「ほっ」と。キャンペーン
Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
朝日新聞、be on Sundayでキーボードの話
 親指シフトが取り上げられたことで一部で話題の、2008/04/27付の朝日新聞、be on Sundayの「日曜ナントカ学」。
 親指シフトのことはもちろん注目ですが、私としては他に気になった部分がありました。
 例えば、キーの配列が「ハの字形」になっているキーボード。腕を自然に前に伸ばした時の角度に合わせたはずだが、検証した結果、角度はそれほど重要でないとわかった。
 むしろ大切だったのは、手首の上下の角度だった。
 「古いキーボードは、タイプライターに似せて手前ほど低くなるように設計されていて、手首が反った形になる。そうすると、手首の腱や血管が圧迫されて疲れるのです」。確かに、改良された最新のキーボードはどんどんフラットになっている。ヘッジ教授は、手首が自然に下がる角度になるキーボードを置く板を使うことを勧めている。
 実は、私もキーボードの手前側に厚さ5mmのボードを入れて高さを調節しています。そして、それを始めたのが東プレのRealforce 108UHを使い始めた後なのです。

 RealForceは手前側が低く、奥が高い設計になっています。違和感はありましたが、なにせ2万円近くする高級キーボードですし、東プレのサイトを見るとキーの角度についても考えて作られているようなので、「きっとこれがいいんだろう」と思って使い続けていました。しかし、日が経っても違和感がぬぐえない。
 ある日、試しにボードを入れて手前側を少しかさ上げしてみたら、突然すらすら打てるようになりました。そのまま定着したのですが、「こりゃいいや」と思いつつも、「これでいいのかな?」という気持ちもずっとありました。
 だから、キーボードの手前側が低いのは良くないという話は「ああ、やっぱりそうなんだ」と、少しほっとした気持ちです。

 もしかしたら、机と椅子と床の高さなど、きちんとキーボードを使う用に調節すれば話は違うのかもしれません。
 実際は妥協しなければいけない部分が出てくるので、妥協した部分に合わせた最適な設定というのがまた必要になるのかな、と思いました。



 記事と話の順番が前後しますが、ハの字形がそれほど重要でないというのも、私としては納得できる話。ハの字型ってそれほど使いやすくないように思います。
 手首の左右の角度は、内側にはあまり曲がりませんが、外側には比較的大きく曲がります。手首を真っすぐにした状態でホームポジションに指を置いてしまうと、人差し指の内側のキーが押しにくくなってしまう。手首をわずかに外側に曲げた状態でホームポジションを決めた方が、打ちやすいキーが多くなって良いと思います。
 この手首の置き方だと、ハの字形にはなりません。



 記事の本文では触れられていませんが、一面に写真で紹介されている「バーチャルキーボード」が興味深い。光で机にキーボードを描き、指の位置を検知して入力する仕組みだそう。
 「効率が落ち、間違いも起きやすいとわかった」と書いてあるけれど、いかに入力しにくくても、機器の大きさが「キーボード分の大きさ」に縛られなくなるのは大きなメリット。携帯機器ではこれを使うようになるかもね。
 とは言え、これが主流になったらちょっと寂しいな、というRealForceのキータッチに惚れ込んでいる奴の感想です。
[PR]
by koutarou_13 | 2008-04-29 22:52 | ●その他の日本語入力配列の話 | Trackback(1) | Comments(13)
トラックバックURL : http://kouy.exblog.jp/tb/7841212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 親指シフトウォッチ at 2008-04-30 16:26
タイトル : Re: 朝日新聞、be on Sundayでキーボードの..
昨日に引き続き、親指シフトが新聞記事になった件です。http://kouy.ex... more
Commented by かえで(yfi) at 2008-04-29 23:25 x
 これは「手根管症候群」の話でしょうか。ざっと検索してみると、
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec05/ch071/ch071d.html
に判りやすい図が載っているようです。
 ひじを手のひらよりも低い位置にすることが許容される場合は、特に道具も必要なく、ノートPCのようなキーボードでこういった操作法をとることができますね……というか、私の打ち方はそういう感じになっているということに、今日始めて気づきました^^;。
 今のところ、手前側をかさ上げする機構を持つキーボードといえば「エルゴノミクス対応」を掲げるものぐらいしか思いつかないのですが、手前側をあげるための爪をつける程度であれば、コストはそうかさまないはずですし……より一般的なキーボードでも、こういったところに配慮した物が出て欲しいところです。
Commented by kouy at 2008-05-01 09:20 x
そのURLに載っている「パソコン使用時の正しい姿勢」は何気に衝撃的でした。こんなに傾けて置くものなのか。今の私のキーボードの角度はボードを入れて調節してだいたい水平です。確かに手首の上下の角度を自然にするなら奥の方が低くなるのだけど、さすがにそこまでは……、と思っていました。ここまでやっていいのか!?
しかし、この角度で手を置こうとすると、相当キーボードを置く位置を低くしないといけないんじゃないか? 椅子の高くすると床に足が付かなくなってしまうし、机との高さのバランスも悪くなる。やっぱり妥協しなければいけない部分との調整が必要ということなんでしょうか。
Commented by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008-05-03 23:12 x
キーボードの物理的形状と人間工学について割合分かり易い説明をしているものとして、垂直型キーボードを製造・販売しているSafeTypeのサイトがあります。
http://www.safetype.com/
このサイトのストリーミングビデオを見ると、「危ないキーボード」がどのようなものなのかわかります。
Commented by かえで(yfi) at 2008-05-04 05:13 x
 ご指摘のあたりについては、エルゴノミクス関連の古典?である http://www.sol.dti.ne.jp/~cdrcarco/ に、いろいろとヒントが示されていそうです。
 本格的にやるとなると、なるべく小さなキーボードを使って、いすの座面と同じくらいの高さの台を用意して、そこにキーボードを置く……という方向に向かうのかもしれないですね。

 個人的には、(よほど小さなキーボードで入力できる配列を用意しない限りは)そういう環境を用意するのは難しいと思っています。
 現実的なところでは、キーボードの上面がフラットになるくらいにして、手前にキーボードと同じ(か若干高い)くらいの高さのパームレストを置けば、無対策で行くよりはずっと負担が掛かりにくい状態を作り出すことが出来ると思います。
Commented by kouy at 2008-05-06 17:15 x
ぎっちょんさんへ
うお、英語サイトだ(^_^;) まあ動画を見ればなんとなく分かる(ような気がする)けど……。やはり手首が反るのはよくないようですね。
垂直キーボードは、腕を支える物がなくて、腕があんなに高くて大丈夫なんでしょうか。あと、真ん中の面がものすごく打ちにくいような。
μTRONキーボードのように斜めにするくらいがいいのでは、という気がしますが、動画では否定されてますね……。
Commented by kouy at 2008-05-06 17:17 x
かえでさんへ
パームレストの高さが高すぎると、親指担当キーが打ちにくくなる……というのを後で思い出しました。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec05/ch071/ch071d.html
の図も、よく見ると親指担当キーがかなり打ちにくそうに見えます。その分親指キーの高さを高くするという手はあるかもしれないけど、そうすると下段キーが打ちにくくなるかも。今度やってみようかな?
あと「ひじの角度はできるだけ大きく、最低でも90度以上」だと思っています。キーボードを置く面が水平なら、キー面を水平~奥を低くするためには手前を高くするしかないわけで、そうするとひじの角度が小さくなってしまう。パームレストを高くするのもひじの角度を小さくする側面がある。椅子を高くすると床面に足が付かなくなる……。というわけで理想の環境を作るのはなかなか難しそうです。

キーボードの環境についても書いてみたいと思っているんですが、まだ「これ」というスタイルが確立していなくて、書けないままになっています。机を変えたり、パームレストを使うようになったり、パームレストの高さを変えたり、キーボードを変えたり、親指キーの高さを変えたりと、何かと変更している状態です。
Commented by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008-05-08 22:02 x
そういえば、こういう人もいたことを思い出しました。
http://www-cs-students.stanford.edu/~kpfleger/ergo/#photos
Commented by kouy at 2008-05-10 00:25 x
あー、椅子側にキーボードつけるってヤツね。興味なくはないけど……。
…………ってこれ、もしかして普通のキーボードぶった切ってる!?
Commented by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008-05-10 12:27 x
>…………ってこれ、もしかして普通のキーボードぶった切ってる!?

ですね!
Commented by kettt at 2008-08-15 22:56 x
>>kouyさん

> パームレストの高さが高すぎると、親指担当キーが打ちにくくなる……というのを後で思い出しました。

そこでKINESISですよ。(極論)
Commented by kouy at 2008-08-17 21:47 x
KINESISとか言い出したらパームレストの高さうんぬん以前の話のような気が。KINESISもいいとは思いますけど、今のところわたしの興味からは外れるかな。もうちょっと文筆業をやるようになったら考えます(^_^;)
Commented by keiko at 2008-12-19 19:17 x
私はずいぶん前から手首を落とすような形にして入力していました。理にかなっていたのですね。ニコラにて。
Commented by kouy at 2008-12-21 21:28 x
何気なくやっていたことが実は理にかなっていた、というのはよくあります。
そういうことが自分の身で起こるとちょっと嬉しいですね。
<< 1万字のかなを入力する場合の打鍵数 窓使いの憂鬱で「シフト専用文字... >>

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧