「ほっ」と。キャンペーン
Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
Vistaになって変わったこと
■「リンク先のフォルダを開く」が右クリックメニューに
 ショートカットの右クリックメニューの中に「ファイルの場所を開く(I)」がデフォルトで存在する。
 これは嬉しい。
(XPではプロパティを経由するか、ツールを使うなどして自分で項目を加えるかしないといけなかった)

■ファイル名の変更がやりやすく
 ファイル名を変更するとき、最初の選択範囲が『お忍びリネーム』方式(拡張子部分は選択されていない)になった。拡張子に触らずにファイル名を変更する作業がやりやすくなった。
 ま、俺は『お忍びリネーム』は使うから関係ないけど。(2回[F2]を押すと選択範囲が変化するなどの機能があるので、依然として『お忍びリネーム』を入れる価値はある)

■Vistaの新ショートカット
 詳しくはこちらを……。
『ショートカット キー - Windows Vista ヘルプ』

 以下は目に付いたものを抜粋。

[Alt]+[↑] 一つ上のフォルダを開く
 これはいいね。ツールバーに「上へ」ボタンが無くなってなんかいまいちだなーと思っていたら、それより便利なものが追加されていたとは。

[Windows]+[T] タスク バー上の各プログラムを巡回する
 XPの[Winsows]+[Tab]と同等(だったと思う)。[Windows]+[Tab]がWindows フリップ 3-D なるものに乗っ取られたので、こちらに左遷されました。
 まあ、俺は[Alt]+[Tab]しか使わないからどうでもいいや。

[Alt]+[Ctrl]+[Tab] 方向キーを使用して、開いている各項目間で切り替える
 [Alt]+[Tab]の固定バージョン。
 [Alt]+[Tab]で表示されるものが、[Alt]を離しても表示されたままになる。以降[←][→]でも操作できる。[Enter]で確定。
 あまり使わないかな……。

[Windows]+[数字](フルキー) 数字に対応する位置にあるクイック起動のショートカットを開く。
 クイック起動に置いてあるファイルを開く。左から順番に[1][2][3]……という要領。
 簡潔で分かりやすく、なかなか便利。すでにアプリ起動の一手段として定着しています。

 余談ですが、なにかと[Windows]を使う操作が増えてきたので、『窓使いの憂鬱』(いまは『のどか』)を使って実装していた[Windows]+[文字キー]でWebサイトを開く設定は廃止にしました。Webサイトへのアクセスは、よく見るWebサイトはスタートメニューにショートカットを入れる、中でもよく見るWebサイトはショートカットキー(ショートカットのプロパティから設定できるやつ)を設定することにします。

■キーボードで電源を切る方法
 なんかキーボードで電源を切る方法が面倒になったような。

・スタートメニューが通常表示の場合。
「スリープ」
[Windows]→[→]→[Enter]
「シャットダウン」
[Windows]→[→]→[→]→[→]→[Enter]
「再起動」
[Windows]→[→]→[→]→[→]→[R]

・スタートメニューがクラシック表示の場合。
「スリープ」
[Windows]→[U]→[Enter]
「シャットダウン」
[Windows]→[U]→[↓]→[Enter]
「再起動」
[Windows]→[U]→[↑]→[Enter]

 ちょっとまどろっこしいなあ。XP Home Editionの[Windows]→[U]→[U]でシャットダウン、[Windows]→[U]→[R]で再起動というのが好きだったのに。
 まあ、自分はスタートメニューはクラシック表示にしているから、[Windows]→[U]→[Enter]でスリープ。これならまあまあ簡単だからいいか。

■アドレスバーでフルパスを表示
 フォルダのアドレスバーの、いわゆる「パンくずリスト」の何も書かれていない部分か、左端のアイコンをクリックすると、パンくずリストがフルパス表示になる。コピペも可能。
 はじめ、フルパス表示が無くなったのかと思って焦った。

■音量ミキサの場所
 XPではプログラム > アクセサリの中にボリュームコントロールというのがあったはずなんだけど……無いですね。

 音量ミキサの本体の場所は以下の通り。
C:\Windows\system32\SndVol.exe

 とりあえず、音量ミキサのショートカットを作ってスタートメニューに放り込んでおきました。

■Program fileフォルダ以下にアプリケーションをイントスールしない
 アプリケーションをインストールする場所は、Program fileフォルダ以下はやめた方がいいようです。

※参考ページ
「Vista を快適に! プログラムのインストールは、Program Filesフォルダ以外に (パソコン便利ツール集)」

■いろいろな場所のフルパス
 メモメモφ(・_・。)

●デフォルト/パブリック/ユーザーのフルパス
C:\Users\Default
C:\Users\Public
C:\Users\ユーザー名
●デスクトップのフルパス
C:\Users\Default\Desktop
C:\users\public\desktop
C:\Users\ユーザー名\Desktop
●ドキュメントのフルパス
C:\Users\Default\Documents
C:\Users\Public\Documents
C:\Users\ユーザー名\Documents
●スタートメニューのフルパス
C:\Users\Default\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu
●スタートアップのフルパス
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
●Quick Launchのフルパス
C:\Users\Default\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch
●SendToのフルパス
C:\Users\Default\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo
●TEMPのフルパス
C:\Users\Default\AppData\Local\Temp
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp
●Temporary Internet Filesのフルパス
C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files
●Mediaのフルパス
C:\Windows\Media

 デスクトップのフルパスなどがずいぶんシンプルになりましたね。

■Vista導入記
「新しいパソコン買ったよ」
「あのキーカスタマイズソフトはVistaで使えるか?」
「ATOKの設定をもう一度」
「Vistaを買ってからやったこと」
「Vistaになって変わったこと」
「Vistaでできなくなったこと」
[PR]
by koutarou_13 | 2008-12-29 23:13 | ●その他の話 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://kouy.exblog.jp/tb/9306885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小池(仮) at 2008-12-30 08:18 x
はじめまして。前から楽しみに読んで&参考にさせて頂いておりますよ。

>[Alt]+[↑] 一つ上のフォルダを開く
95~XPであればBackSpaceで上のフォルダに行くことが出来ますが,キーが変わったのでしょうか?
それとも違う挙動なのでしょうか。気になるところです。
Commented by kouy at 2008-12-30 19:05 x
Vistaの[Alt]+[↑]はXPまでの[BackSpace]相当ですね。

それで、どうもVistaではエクスプローラでの[BackSpace]の挙動が変わったようですね。基本的に一つ前のフォルダを開きますが、最初に開いたフォルダで[BackSpace]を押した場合は一つ上の階層のフォルダを開くようです。なんかよく分からない挙動です。[Alt]+[←]とも[Alt]+[↑]とも違う挙動にしたかったということでしょうか?
Commented by 小池(仮) at 2008-12-30 22:02 x
ありがとうございます。
しかし謎挙動ですね。なにがしたかったのでしょう? 利点が思いつきません。
というか,ショートカットキーを簡単に変更しないで欲しいところ。ユーザに不親切すぎます。
<< Vistaでできなくなったこと Vistaを買ってからやったこと >>

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧