Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
カテゴリ:●新下駄配列作成記( 28 )
拗音を配置する
新下駄配列作成記7

■新下駄配列の方針
 拗音を配置する

 拗音(「きゃ」「きゅ」「きょ」などのこと)を入力する方式は、主に2つに分けられます。

 ローマ字入力は、「きゃ」と入力する場合、[K][Y][A]とキーを押します。これは、「き」を入力するときとも「ゃ」を入力するときとも違う操作です。したがってこれは、拗音を入力する場合は、ほかのかなを入力する方法とは異なる入力方法使うという方式です(「拗音別置」)。

 かな入力では、「きゃ」と入力する場合、まず普通に「き」を入力します。そのあとに「ゃ」を入力します。したがってこれは、前のかなは普通に入力して、次に拗音文字(「ゃゅょ」などのこと)を入力するという方式です。(「拗音文字後付け」)

 新下駄配列で拗音を入力する方法は、「拗音別置」を採用します。
 理由は3つあります。

 1つ目の理由は、動作数と総打数を減らせることです。
 「動作数」というのは同時打鍵を1と数え上げる場合の打鍵数のこと、「総打数」というのは同時打鍵でも押したキーをすべて数え上げる打鍵数のことです。
 拗音別置なら、拗音は1動作、総打数も2打で入力することができます。拗音文字を後付けする方法だと2動作以上になります。総打数もそれに伴って増えます。
 動作数、総打数を減らせるというのは、楽な入力、速い入力には確実に有利です。

 ところで、動作数、総打数を減らすだけなら、拗音にこだわらずに、よく使う文字の連なりを1動作で入力できるようにした方が有利です。たとえば、「で」とも「す」とも「。」とも違う操作で、「です。」を1動作で入力できるようにするという方式も考えられます。しかし、そのような配列は覚えるのが大変です。
 というわけで、2つ目の理由は、覚えやすいことです。拗音は、文字の上では2文字ですが、2文字まとめて1つの音として発音しています。1つの音なので1動作で入力できると認識しやすく、違和感なく習得することができます。

 3つ目の理由は、拗音文字の代わりにほかの文字を配置できることです。
 拗音文字後付けの場合は、当然ながら「ゃ」「ゅ」「ょ」を配置しなければなりません。その場所にはほかの文字は配置できなくなります。「ゃ」「ゅ」「ょ」はそこそこ使用率が高い文字ですので、ある程度良い場所をこの3文字に費やすことになります。
 拗音別置にすれば、単独で「ゃ」「ゅ」「ょ」を使う機会はほとんどなくなります。したがって、「ゃ」「ゅ」「ょ」を良い場所に配置する必要がなくなます。その分ほかの出現率が高いかなを配置することができます。
 これにより、拗音だけでなく、それ以外の文字もより入力しやすくすることができます。

 なお、外来音(主に外来語で使用し、拗音風に2文字で表記する音のこと。「てぃ」「ふぁ」など)は動作数、総打数の削減効果はそれほどありませんが、覚えやすいという点は拗音と同じなので、外来音も別に配置します。
 ただし、外来音には滅多に使わないものも多く、すべてを配置すると習得が困難になります。
 よって、よく使う外来音に絞って配置することにします。(具体的にはふぁ、ふぃ,ふぇ、ふぉ、てぃ、でぃ、しぇ、じぇ、ちぇ、うぃ、うぇ、うぉの12種類配置します)

■新下駄配列作成記 目次
[PR]
by koutarou_13 | 2011-02-09 11:57 | ●新下駄配列作成記 | Trackback | Comments(0)
清音と濁音は別々に配置する
新下駄配列作成記6

■新下駄配列の方針
 清音と濁音は別々に配置する

 配列を考えるときの大きな選択の一つに、濁音の配置をどうするかというものがあります。
 濁音配置の方式は、大きく分けて、以下の3通りの方法があります。

 ローマ字入力の場合を考えてみます。か行のかなを入力する場合は、まず[K]と入力します。一方、が行のかなを入力する場合は、まず[G]と入力します。[K]と[G]の配置場所には何の関連性もありません。
 したがって、ローマ字入力は清音と濁音をまったく無関係に配置した配列であると言えます(「清濁別置」)。

 かな入力では、「が」と入力する場合は、まず「か」と入力し、次に「゛」(濁点)を入力します。
 したがって、かな入力は濁点を後付けする配列です(「濁点後付け」)。

 親指シフト(NICOLA)では、「が」と入力する場合は、「か」と入力するキーを押します。それと同時に、シフトキーも押します。これは、清音と濁音を同じキーに配置した配列と言えます(「清濁同置」)。

 新下駄配列では、「清濁別置」を採用します。
 理由は、その文字の出現率や連なりに合った場所に配置できるからです。

 例えば、「が」や「で」などはかなり多く出現します。総打数を少なくするためには、多く出現する文字は1つのキーを押す(=単打)だけで入力できるようにする必要があります。清濁別置なら、このような出現率の高い濁音を、単打で入力できるように配置することができます。
 キーの連接で見ても、例えば、「です」という文字の連なりは文章中にとても多く出現しますが、「てす」という連なりはあまり出現しません。このように、清音とその濁音で連なる文字の傾向が異なる場合があります。清濁別置なら、それぞれの連なり数に合った押しやすさのキー連接を与えることができます。

 配列作成上、「清濁別置」の最大のメリットは“濁音を”自由に配置できることではありません。“清音を”を自由に配置できることです。
 清濁同置を貫こうとすると、濁音を持つ清音の配置場所はかなり動かしにくくなります。清音を動かすと、同時に濁音も動かす必要があるからです。濁音を持つ清音は出現率が高いものが多いので、これらの文字が動かしにくくなるのは、配列作成上かなりの制約になります。
 清音を濁音から切り離すことで、出現率の高い清音を理想的に配置できるようになります。

※過去の関連記事
「下駄配列で手を付けなかったこと:その3」
「新下駄配列の難易度はどれくらい?」

■新下駄配列作成記 目次
[PR]
by koutarou_13 | 2011-02-06 21:44 | ●新下駄配列作成記 | Trackback | Comments(0)
簡単に高速入力ができる同時打鍵シフト
新下駄配列作成記5

■新下駄配列の方針
 簡単に高速入力ができる同時打鍵シフト

 かな入力配列で配置しなければならない文字の数は、80字以上あります。しかし、キーボードのキーの数は、上中下段合わせて30個余りしかありません。したがって、「シフト」というシステム、つまりキーを組み合わせて扱うことで入力できる文字を増やすシステムが必要となります。

 シフトのシステムには、さまざまな種類が考えられます。

 通常のアルファベットの入力では、単に[A]を押すと「a」と入力されます。しかし、[Shift]を押しながら[A]を押すと「A」と入力されます。これが典型的なシフトです。[Shift]を押し下げることで、[A]を押したことで入力される文字が変わったのです。
 これは「あるキーを事前に押し下げている間だけシフトが掛かる。離したらシフトは掛からない」というシフトシステムです。

 ローマ字入力は、一般的にはシフトを使っているという意識はないかもしれませんが、ローマ字入力もシフトを利用しています。
 例えば、[A]と押すと「あ」と入力されます。しかし、[K]を押したあとに[A]を押すと「か」と入力されます。事前に[K]を押すことで、[A]を押して入力される文字が変わったのです。したがって、この場合の[K]はシフトであると考えることができます。
 これは、「あるキーを事前に押しておくとシフトが掛かる(押しっぱなしにしているかどうかは問わない)」というシフトシステムです。

 新下駄配列では「同時打鍵シフト」というシフトシステムを採用します。
 同時打鍵シフトというのは、「あるキーを押し下げている間だけシフトがかかる(事前に押したかどうかは問わない)」というシステムです。
 例えば、新下駄配列で[D]を押すと「か」と入力さます。また、[K]を押すと「い」と入力されます。
 しかし、[D]を押し下げている間に[K]を押すと「れ」と入力されます。また、[K]を押し下げている間に[D]を押し下げても「れ」と入力されます。

 同時打鍵シフトの良いところは、キーを押す順番が制約されないことです。
 ローマ字入力で「か」と入力する場合のことを考えてみます。キーを押す順番は、[K]を押して、次に[A]を押します。この順番は絶対に守る必要があります。[K]を押す前に[A]を押してしまうと、ミスとなってしまいます。ゆっくりと入力している間はこの制約は大したことはありませんが、入力速度が上がれば上がるほど「キーを押す順番が決まっている」という制約は厳しくなっていきます。この制約を乗り越えて高速入力をするためには、高度な打鍵技術を必要とします。
 新下駄配列では、「れ」と入力する場合は[D]と[K]を押します。この[D]と[K]を押す順番に制約はありません。[D]を押してから[K]を押しても良いですし、[K]を押してから[D]を押して構いません。シフトによって押すキーが増えても、打鍵順序の制約が厳しくなりません。順番を気にせずに[D]と[K]を押すだけなので、簡単に速く押すことができます。

 特別な打鍵技術がなくてもシフトの高速入力ができる。これが同時打鍵シフトの良さです。

■新下駄配列作成記 目次
[PR]
by koutarou_13 | 2011-02-05 21:00 | ●新下駄配列作成記 | Trackback | Comments(0)
総打数が少ないことをめざす
新下駄配列作成記4

■新下駄配列の方針
 総打数が少ないことをめざす

 入力しやすい配列というのは、どのような配列でしょうか。
 配列の入力しやすさを評価する要素は、さまざまなものが考えられます。例えば、打鍵数であったり、動作数であったり、ホーム段の使用率であったり、左右の手の使用率であったり、指の使用率であったり、キーを押す順番が押しやすいことであったりします。

 新下駄配列では、最も重要なのは総打数であると考えます。
 
 総打数というのは、キーを押す回数のことです。キーを2つ順番に押した場合は、もちろん2と数えます。2つのキーを同時に押す場合でも、2と数えます。

 キーを押すためには、指に力を入れてキーを押し下げなければなりません。これはどうあれ時間がかかり、指に負担をかける動作です。一番楽で速い動作は、キーを押さないことです。どんなに押しやすいキーであっても、どんなに押しやすいキーの連接でも、キーを押せば時間はかかるし指は疲れます。「キーを押さない」。これに勝る速くて楽な動作はありません。

 よって、新下駄配列では総打数を少なくすることを優先します。総打数以外の要素を無視するわけではありませんが、もっとも重視する要素は総打数を少なくすることです。他の要素は、それによって総打数がどれくらい増えるのかということを意識して考慮します。

※過去の関連記事
「シフト無しで打てるなら、それが何より」

■新下駄配列作成記 目次
[PR]
by koutarou_13 | 2011-02-03 21:37 | ●新下駄配列作成記 | Trackback | Comments(0)
速さと楽さは同じこと
新下駄配列作成記3

■新下駄配列の方針
 速さと楽さは同じこと

 先に書いたとおり、わたしはこれまでさまざまな配列を使ってきました。入力やすい配列もあれば入力しにくい配列もありました。また、それぞれの配列に、入力しやすい要素もあれば入力しにくい要素もありました。
 しかし、どんな配列でも共通して感じたことがあります。それは、「楽であれば速く入力でき、速く入力できれば楽である」ということです。

 さまざまな配列を使っている際に、タイピングソフトを使って自分の入力速度を確認していました。そして、

1.『タイプウェル国語K』の入力速度(変換なしの入力速度)
2.『タイプウェルFT』の入力速度(変換ありの入力速度)
3.自分の体感としての楽さ

この3つはほぼ比例していました。『タイプウェル国語K』が速くなるにしたがって、『タイプウェルFT』でも速く入力できるようになり、体感も楽になる。この関係が崩れたことはありませんでした。

 楽であることと、速いことは相互に関連する要素だと思います。楽であれば、それだけ疲れませんから、速度も落ちず、結果的に速く入力することができます。速く入力できれば、それだけ短い時間で入力できますから、作業時間が短くなり、結果的に楽に入力することできます。
 これが逆であったことはありません。「速いけれども疲れる」「楽だけど遅い」こんな事態は想像できないし、実際体験したことがありません。

 よって、配列を作成する上でも、楽さと速さを別々には考えません。楽な配列ならば自動的に速い配列になり、速い配列ならば自動的に楽な配列になります。したがって、配列を作成する上では、楽だと思った要素は取り入れて良いし、速いと思った要素は取り入れて良い、ということになります。

※過去の関連記事
「速いことはいいことだ。他に何があると言うんだ」

■新下駄配列作成記 目次
[PR]
by koutarou_13 | 2011-02-02 22:08 | ●新下駄配列作成記 | Trackback | Comments(0)
新下駄配列の基本的な方針
新下駄配列作成記2

 それでは新下駄配列の方針を見ていきます。

■新下駄配列の方針
 新下駄配列の基本的な方針

1.速く、楽に入力できる。
2.ある程度覚えやすい。
3.実装できる。

 まず、基本的にどのような配列をめざすのかを確認しておきます。

 1については当然です。そのような配列を使いたいから、配列を作成するのです。(次回以降でまた触れます)

 2について。習得するのが難しくても良いなら、漢字直接入力のように変換をしないで入力できるようにしたり、ステノワードのように文字単位ではなく語句単位で入力できるようにするという方向も考えられますが、新下駄配列はそういう方向には行きません。
 IMEの単語登録などを駆使して打鍵数や変換回数を圧縮するというテクニックもありますが、それを前提とした配列ともしません。
 場合によってキーを押す指を変えるなどで(「最適化」)効率を良くすることもできますが、それを前提とした配列ともしません。
 新下駄配列は、ある程度の練習で覚えられ、いったん覚えたらあとは特に意識しなくても使える配列にします。配列自体もできるだけシンプルに、覚えやすいようにまとめます。

 3について。理想配列の概念や理論を作るのが目的ではなく、実際に使う配列を作るのが目的です。完成したらすぐ実際に使用できる配列を作ります。具体的には、『姫踊子草』で実装できることを条件とします。

■新下駄配列作成記 目次
[PR]
by koutarou_13 | 2011-02-01 21:32 | ●新下駄配列作成記 | Trackback | Comments(0)
新下駄配列作成の原則
 新下駄配列をどういうことを考えて作ったのか、どういう狙いで作ったのかということを連載していきたいと思います。
 後半では、なぜその文字がそこに配置されたということも書くつもりです。が、しばらくは具体的な配置の話ではなく、抽象的な話が続くと思います。捉え所のない話になるのであまり面白くないかもしれません。しかし、この部分を書かずして具体的な配置の決定理由を書くことはできないので、順番に書いていくことにします。
 まずは、土台となる新下駄配列作成の原則についてから始めます。

新下駄配列作成記1

■新下駄配列作成の原則

 まず、新下駄配列を作成していく上で、どのような原則で作成していくのかを決めました。
 新下駄配列は、次の3つの原則で作成しました。

1.方針を立てる

 文字の配置を考えたり、実際に使ってみる前に、新下駄配列をどのような配列にするのか方針を立てます。シフト率は少ない方がいいのか多くても構わないのか? 各指の使用率はどれくらいか? 左右の使用率は? かなの連なりを入力しやすくするには? それぞれの要素がどれくらいにするのか、どれくらい重視するのかを決めて、実際の配列作成ではその方針に従って作成していきます。

 問題は、どのような要素を持った配列が使いやすいかどうか“使ってみる前に”わかるかどうか、ということです。
 そこで、新下駄配列を作る前に、さまざまな配列を実際に使用してみました(※)。そして、どのような要素を持った配列が使いやすいのかを、自分で体験してきました。新下駄配列の方針は、各配列を使ってみて自分が使いやすいと感じた要素を採り入れるようにしました。

※ある程度使用したことのある配列:かな入力、ローマ字入力、NICOLA(親指シフト)、月配列2-263式、月配列U8版、下駄配列、飛鳥配列、けいならべ(v2も含む)、星配列、小梅配列。(「新下駄配列作成の歩み」

2.データを見る

 方針を立てたら、それに従って配列を作ります。しかし、どのような配列にすればその方針に近づくのかが分からなければ、配列を組み立てていくことができません。
 どのような配列にすれば方針に近づくことができるのか。それを決めるのがデータです。新下駄配列を作成するにあたっては、文章に対する十分なデータを先に収集しました。実際の配列作成では、データを見て作成しました。
 そのデータは、自分が集めたデータが100万字データです(「新下駄配列の作成に使用したかな出現数・連なりデータ」)。さらに、それと合わせて小梅配列の作者である141Fさんが作られた10万字サンプルも見ました(「Weblog 61℃: 10万字サンプルにおける文字の出現頻度。」「Weblog 61℃: 10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。」)。

 配列の使いやすさは、実際に文章などを入力するときに使いやすいかどうかで決まります。
 しかし、実際に入力される文章は千差万別で、ある文章に対しては使いやすいが、ある文章に対しては使いにくい、ということが起こります。特定のジャンルで良く出る言葉や言い回しというものもあるので、ある時期に入力した文章に対しては使いやすかったが、入力する文章の傾向が変わったら使いにくくなった、ということも起こりえます。
 実際に文章入力を繰り返して使いやすいとどうかを判断するという方法だと、その時々に入力する文章に影響され続けてしまいます。
 あらかじめデータを集めておき、配列はそのデータに従って作成します。これにより、ある特定の文章に対しては完璧ではなくても、どのような文章に対してもある程度使いやすい配列を完成させることができます。

3.カンで決める

 データは完璧ではありません。
 データ自体が間違っている可能性があります。注意深くデータを収集しても、世の中に存在する文章に対してデータの量はわずかですので、データの内容に偏りがあることが考えられます。
 また、データに表れにくい部分が、実は配列の使いやすさに重要な要素である、ということもあります。

 データの不完全な部分を補正するものが、配列作成者のカンです。使ってみる前に、あるいは少し使ってみて、「これはいい」「これはダメだ」とカンで決めます。
 先にも書いたように、わたしはこれまでさまざまな配列を実際に使用しきました。どのような配列が入力しやすいかのカンを育ててきたつもりです。



 「方針を立てる」「データを見る」「カンで決める」という新下駄配列作成の原則を3つ挙げました。
 この中で一番重要なのは「カンで決める」です。たとえ方針に逆らっても、データに表れていなくても、自分のカンを優先します。配列を作っていく上で「こうした方が使いやすい」と思えば、そうします。

■新下駄配列作成記 目次
[PR]
by koutarou_13 | 2011-01-30 20:58 | ●新下駄配列作成記 | Trackback | Comments(0)
新下駄配列作成記 目次
【基本情報】
「新下駄配列を作りました」
「新下駄配列の9つの特徴」
「新下駄配列と下駄配列の同じところと異なるところ」
「新下駄配列で1万字入力する場合の打鍵数」
「新下駄配列の作成に使用したかな出現数・連なりデータ」

【原則】
01「新下駄配列作成の原則」

【方針】
02「新下駄配列の基本的な方針」
03「速さと楽さは同じこと」
04「総打数が少ないことをめざす」
05「簡単に高速入力ができる同時打鍵シフト」
06「清音と濁音は別々に配置する」
07「拗音を配置する」
08「押しやすいキーはどれか?」
09「アルペジオを活用する」
10「左右使用率は気にしない」

【骨格】
11「使用するキー」
12「配置する文字」
13「同時打鍵として使用する組み合わせ」
14「シフトキーをどこにするか」
15「拗音シフトキーをどこにするか」
16「配置場所の確認」

【作成】
《1.単打側》
17「上位3文字「い」「う」「ん」」
18「人差し指の同指配置」
19「中指・薬指のホームポジション」
20「句読点の特色」
21「中指上段と右手小指」
22「キー文字「す」」
23「上位文字を好所の単打側に」
24「残りの単打側」
25「長音符を単打側へ」
《2.シフト側》
26「シフト側の好所争い」
27「「おもう」「られる」「される」」
[PR]
by koutarou_13 | 2011-01-30 00:00 | ●新下駄配列作成記 | Trackback | Comments(0)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧