「ほっ」と。キャンペーン
Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2005年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
中指ホームも遠慮なく
下駄配列変遷記
ver.1.04:中指ホームも遠慮なく

 変更箇所はそれほど多くないものの、高頻度文字を入れ替えているので影響は大きい。

■下駄配列ver.1.04
ぱこけてー ぽんりつぺヴ■
はかしとた くういのきBS■
 すをになさ っるそせち■

☆シフト
ぁやねらぃ ぅむみわぇ■■
めよもあれ まお■■ゆ■■
 ぉ■へほぬ ひふゃゅょ■

★シフト
゛ごげで■ ■ぷえづ゜■■
ばがじどだ ぐろ■■ぎ■■
 ずぴべぼざ びぶぞぜぢ■

拗音:イ段+ゃゅょ([上段中指or上段薬指or中段小指]+[人差し指])* 変更なし
[;R]=りゃ,[;T]=みゃ,[OR]=じゃ,[OT]=ぢゃ,[IR]=しゃ,[IT]=ちゃ
[;F]=りゅ,[;G]=みゅ,[OF]=じゅ,[OG]=ぢゅ,[IF]=しゅ,[IG]=ちゅ
[;V]=りょ,[;B]=みょ,[OV]=じょ,[OB]=ぢょ,[IV]=しょ,[IB]=ちょ
[AU]=にゃ,[AY]=ぴゃ,[WU]=ぎゃ,[WY]=びゃ,[EU]=きゃ,[EY]=ひゃ
[AJ]=にゅ,[AH]=ぴゅ,[WJ]=ぎゅ,[WH]=びゅ,[EJ]=きゅ,[EH]=ひゅ
[AM]=にょ,[AN]=ぴょ,[WM]=ぎょ,[WN]=びょ,[EM]=きょ,[EN]=ひょ

拗音:その他の頻出拗音([人差し指]+[人差し指or下段])* 変更なし
[JR]=しぇ,[JT]=じぇ,[FY]=ぢぇ,[FU]=ちぇ,
[JF]=ふぁ,[JG]=ふぃ,[FH]=でゅ,
[JV]=ふぇ,[JB]=ふぉ,[FN]=でぃ,[FM]=てぃ
[JZ]=うぃ,[JX]=うぇ,[JC]=うぉ,[F,]=とぅ,[F.]=どぅ,[F/]=つぁ

拗音:ヴ行[@]+[左手ホーム段])* 新設
[@A]=ヴァ[@S]=ヴィ[@D]=ヴェ[@F]=ヴォ

同手同時押し(記号)
[we]=([er]=![ui]=?[io]=)
[sd]=「[df]=、[fg]=/[hj]=・[jk]=。[kl]=」
[dv]=~[fb]=;[nk]=:[mk]=*
[xc]=@[cv]=,[m,]=.[,.]=¥


1.「し」「い」を中指ホームに
「し」を[E]から[D]に移動
「い」を[I]から[K]に移動
「け」を[K]から[E]に移動
「り」を[D]から[I]に移動
「よ」を☆[L]から☆[S]に移動

 同手段越(同指段越も)を避けるためには、何よりホーム段に頻度の高いかなを配置するのが一番だ。今までは中指ホームは中指シフトに使う位置ということで高頻度のかなを置くのは遠慮していたのだが、同手段越を減らすことの方が重要ということで、中指ホームに「し」「い」を置くことにした。
 新JISではもともと中指ホームは「し」「い」だったから、原点回帰とも言える。月配列では中指シフトの関係で中指ホームの表にかなを置けないからこそ移動してたのだから、中指ホームの表にかなを置ける下駄配列ではこうするのが当然だったかも。

 上段に移動させられた「け」と「り」は、そのまま上段に移動すると「え」も移動させないといけなくなるので、移動箇所が少なくて済むように左右を入れ替える。運指も「け」を左手にした方が良さそうだ。
 「よ」は、「し」の移動によって☆[L]が無くなってしまったので。

2.その他
「せ」([,])と[そ]([.])を入れ替え
「わ」(☆[B])と「ぬ」(☆[O])を入れ替え
ヴ行拗音シフトを新設
「ぉ」を☆[@]から★[Z]に移動

 「せ」と「そ」の入れ替えは、「せい」の同指連打を防ぐための小手先の変更。
 「わ」と「ぬ」の入れ替えは、使用頻度から見てこうするところ。
 ヴ行拗音というのは、[@]+[A][S][D][F]で「ヴァ」「ヴィ」「ヴェ」「ヴォ」を打てるようにしたもの。例外の操作になるが、邪魔になるものではないのであってもいいでしょう。

●下駄配列ver.1.03とver.1.04を比較した解析結果
 同一連打が増えたのは仕方がない。左右交互が増え、同指違鍵、同手跳躍ともに減ったので、なかなか良いんじゃないでしょうか。

●『姫踊子草』用設定ファイル(GETA1.04.hmo_kana):GETA1.04.zip
[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-28 23:43 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
下駄配列を解析、その2
 みかげさんの配列評価スクリプトが新しくなりました。ということで再び下駄配列を解析。

 今回のスクリプトからQWERTYローマ字の『姫踊子草』設定ファイルも同梱されていて、こっちの方がこの前私が作ったのよりも「っ」や「ん」などの定義が正確なので、今回からこのファイルで解析しています。
 でも、ローマ字打ちの人って、「ん」はこの定義ファイル通りに打ってますか? 私がローマ字で打つときは、「ん」の次が母音か子音なんて考えるのが面倒で、「ん」は全部[N]→[N]で打っちゃいます。

 閑話休題。解析に用いるテキストは前回と同じく「キーボードによるかな入力効率の比較」に置いてある「日本国憲法前文」と「めくらぶどうと虹」を合わせたもの。

 結果は以下の通り。今回から解析結果の表が二段になったのだけど、ちょっと見にくいと感じたので、「表のみ」の方は少しソースに手を加えました(*1)。

解析結果:表のみ
解析結果:解析詳細付き(171KB)

 前回とかぶる部分の感想は省略します。

 移動数について。移動数というのは、『姫踊子草』設定ファイル上でひとまとまりに定義されているものを1単位と数えて何単位になるかという数、だと思う。
 QWERTYローマ字がやたらと少ないけど、これは、例えば「んは」が[NHA]でひとまとまりで定義されているため。よって、この数字にあまり意味はない(他のストローク系も同じ)。
 同時押しを1打鍵と数えた時の打鍵数は、ストローク系はキータイプ数と同じ、同時打鍵系は移動数と同じになるはずです(同時押しを2打鍵と数えた時の打鍵数はすべてキータイプ数)。

 前回、上段が少ないのはなんで?と書いたけど、よく見たら月配列2つと比べて極端に少ないわけではないし、下駄配列では[Q][T][P][@]の使用頻度が低いのでこんなものなんでしょう。

 交互打鍵は少なく、同手連打は多い。これは文字キー同時打鍵という入力方式を選択した以上仕方のないところ。
 でもそれが悪いわけではないです。中指シフトの[K]→[D]→[I]は左右交互、下駄配列の[KD]→[I]は同手連打(しかも同指違鍵)、でもこの二つがそんなに違うの?と思うのです。使っている指は同じだし、同時打ちを1打鍵と数えるなら[KD]→[I]の方が1打鍵少ない運指が悪くなっても、1打鍵少なくなっているならトータルでは得をしているという判断。

 今回から解析されるようになった同一連打ですが、やはり下駄配列はかなり多い。これも文字キー同時押しである以上そうなるでしょう。同一連打は同指違鍵と違って、指の移動がゼロで済むというメリットがあるので、そんなに問題ないんじゃないかという気がします。QWERTYローマ字で「ん」を打つとき、左右交互である[X]→[N]より、同一連打の[N]→[N]で打っちゃうし。
 むしろ同指違鍵が減るなら同一連打が増えても構わないという方向で考えてます。

 同指異鍵同手跳躍が多いのはやはり問題。ただ、これは下駄配列ver.1.03の欠陥であって、決して文字キー同時打鍵の問題ではない、と思ってます。同指違鍵はある程度仕方ないですが……([中指シフト]→[中指上段]の運指はそうは減らせないと思うので)。工夫すればもっと良くなる。

*1 やっぱり縦に同じ種類の数値のみが並んでいた方が見やすい。具体的な変更点は、
1.表を二つに分けた。
2.百分率も同じ行で表示するようにした。
3.百分率を括弧でくくった。
4.セルの中で改行されないようにした(スタイルシートを使用)。
 横スクロールになってしまうのは仕方ないと思いました。


前回の解析
[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-27 23:33 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback(1) | Comments(0)
タイプウェル、Pick Up
 『GANGAS』を見てぴっくり。「本日の Pick Up」に俺の名前が載ってる~。記録的にはまだまだだけど、こうやって名前が載るのは結構嬉かったりして。
 現在の記録は以下の通り。
e0002687_2149388.gif

e0002687_21494927.gif

 当然、下駄配列ver.1.03で出した記録です。『姫踊子草』のタイプソフト対応機能を使ってプレイしています。

 基本常用語よりも漢字の方が得意な感じ。回数は漢字の方が少なく、タイムは漢字の方が上。下駄配列得意の拗音が適度に出てくる気がする。あるいは下駄配列の大元である新JISとの相性の良さか。

 この一週間で、それまで慣用句・ことわざと競っていたカタカナ語が一気に伸びて、総合成績SEに達するのに大きく貢献した。下駄配列ver.1.03で「ー」を移動した効果が現れたか。
 慣用句・ことわざはスペースで文字数が稼げないので難しいね。でも、打ってて楽しいのは断然これ。一番普通の文章に近いから。
 普通の文章に近いと言えば、最近は『タイプウェル憲法』もぼちぼちやってます。これも面白い。さすがに文章長くてきついですが……。法学部の学生におすすめ(^_^;

 まだミスが多いのが困りもの。トップ15でもミス二桁はざらにある(これでもずいぶん減った)。ミス1-3以内なんて基本常用語で2回出しただけ。多すぎますかね? ただ、下駄配列だとシフト側でミスするとミス2回とカウントされてしまうのがちょっと悲しい。

 『タイプウェル』自体は5月の連休あたりから始めたけど、トップ15を見るとほとんど7月になってから出た記録で埋め尽くされているので、まだ伸びる余地はあるはず。しかし、『タイプウェル』を初めてすぐはSレベルなんて出たらもうゴールだと思えたのに、実際にSレベルに入ってみるとまだ伸びる気がするので不思議なもの。
 といいつつ、今はもう配列変更モードに入っているので、しばらく記録は伸びないかも(^_^; もちろん、今よりいい配列になって帰ってくるつもりですが!

以前の記録
[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-23 21:30 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(1)
繭にもう一度
 前に一回挫折した『窓使いの憂鬱』に再び挑戦中であります。
 今回の方針は二つ。

1.簡単なことをやる
2.他の人の真似をする

 簡単なことをやるというのは、前回挑戦したときに、最終目標が「繭で下駄配列を実装する」だったため、いきなり難しい部分を読んで混乱したため。できるところから、分かるところからやるようにする。

 他の人の真似をするというのは、何か新しいことを始めるときの基本でしょう。繭は、優れた設定ファイルを公開されてる先輩がたくさんおられるので、お手本には事欠きません。最初は真似するだけでもいい。うまく行けば理解もしやすい。

 今ところ、『KeySwap for XP』と同じ事ができるまではできた(要するに単純なキーの入れ替えだけ)。まだまだこれから。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-21 22:32 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(0)
下駄配列ver.1.03を解析
 下駄配列ver.1.03は、私としては満足して使っているのですが、客観的に見てどうなのよ? というのは当然気になるわけです。
 そこで、『みかログ』「配列の評価方法とツール」を使って下駄配列を分析してみました。分かりやすく、使いやすく、面白いツールを提供して下さっているみかげさんに感謝。

 解析するテキストは「キーボードによるかな入力効率の比較」に置いてある「日本国憲法前文」と「めくらぶどうと虹」を合わせたものにしました。

 比較対象も無いと結果が良いのか悪いのか分からないので、同じテキストで「JISかな」「月配列2-263」「月配列U8」「NICOLA」「飛鳥配列21-180」「姫踊子草配列六版六案」も解析してみました。

 で、結果は以下の通り。
●下駄配列ver.1.03解析結果
●解析詳細付き(168KB)

■キータイプ数、移動数
 わーい、移動数が一番少ない! キータイプ数もJISかなの次に少ない! 1モーラ1動作の面目躍如。
 ここは「頻出する文字は1打鍵、頻度の低い文字は2打鍵」という月配列の長所と、拗音もほとんど一動作で打てるという下駄配列の試みがうまく噛み合っていると思う。

■右手と左手のバランス
 飛鳥配列の右手重視が際立っている他はたいした違いはない。右手はマウスとかテンキーで酷使するので、日本語入力で特に右手を多く使う必要は無いような気がする。しかし、もう少し右手を使ってもいいかもしれない。

■指のバランス
 右手小指が少ない。ただし、下駄配列ver.1.03では右手ホーム段小指のひとつ右を[BackSpace]にすることを想定してるので、実際に右手小指がキーを叩く回数はそれほど少なくないはず。まあ問題は無いと思う。

■上中下段のバランス
 あれ? なんでこんなに上段が少ないんだろう? 上段の配列は月配列U8版とそんなに変わってないと思うけど。「か」を移動させた影響?
 下段がやや多いのは、拗音シフトで人差し指下段を多用するためか?

■左右交互打鍵の多さ
 ……は解析結果が実際の打鍵感覚と合わないよう思う。例えば「あお」([FK][DJ])は、このスクリプトでは左右交互2、左左1、右右0と弾き出される。実際の打鍵感覚は左右交互0、左左1、右右1だと思う。
 同列同指ってなんでしょう?

■同指違鍵、同手跳躍
 同指違鍵は意外と(^_^;そうでもなかったが、やっぱり同手跳躍は多い。これ自分で打っててそう思ってた。せっかくホーム段を全部使えるんだから、ここは何とかしないといけない。

 これで下駄配列の改良の方向性が見えてきましたね。打ちにくい運指、特に同手跳躍をいかに少なくするかが課題。
 あと、下駄配列とは関係ないけど、JISかなのキータイプ数の少なさは結構すごいと思った。作り込んだ4段配列こそ最強というのは、十分ありえるのではないでしょうか。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-17 17:23 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback(2) | Comments(5)
サイト開設
 日本語入力関連のサイトを作っていたのでした。

『kouyの日本語入力の足跡』

 このブログで書いたことのまとめや、このブログでアップできないファイルをアップするなどに使おうと思っています。
 このブログ共々よろしくお願いします。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-14 18:54 | ●その他の話 | Trackback(1) | Comments(3)
半濁音を僻地の単打へ
下駄配列変遷記
ver1.03:半濁音を僻地の単打へ

 ver.1.01とver.1.02は発表するほどのものでもないので省略します。

 ver.1.00からの大きな変更は、[Q][Y][P]に半濁音を配置したことと、★シフト(薬指シフト)に清音「ろ」「え」を配置したこと(今までは濁音か半濁音しか置いてなかった)。


下駄配列ver.1.03
ぱこしてー ぽんいつぺヴ■
はかりとた くうけのきBS■
 すをになさ っるせそち■

☆シフト
ぁやねらぃ ぅむみぬぇぉ■
め■もあれ まお■よゆ■■
 ■■へほわ ひふゃゅょ■

★シフト
゛ごじで■ ■ぷえづ゜■■
ばが■どだ ぐろげ■ぎ■■
 ずぴべぼざ びぶぜぞぢ■

拗音:イ段+ゃゅょ([上段中指or上段薬指or中段小指]+[人差し指])* 変更なし
[;R]=りゃ,[;T]=みゃ,[OR]=じゃ,[IR]=しゃ,[OT]=ぢゃ,[IT]=ちゃ
[;F]=りゅ,[;G]=みゅ,[OF]=じゅ,[IF]=しゅ,[OG]=ぢゅ,[IG]=ちゅ
[;V]=りょ,[;B]=みょ,[OV]=じょ,[IV]=しょ,[OB]=ぢょ,[IB]=ちょ
[EY]=ひゃ,[WY]=びゃ,[EU]=きゃ,[WU]=ぎゃ,[AY]=ぴゃ,[AU]=にゃ
[EH]=ひゅ,[WH]=びゅ,[EJ]=きゅ,[WJ]=ぎゅ,[AH]=ぴゅ,[AJ]=にゅ
[EN]=ひょ,[WN]=びょ,[EM]=きょ,[WM]=ぎょ,[AN]=ぴょ,[AM]=にょ

拗音:その他の頻出拗音([人差し指]+[人差し指or下段])* 変更なし
[JR]=しぇ,[JT]=じぇ,[FY]=ぢぇ,[FU]=ちぇ,
[JF]=ふぁ,[JG]=ふぃ,[FH]=でゅ,
[JV]=ふぇ,[JB]=ふぉ,[FN]=でぃ,[FM]=てぃ
[JZ]=うぃ,[JX]=うぇ,[JC]=うぉ,[F,]=とぅ,[F.]=どぅ,[F/]=つぁ

同手同時押し(記号)* 変更なし
[we]=([er]=![ui]=?[io]=)
[sd]=「[df]=、[jk]=。[kl]=」
[fg]=/[hj]=・
[dv]=,[fb]=;[nk]=:[mk]=.
[xc]=@[cv]=~[m,]=-[,.]==

1.半濁音を僻地の単打へ
「ぱ」を★[C]から[Q]に移動。
「ぽ」を★[J]から[Y]に移動。
「ぺ」を★[I]から[P]に移動。

 [Q][Y][P]にどの程度の頻度の文字を置くのか改めて考えた結果、今までよりももっと頻度の低い出現率70位前後である半濁音を置いてみたらどうだろうと思った。「濁音は清音の裏の原則」があったので今まで思いつかなかったが、よく考えたら半濁音はこの原則とは関係ない。清音の位置と切り離されてしまった以上、★シフトに置いておく必要さえ無いだろう。
 というわけで、★シフトの中ではやたらといい位置にあった「ぽ」「ぺ」、この後定位置を追い出される事になる「ぱ」を[Q][Y][P]に置くことにした。

 なお、この少し前から[P]は原則通り小指で打つことにした(薬指で打つのはやめた)。[P]を薬指で押すのは、そこだけ指をひねって押す感じになって薬指がつらい。それに[P]を薬指で押すと今度は[O]が押しにくくなって本末転倒な感じもしてきた。
 小指上段が[P][@]の2キーになるのはつらいので、[@]は基本的に使わないことにする。

2.★シフトの好位置に清音を置く
「ろ」を[Q]から★[J]に移動。
「え」を[P]から★[I]に移動。

 1と表裏一体の変更。半濁音「ぽ」「ぺ」が出現率が非常に低いくせにやたらと良い位置を与えられている。これを移動して代わりに何を置くかだが、清音を置いても良いのではないだろうかと思った。出現率がそこそこの清音をシフト側の好位置に置くのは自然だし、そうしても「濁音は清音の裏の原則」には反していない。
 ここにver.1.00では小指の外側の僻地に置いていた「ろ」「え」を置いてみた。これで[Q][Y][P][@]をできるだけ使わない配列のめどが立った

3.長音記号を好位置に置きたい!
「ー」を[Y]から[T]に移動。
「ち」を[T]から[/]に移動。
「へ」を[/]から☆[C]に移動。

 「ー」前に書いたとおり、単打側のある程度好位置に置くという方針で配置場所を探した。ver.1.00の[Y]というのは悪すぎた。[P]にも置いてみたが、これでもまだ悪いと思った。
 もっといい位置として、月配列3-285改と同じ[T]にしてみた。表の中ではやや打ちにくい場所だが、[Q][Y][P][@]ほどではない。「ー」の出現率からして適当なのではないだろうか。

 [T]に置いていた「ち」をどこに移動させるか。もう表は空いていないので、何かを裏に落とさないといけない。これは頻度から見て「へ」だろう。今まで小指下段ということでまあいいかなと思っていたのだが、ここまできたら小指下段だろうが表は表だ。
 というわけで「へ」を裏に落として「ち」を[/]に移動する。「へ」の移動先は、空いている☆シフトの中では一番打ちやすい☆[C]。★[C]の「ぱ」は僻地の単打へ移動してもらった(1で書いたとおり)。

4.[@]は使わない
「わ」を[@]から☆[B]に移動。
「ヴ」を★[Y]から[@]に移動。

 1で少し書いたとおり、[@]はほとんど使わないようにしたいので「わ」を移動。移動先は☆シフトしかない。☆[T]も試したが☆[B]の方が打ちやすい感じがしたのでこちらに決定。
 「ヴ」は、[@]の単打を空けておくのも何なので。

 この配列で少し打っているが、[Q][Y][P]の出現率、「ー」の位置は、これでバランスが取れているという感触だ。★シフトに清音が混じっているのもなんともない。
 今後は文字の連なりも気にして改造してみたい(例えば、「せい」が思いっきり同指段越になっているのをなんとしろとか)。

配列図
●『姫踊子草』用設定ファイル(GETA1.03.hmo_kana):GETA1.03.zip
[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-10 19:07 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
[BackSpace]をどうする?
 機能キーの位置をカスタマイズしようと思い立ったときに、一番移動したいと思ったキーは[BackSpace]だった。デフォルトの[BackSpace]は場所がへんぴすぎる。[Ctrl]+[H]でいいじゃないかというつもりなのかもしれないが、小指シフトというのはそれはそれで問題あると思うし、『メモ帳』で[Ctrl]+[H]を押すと置換ウィンドウが開いてしまったりするのがぼけなす。

 私の場合、カスタマイズしようとする以前から、NICOLAの[:](右手小指ホームの一つ右)をBackSpaceにするという配置が気に入っていたので、NICOLAから離れた後でもこの配置を踏襲していた。
 今思うと小指の外側という配置はどうなのかという気もするのだが、不思議とこの[BackSpace]のせいで右手小指がつらいと思ったことはない。連打しても何ともない。慣れの問題ですかね?

 問題は、[:]をBackSpaceにしてしまうと、普通に文字を打つキーが減ってしまうこと。やはりシフトよりは単打の方が打ちやすいので、貴重な表面が機能キーに占領されてしまうのは痛い。最近の事情で言えば、[:]に長音記号を置きたいというのもある。

 [無変換]をBackSpaceにするというのも『Wisteria』「キーボードを最適に>基本方針」の影響で以前からやってみたかった配置だった。
 で、実際にやってみた。確かに[無変換]BackSpaceの操作性は素晴らしく、他の問題がなければ文句なくこの配置を使いたいところだ。

 しかし私の場合、他の問題があった。[無変換][ひらがな]を[←][→]に置き換えていることだ。この親指左右カーソルがなかなか快適で、あっさり手放すことができない。[Ctrl]+[I][K][J][L]あたりで[↑][↓][←][→]というのも試したが、何かのキーを押しながらカーソル移動というのはあまり操作性が良くなく、親指単打で左右移動できる方がはるかに快適という感想だった。
 [無変換]を[BackSpace]にしてしまうと、当然[無変換]の[←]が置けなくなってしまう。

 親指左右カーソルを残したまま[無変換]を[BackSpace]にしたくて、[左Alt]を[←]にするというのもやってみたが(*1)、これはとても満足できる操作感は得られなかった。[左Alt]は左手親指で押すにはややつらい位置にあるし、何より、[スペース]においた親指が[BackSpace](元[無変換])を飛び越えて[←](元[左Alt])を押しに行くという動作がとてつもなくつらい。親指が2つ隣のキーを押しに行くというのはかなり無理があると思った。

 [無変換]BackSpaceと、親指左右カーソルのどちらを取るかと言ったら、[:]BackSpaceに直接の不満がない以上、親指左右カーソルの方を取るに決まっている。
 というわけで、下駄配列ではいまだに[:]を[BackSpace]にしている。親指左右カーソルに変わる画期的な方法が見つからない限り、この[BackSpace]は移動しそうにない。

*1 [左Alt]をつぶすのはそれはそれで問題がある。私はショートカットキー(ショートカットを右クリック→プロパティで設定できるやつ)をほとんど[Ctrl]+[Alt]+[何か]に割り当てているので、[Alt]はよく使うのだ([Alt]+[Tab]もよく使う)。そこで、[左Alt]隣の[左Win]に移動することにする。
 そして、その[左Win]もスタートメニューを開くのと、[Win]+[D]でデスクトップを表示するのに良く使う。そこで、これを元[Esc]に移動する。
 そしてそして、それまで元[Esc]に割り当てていたのは[Application]だが、これもキーボードで操作しているときに時々使う。これを[Insert]に割り当てる。
 と、玉突き的に多くの機能キーを移動させることになった。
 この玉突き移動を嫌って、[ひらがな]を[←]、[右Alt]を[→]にするという配置も試してみたのだが、これも同様の理由でイマイチだった([Enter](元[変換])から[→](元[右Alt])が親指の飛び越え移動になる)

[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-07 17:01 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(4)
長音記号をどうする?
 単打側とシフト側という区別がある配列では、どの文字を単打側に上げて、どの文字をシフト側に落とすのかというのは悩みどころだが、最も迷うのが長音記号(「ー」)ではないだろうか?
 長音記号の配置で迷う理由は、3つある。

 一つ目。使用頻度が微妙。
 『「月配列」(Ux版)のページ』「文字や文字の連なりの出現頻度調査結果」によると「ー」の使用頻度は35位。ただし、下駄配列では句読点は単打ではないし(これはこれで微妙だが)、「ー」より上位の「が」「で」「じ」「だ」が「濁音は清音の裏の原則」によりシフト側に回るので、実質は29位。表(=シフトなし)で打てる文字が27~32字(下駄配列ver.1.00では31字、[Q][Y][P][@]を使わないことにすれば27字)なので、表に出すか裏に落とすかのギリギリの順位になる。打ちにくい単打側と打ちやすいシフト側のどっちがましかということも考えるとさらに迷う。

 二つ目。カタカナ語に偏って出てくる。
 長音記号は、文章の中で一定の割合で出てくるのではなく、カタカナ語での使用頻度が圧倒的に高いという性質を持つ。カタカナ語だけに限れば、出現率はダントツの一位だ。長音記号の出現率は、カタカナ語を多く使うかどうかに左右され、書き手の文章の癖、書いている文章のジャンルによって大きく変わると思われる。
 事実、『新親指シフト配列飛鳥のページ』では『「ー」は、日本語全体での出現率では50位にもならない低さです。』と書かれている。先のデータでは35位だったから、偉い違いだ。

 三つ目。発音が短い。
 長音記号は他の多くのかなと同じく1モーラ(*1)を構成する文字ではあるが、実際の発音では他のかなよりも短く発音されているように思う。発音と打鍵をできるだけ近づけようとするなら、発音が他のかなよりも短い文字を、打鍵のコストが高くなるシフト側に持っていくのは合わない。
*1 『Wikipedia』「モーラ」

 他の配列でどうなっているか見れば参考になるかもしれないと思い、調べてみた。

NICOLA:同手シフト[X](左手薬指下段)
 シフト側。NICOLAはホーム段から指がはずれないことを重視している設計であることを考えれば、冷遇された配置だと思う。

新JIS配列:シフト[.](右手薬指下段)
 シフト側。打ちにくい下段のシフト側というのはかなり悪い位置。

月配列2-263式:シフト[.](右手薬指下段)
 シフト側。新JISの配置を受け継いでいるので新JISと同じ。やはり使用頻度を考慮すればシフト側になるのだろう。

月配列U8版:[P](右手小指上段)
 単打側。『「月配列」(Ux版)のページ』「改訂記録と予定」によると、かなり早い段階で表に出されている。しかし、小指上段というのは表の中では打ちにくい位置。

月配列3-285改:[T](左手人差し指上段)
 単打側。U8版よりも好位置。「開発日記」によると、開発初期の段階で昇格が検討され、実行されている。
 よく見たら「ー」を[Y]に割り当てるのは禁物って書いてあった……。だめじゃん下駄配列ver.1.00……。

飛鳥配列:[W](左手薬指上段)
 単打側。飛鳥は人差し指伸ばしを嫌っているにもかかわらず、この好位置。これについては『新親指シフト配列飛鳥のページ』の「Wの表という、長音記号ーの依怙贔屓について」に書かれている。かなりカタカナ語に配慮したようだ。

姫踊子草かな配列六版六案:中指シフト[X](左手薬指下段)、または同手同時押し[JL](右手ホーム段人差し指+薬指)
 シフト側。2種類設定されているんですが、どちらで打つのが良いのでしょう? どちらせよ、単打側からは漏れたという感じがする。中指シフト[X]という配置は月配列2-263式と左右対称。

龍配列:[M](最下段親指)
 単打側。48キーもあれば、表に出てくるのは当然か。「かにホーム」なので最上段が無い代わりに最下段ある。最下段は親指で押すとあるけど、親指単打というのは好位置なんでしょうか?

 意外と表に出している配列が少ないという印象。
 下駄配列としては、前に上げた理由の3つ目を重視したいと思う。せっかく1モーラ1動作を実現しているのだから。単打の、しかもそれなりに好位置という方向で考えてみることにする。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-02 21:59 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(5)
打ちにくい単打側と打ちやすいシフト側
 Uジローさんが「同時打鍵は理想の同時打鍵配列かも」で下駄配列で小指上段を使わないことについて書かれていますが 実は、これは私が現在かなり迷っている問題であります。

 下駄配列の設計では、早々に小指の外側([Q][P][@])を使わないようにし、次いで人差し指伸ばし([Y])も使わないようにしたのですが、この変更はどうだったか。
 要するに、打ちにくい単打側打ちやすいシフト側ではどっちがましか? という問題。

 これはかなり微妙です。

 と言うのは、『タイプウェル』をやってると、苦手語句として残るのはことごとく同時打鍵を多数含む語句なんですよ。やっぱり同時打鍵よりは、へんぴな場所と言えども単打の方が打ちやすいのではないか。

 そう考えて、下駄配列ver.1.00では[Q][Y][P][@]にも清音を配置してみました。
 で、実際に配置してみると、確かに単打で打てる文字が多いというのは楽ではある。しかし、やっぱり[Q][Y][P][@]を打つときは、他のキーを打つときとは違う手の動きをしているようで、違和感がある(とくに[Y]の「ー」はまずかったような気がする……。カタカナ語がきつい)。さて、どうしよう、というのが現状です。

 先ほど『タイプウェル』の苦手語句という話をしましたが、当初は「ゆみや」(3字全部シフト側)という語句がものすごく苦手だったのですが(『タイプウェル』で何度やっても苦手語句から消せないくらい)、今では何ともなく打てる。
 そう考えると、同時打鍵が打ちにくいというのは、もしかしたら同時打鍵の問題ではなく、「シフト側→出現頻度が低い→習熟度が低い」というだけのことだったのかもしれない。

 今のところ[Q][Y][P][@]にも使用頻度40位前後の清音を配置する配列で打ってますが、他の文字を配置することにするかもしれませんし、ほとんど使わない配列に戻すかもしれませんし
 ただし、これ以上頻度の高い文字を配置するということは無いと思います。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-07-01 00:23 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧