたわけですが、ローマ字入力をやっている最中から「問題なく下駄配列で打てるな」と感じていました。ちょっと頭の中で思いついたフレーズで指を動かしてみると、普通に指が動くのです。これは、今まで下駄配列から離れたときにはなかったことでした。

 そして実際、下駄配列復帰10分で『国語K』でレベルSCを出せたというのは前に書いたとおりです。レベルSCはさすがに驚きましたけど。せいぜいレベルSJが出るかどうかだと思っていました。(ちなみに、その後基本常用語で自己3位の記録が出るなど、今では速度はさらに戻っています)



 と言うわけで、最初に考えていた5点は、すべて否定されました。

・「かな系と行段系の配列は併用できる」
 下駄配列(かな系)とけいならべ(行段系)は併用できなかった。
・かな系とかな系、行段系と行段系は併用しにくい。
 けいならべ(行段系)とローマ字入力(行段系)は併用できた。(かな系とかな系で併用できた組み合わせはなかった)
・「日常的に併用していればどんな配列でも併用できる」
 下駄配列と星配列の併用は、毎日使用配列を切り替えていても厳しいと感じた。
・「一度習熟した配列なら、しばらく離れていても忘れない」
 下駄配列はもともと『国語K』でGeniusが出せたのに、他の配列(ローマ字入力以外)をやったときはJも出せなくなくなった。(少しの練習で元に戻るというのはあるが、「忘れない」ということはない)
・「常時使っていないと配列は忘れる」
 4か月ほどQWERTYローマ字入力のみを使っていたが、下駄配列に復帰してすぐにかなり速い速度で打つことができた。

 結局、併用できた配列は、「ローマ字入力と別の何か」だけでした。ローマ字入力と他の配列なら併用できて、他の組み合わせはすべて併用できない。
 ローマ字入力は、他のどの配列とも併用できる夢のような配列である、というのが今のところの結論です。



 なぜローマ字入力はこのようにいろいろな配列と併用できるのか。
 ローマ字入力はローマ字綴りを通じて入力することが関係していると思います。ローマ字入力は慣れればローマ字綴りに頼らなくても入力できるようになりますが、英字入力でQWERTYを使っていて、ローマ字綴りを理解できる限り、ローマ字綴りをまったく意識しないというのはできないんじゃないかと思います。
 しかし、本当にそうかどうかはよく分かりません。Dvorakを使ってみれば分かるかもしれません。英字はDvorak、日本語はQWERTYローマ字でやったらどうなるんでしょう? 私の推測では、Dvorak英字をやるとQWERTY英字は忘れるので、QWERTYローマ字でローマ字綴りを意識しなくなる。よって、他のかな系の入力に影響が出る、となると思うんですけど。

※配列併用に関する記事(外部リンク)
『月は空き地でいっぱい』「複数の入力方式を併用すること」
『姫踊子草の楽屋裏』「入力法はいくつ併用できるか?」
『秘伝タイピング二刀流奥義』

※2009/07/05追加
「たぶん3つの配列を使えています - tomoemonの日記」
[PR]
by koutarou_13 | 2007-01-19 01:08 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://kouy.exblog.jp/tb/4957773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by eisuu-kana at 2007-01-19 03:48 x
Dvorakではありませんが、
私は現在英字はColemak、日本語はカナ系の弓配列を使っていますが、たまにローマ字入力に切り替えても充分な速度が出ています。
(切り替え後数秒は戸惑います。また、弓習得中で定着してない時は混乱は大きかったように思います。)

このことを見ると、私の場合は同じ英字入力に同じ英字配置を使っていることの影響は大きくないと言えるかもしれません。
(ColemakがQwerty近似であることを差し引く必要はあります)

推測に過ぎませんが、5年10年と長い期間やった配列は忘れにくいということもあるのかなぁ.. と思ったりしています。
Commented by kouy at 2007-01-21 01:40 x
Colemak英字を使ってて、弓配列とQWERTYローマ字が両方できるとなると、私の推測はハズレですね。
Qwerty近似と言っても随分違いますねえ。↓Colemakの配列図
http://www.100shiki.com/archives/2006/11/_colemakcom.html

しかしそうなると、けいならべ(行段系)を1か月やってたら下駄配列が打てなくなったのと、QWERTYローマ字を4か月やっても下駄配列が問題なく打てたのとの差は何なんなんでしょう。単に個人差という可能性もあるけれど。
Commented by 141F at 2007-01-23 02:40 x
カナ系/行段系に関係なく、単純に総量規制で2種類が限界とか…。QWERTYローマ字はいつでもどこかで使っているんですよね?
Commented by kouy at 2007-01-23 21:18 x
確かにローマ字入力は常に少しは使っているのでその可能性はあります。が、人間の(俺の?)習得量の総量規制って、2つまでは大丈夫だけど3つ目に入ったとたんに1つを忘れる、というような厳格なものなのかなあ。ちょっと釈然としません。
やはり今のところ、「ローマ字入力には他の配列にはない併用しやすい要素がある」という説明の方が納得できます。
Commented by 141F at 2007-01-23 23:00 x
それを確かめるには、QWERTYローマ字を一時的にせよ休止して、他配列の複数使用を再び試すしかありませんから、かなりハードルが高いですよね。人柱になるのはホントに大変です…。
Commented by kettt at 2007-02-15 05:28 x
いろいろ考えたのですが、
「入力中、自分の頭の中で、配列切り替えフラグが立てられるか」
ということは関係ありませんか?

過去にSKYと格闘していたとき、左手の

ntSky・・・

という並びの「S」がQwertyの

aSdfg・・・

とどうしても被ってしまい、混乱してローマ字入力ができない状態に陥ったのですが、SKYの配列表を

ナツサカヤ・・・

と置き換えて練習していたら、いつのまにかQwertyローマ字・英文、SKYが両立できるようになりました。
Commented by kouy at 2007-02-15 23:55 x
「自分の頭の中で、配列切り替えフラグが立てられる」というのは、どういう状態のことを指しているのでしょうか? ちょっと意味が掴めません。

http://homepage2.nifty.com/Khwarizmi/type/sky.html
 SKY配列(↑)は、子音左手・母音右手の行段系という点で、けいならべと共通していますね。
 私が考えると、QWERTYローマ字とSKY配列が併用できるかどうかは、「QWERTYローマ字とけいならべが併用できたのだから、QWERTYローマ字とSKY配列も当然併用できるだろう」となります。
 それにも関わらず、SKYを、「アルファベットを意識して練習すると」QWERTYと混乱したというのは、興味深い話です。私がけいならべを練習したときは、アルファベットは意識していませんでした(だから配列図は最初からひらがなで書いているhttp://kouy.exblog.jp/3821846/)。意識していたら混乱してたのかもしれません。
Commented by kettt at 2007-02-16 17:53 x
同じ文字セットを持つ配列を使い分けるには、現在どの配列を使っているのか、把握している必要があります。これを「フラグを立てる」と表現しました。
一方、大きく異なる文字セットを持つ配列同士の使い分けなら、文字そのものが特定の配列にしか関係しないので、文字自体がフラグの代用になり、より要領よく自然に区別できるのではないでしょうか。

たとえば、同じアルファベットを使うAzert式フランス語キーボードとQwerty英語キーボードの使い分けは難しく、Qwerty互換フランス語キーボードも一般的となっています。
一方、キリル文字のロシア語キーボードと英文の区別にはあまり苦労を感じません。
Commented by kettt at 2007-02-16 18:12 x
しかも、しつこくなりますが、使い慣れたローマ字入力って、アルファベットを一文字ずつ綴る方式であると同時に、複数ストロークで一音を表す、月配列めいたものにもなるんですよね。
DvorakとQwerty英文の使い分けは挫折しましたが、それでもQwertyローマ字はなんとなく打てたりして不思議でした。
eisuu-kanaさんは英文2種類の使い分けはどうだったんでしょうか。
Commented by kouy at 2007-02-19 00:37 x
 例えば、私が下駄配列と星配列を併用する実験をしていたときは、「今は星配列を使っている」という意識はもちろんありました。配列図を紙に書けといわれたら、両方とも100%書けました。(それでも併用は厳しかった)
 これは「現在どの配列を使っているのか、把握している」ことにはならないんですかね?
Commented by kouy at 2007-02-19 00:38 x
> アルファベットを一文字ずつ綴る方式であると同時に、複数ストロークで一音を表す、月配列めい
> たものにもなるんですよね 

 そう、それは私も不思議に思っているところです。ローマ字経由であろうが1打鍵1字であろうが、最終的にかなを入力する。どの配列もやっていることは同じ。だから、ローマ字と下駄配列が併用できている以上、どんな組み合わせでも併用はできる、すべては練習次第。と思っていた時期もありました。(下駄配列と星配列の併用も、やる前は「できるんじゃねーかなー」、と思ってたんですけど)

 QWERTY英字を使いつつ、QWERTYローマ字を(アルファベットと完全に切り離して)2ストロークのかな系配列として習得することはできるのだろうか。それができないのだったら「ローマ字入力はローマ字綴りを利用できるから、併用しやすい」ということでいいと思うのだけど。
Commented by kettt at 2007-02-19 22:31 x
>「今は○○配列を使っている」という意識

その意識が、行動と直に関連してこなければなりません。
「○○であると意識していたが、やり方のよく似た△△と間違えてしまった」 ということがないレベルにしないといけないわけです。

>QWERTY英字を使いつつ、QWERTYローマ字を(アルファベットと完全に切り離して)2ストロークのかな系配列として習得することはできるのだろうか。

可能だと思います。漢直のカナ部分だってそうです。しかし、ローマ字との関係があることは誰にでもすぐ分かるので、最初からわざわざ無連想で暗記しようという人はいないと思いますが。ただ熟練者がアルファベットを経ず、直接ストロークを繰り出すということはあるんじゃないかと思っています。
Commented by eisuu-kana at 2007-02-20 12:02 x
>ketttさん
ちょっと遅れてしまいましたが..。
私はColemakに変えてからは、Qwertyローマ字はほぼ遜色ないにも関わらず、
Qwerty英字を打ってみると、はっきりと遅くなり、ミスタイプも増えてしまいました。
これは、日本語に比べて英字を打つ機会が少なかったことが関係していそうです。

ただ、タッチタイプしないのであればそれなりの速さで打てるみたいです。
これに関しては、過去にサイトメソッドで打っていた期間が5年ほどある――タッチタイプの期間より長い――ために、
Qwerty+サイトメソッドがしっかりと身についているのではないかと推測しています。
<< 最近のタイプウェル国語K@下駄配列 ATOK & 一太郎 pres... >>

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧