Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
マイナーな拗音を取り込む
下駄配列変遷記
ver.1.09:マイナーな拗音を取り込む

 変更箇所は多いけど、しょせん枝葉の変更です。

下駄配列ver.1.09配列図

1.拗音を拡張
「いぇ」を[F/]に新設。
「すぃ」「ずぃ」を[JQ][FP]に新設。
「くぁ」「くぃ」「くぇ」「くぉ」を
[IQ][IZ][IX][IC]に新設。
「くゎ」「てゃ」「てゅ」「てょ」を
[EP][E,][E.][E/]に新設。
「ぐぃ」「ぐぇ」「ぐぉ」「ぐぉ」を
[OQ][OZ][OX][OC]に新設。
「ぐゎ」「でゃ」「でゅ」「でょ」を
[WP][W,][W.][W/]に新設。
「つぁ」「つぃ」「つぇ」「つぉ」を
[;Q][;Z][;X][;C]に新設
(「つぁ」は[F/]からの移動)。

「ぇ」を[☆P]から[☆Z]に移動。
「ぉ」を[☆Z]から[☆B]に移動。
「ゎ」を[☆P]に新設

 直接のきっかけは、例によって『タイプウェル』で「ボスニアヘルツェゴビナ」というワードが出てきたから。で、マイナーな拗音は、押しやすい場所を探して一つずつ当てていくよりも、押しにくくてもいいから覚えやすい場所にまとめて割り当てた方がいいかな、と思った。
 というわけで、規則的に配置できそうな場所を探して一気に配置することにした。一応今までのイメージ(中指シフトが清音の拗音、薬指シフトが濁音の拗音、小指シフトが清音の拗音)で配置しています。
 ついでに、小書きの仮名の配置を少し変更。「ぁ」「ぃ」「ぇ」「ぉ」が左手の四隅にあるイメージにしたのと、小書きの仮名「ゎ」の新設。

 配置しなかったものについて。
 これでもすべての拗音を配置したわけではないが、これ以外は非常に出現率が低く、かつ規則的に配置するのが困難。よって小書きの仮名の後付で打てれば十分だと思う。
 「あぁ」「へぇ」「ねぇ」など拗音ではないが小書きの仮名を使う連なりの配置も検討したが、規則性が無いと覚えきれないのと、大して貢献しないのとで見送った(それをやるのだったら頻出の2字の連なりを配置する方が先だと思うし、それに手を付けるのはちょっと手に負えない)。
 「ゐ」「ゑ」は「うぃ」「うぇ」から変換できれば十分だろう。
 「ヶ」「ヵ」はかなではないというイメージがあるので配置しない。

2.記号入力に[上段]+[ホーム段]を使用
「:」を[KN]から[IJ]に移動。
「;」を[FB]から[EF]に移動。
「~」を[DV]から[UH]に移動。
「*」を[KM]から[RG]に移動。

 今まで記号入力の一部で[ホーム段]+[下段]という組み合わせを使っていたが、これよりも[上段]+[ホーム段]の組み合わせの方が打ちやすいことに気がついた([ホーム段]+[下段]を使っていたのは、月配列を使っていた時に[中指シフト]+[同手]で記号入力という配置を追加していた名残でした)。
 というわけで、[ホーム段]+[下段]を廃止して[上段]+[ホーム段]に移動。[上段]+[ホーム段]だと不思議と押しやすい組み合わせが左右対称になっており、いままでより分かりやすい配置になった。
 なお「;」「:」点が上下にあるというイメージから、段の違う同手押しに割り当てています。

 余談ですが、同手同時押しに割り当てている記号の選定理由について。
 基本的に、かな入力中に「本来のキー」で打てなくなってしまっている記号を割り当てています。例外として、使用頻度が非常に高い記号も割り当てています。

・前者の例:、。/・,.@;:*¥~
・後者の例:「」!?()

 例えば「+」はかな入力中でも[Shift]+[;]という「本来のキー」で打てるので入れていません。「!」は[Shift]+[1]という「本来のキー」打てますが、非常によく使う割には打ちにくいので、打ちやすい操作で打てるように入れてあります。
 「*」は[:]を[BackSpace]と入れ替えているので、[Shift]+[元BackSpace]で打てますが、これは「本来のキー」ではないので入れてあります。「¥」「~」は(下駄配列とは関係ありませんが)右手の担当範囲を一つ右にずらした影響などで、「本来のキー」では打てなくなってしまっています。
 「%」「&」「=」あたりはよく使う記号かも知れませんが、非常によく使うというほどではないし、「本来のキー」で打てる記号なので、入れていません。

●『姫踊子草』用設定ファイル(GETA1.09.hmo_kana):GETA1.09.zip
[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-29 20:04 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
体調の悪いときは、自分を抑えて指せるのでかえって良い
 風邪を引きましたよー。台風の影響もあってかここにきて急に冷え込みましたからねー。熱はあまり出てないけど、最初は喉の痛みが、今は鼻水がひどい。まあ、日曜日で良かったです。

 そんな日曜日ですが、おとなしく寝てるのにも飽きたので『タイプウェル』です。あまり熱くならないように、落ち着いてタイピングするようにと心がけた結果……。
e0002687_2092047.gif
e0002687_2010471.gif
e0002687_20103890.gif

 全種目で新記録達成!

 最初から絶好調で、これは行けるなという予感がありました。まず漢字で、新記録を意識して残り数打でミスを連発したにも関わらず、全種目通じて初となるSSレベルを出すと、基本常用語、カタカナ語とあっさり新記録が出る。最後は慣用句・ことわざで一気に3レベルアップで全種目新記録達成。

 将棋の昭和の大名人、大山康晴の言葉に、「体調の悪いときは、自分を抑えて指せるのでかえってよい」というのがありますが、その心境が少し分かった錯覚がしたのでした。

 名言を出すなら、こっちの方があってるかも(^_^;)

「人間ムチャクチャ疲れると、一番楽な動き、つまり一番自然な動きをする。」
 アバン・デ・ジニュアールIII世(『ダイの大冒険』)


※後日談:やはり大山先生は正しかった
[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-25 20:22 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
「BackTab」はやっぱりやめ
 元[半角/全角]を「BackTab」([Shift]+[Tab])にして、[Esc]は中央列最上段にするというのをしばらく使ってみたけれど、やっぱりやめた[Esc]が中央列最上段というのはいまいち。理由は、一つは普通の配列と違いすぎること。共用パソコンで[Esc]を押したいと思ったときに、無意識に人差し指が伸びてしまうのは感じが悪い。
 もう一つ。日本語入力中はいいのだけど、編集中や日本語入力とは関係ない作業をしているときは、指がホームポジション上にあるとは限らないこと。結構キーボードの左端に手を置いていることも多いので、その時に[Esc]が遠すぎる。
 かと言って、元々の[Esc]の位置はさすがにホームポジションから遠すぎるし、元[Esc]は「ウインドウを閉じる」キーにしていて、これがかなり快適で気に入っている。やっぱり、[Esc]は元[全角/半角]の位置がベスト(ちなみに、「ウインドウを閉じる」キーは、元[Esc]と元[Pause]の2つ配置しています)。
 期待の[BackTab]も、確かにフォームを埋めるような作業の時は威力を発揮するけど、それ以外は大して活躍しないようだ。表計算ソフトのセル移動は[←][→]が親指で押せるので[Tab]は使わないし。

 と言うわけで[Esc]は元[半角/全角]の位置に戻す。「BackTab」は、[Space]+[Tab]でも入力できるようにしておきました。

 ということは、相変わらず中央列最上段が空いたままなんだよねえ。なにを配置しようか。今更[英数](「かな英数」)なんていらないし……。
 とりあえず、「ウインドウ切替」([Alt]+[Tab])にしておきました。2つのウインドウを見比べたい時には楽でいいかも? でも、[Alt]+[Tab]はもともとそんなに押しにくくはないし、「ウインドウ切替」だけでは3つ以上のウインドウの切替ができないという欠点がある。まあ、他に欲しいキーが出てきたら入れ替えます。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-25 15:53 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(0)
ロジテックとロジクールの謎
 なぜ、箱には「Logicool」と書いてあるのに、キーボードには「Logitech」というロゴが付いているのか?
 その筋の情報(?)によると、本来の名前は「Logitech」だが、日本ではすでに「ロジテック」という商標が他社により登録されていたため、ロジクールという名前にしたとのこと。

 それでちょっとぐぐってみたら、ちょうどそれについて書いてあるブログの記事がありました。

『大阪の耳はロバの耳』「ロジクールとロジテック」

 この記事読んで分かりました。日本にはロジテックという名前の企業が他にあるんですね。しかもパソコン周辺機器のメーカーで! (関係ないけど、このロジテックはエレコムに買収されています)。

 箱に書いてなくても、キーボード自体に「Logitech」っ書いてあったらやっぱり商標権侵害なんじゃないの? という気もしますが、きっと大丈夫なんでしょう。

ロジテック(Logitech)
ロジクール(Logicool)

ロジテック(Logitec)

 つまり、「ロジテック(Logitech)」はアメリカのパソコン周辺機器メーカー、「ロジクール(Logicool)」は「Logitech」の日本法人、「ロジテック(Logitec)」は「Logitech」とは関係のない日本のパソコン周辺機器メーカー、ということですね。

 ああ、ややこしい。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-21 22:34 | ●その他の話 | Trackback(2) | Comments(0)
ロジテックの一番安い奴っていうキーボード
 キーボードを購入してみたのです。
 LogicoolStandard Keyboard(iK-20WH)。ちまたでは「ロジテックの一番安いやつ」と呼ばれているようです。これって箱には「Logicool」(ロジクール)と書いてあるのだけど、キーボードには「Logitech」ってロゴが付いてるのはなんで?
 特徴は、キータッチが軽いこと。今まで使っていたELECOMUSB Standard Full Keyboard(TK-U09F2LG)より軽い。エレコムのも十分軽いと思っていたけれど、使ってみるとその差は歴然。やっぱりキータッチは軽い方がいいなあ。ストロークは結構深めな感じ。
 残念なのは、[変換]の位置がちょっと左過ぎること。例の右手の担当範囲を右に一つずらす手を使ったとき、右手の親指がちょうど[変換]と[ひらがな]の間に来てしまう。あと半キー右にずれていれば完璧だったのに……。惜しい。
 でもキータッチが軽いというのがかなりの魅力なので、これに慣れるように頑張る。
 パームレストが付属しているけれど、俺的には無い方がいい感じです。

 いいキーボードが手に入ったので、嬉々としてキートップを引っこ抜いて右手の担当範囲の入れ替えを始めたのだけど、[F]、[J]のキートップだけはめ込み口の形が違って入れ替えることができない……ってまたかー!([F]は入れ替えませんが) ELECOMのUSB Standard Full Keyboardでもそうでした。これってはめ込み口の形変える意味あるの? キーを入れ替えて使っている俺への嫌がらせデスカ?
 あと、段ごとにキーの形状が違うので[BackSpace]をホーム段にはめ込んだりすることはできない(正確にはできるけど、キーがでこぼこになる)。まあこれは構わないけど。

※後日談1:「ロジテックとロジクールの謎」
※後日談2:「ロジテックでダイジョーブ」
[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-19 00:28 | ●その他の話 | Trackback | Comments(1)
[英数]は「全戻し」、[BackSpace]は「文節戻し」
 『MS-IME』のキー設定のカスタマイズ画面を眺めていて気がついた。
 初期設定では[半角/全角]が「IME-オン/オフ」にしか使われていないけど、よく考えたら、「IME on/off」って未入力状態でしか使わないよな。入力状態でIMEをオフにしたって入力文字列が破棄されるだけだし。じゃあIME on/offを割り当てているキーは、変換操作時は別の機能に割り当ててもいいわけだ。
 私の場合、「IME on/off」[英数]に割り当てている。押しやすい位置だからよく使う機能を置きたい。さて、何を置こうか。

 そういえば、 [BackSpace]をIME操作では「全戻し」にしていたのだけど、この挙動はちょっと激しすぎるかなという感じがしていた。やっぱり文節ごとに未変換状態に戻って欲しい気がする(「文節戻し」)。
 しかし、タイプミスをしたまま変換したような場合は文節もめちゃくちゃになっていることも多い。こういうときは文節の区切りを手直しして修正するよりも、いったん全部未変換状態に戻して、ミスタイプを修正して、再度変換する方が分かりやすい場合が多い。というわけで、「全戻し」はそれはそれで欲しい機能。[Esc]を「全戻し」にする手もあるけど、[Esc]は変換操作に使うにはちと遠いんだよね。

 と言うわけで、「全戻し」は「IME on/off」と同じキーを兼用することにする。
 [英数]を文字入力中は「全戻し」にし、[BackSpace]「文節戻し」にする。
 私の場合[BackSpace]は右手小指ホームの一つ右([:])なので、右手小指は「文節戻し」、左手小指は「全戻し」と左右対称の感覚になってなかなかいいぞ。

 よく考えたら、今回の内容は『窓使いの憂鬱』とはまったく関係ありませんな(^_^;) まあ繭で「カタカナ後変換」とかを別のキーに割り当てているからこそ「文節戻し」と「全戻し」を別のキーに割り当てる余裕ができたということで。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-18 00:11 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(0)
下駄配列ver.1.08で最速出ました
 『タイプウェル』で、すべてのモードで下駄配列ver.1.08で出した記録が最速になりました(前に最高記録を出したのはver.1.03)。
e0002687_2324722.gif

 当たり前といえば当たり前だけど、慣れればちゃんと速度は戻るもんですね。前に自分で出したタイムだし、配列も改良したのだから前より良いタイムが出るのは当然なんだけど、Sレベルを出すのがやっとという状態の時には、本当に以前はこんなに早く打ってたのかしら、もしかすると改良したつもりが改悪で、昔の速度は出ないようになってしまっているのでは……という嫌な想像もちらほら。正直ほっとしました。

 カタカナ語がここにきての2レベルアップの躍進で、ついに基本常用語とレベルが並んでしまいました。こりゃまずいな。下駄配列だと濁音も同時押し一発で出せるから意外とカタカナ語に強いのかもね。漢字に強いのは相変わらず。慣用句・ことわざはずいぶん離されてしまったなあ。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-15 23:04 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
一番打ちにくいのは右手中指下段
下駄配列変遷記
ver.1.08:一番打ちにくいのは右手中指下段

 変更が低頻度文字1箇所のみという、これ以上はないマイナーチェンジ。


■下駄配列ver.1.08

ぱけこてー ぽんりつづヴ■
はかしとた くういのきBS■
 すせになさ っるをらち■

ぁやえみぃ ぅねそふぇ■■
めれもあよ ろお■■ゆ■■
 ぉぬへほ■ ひむゃゅょ■

゛げごでぴ ■わぞぶ゜■■
ばがじどだ ぐま■■ぎ■■
 ずぜべぼざ びぺ■ぷぢ■

拗音:イ段+ゃゅょ([上段中指or上段薬指or中段小指]+[人差し指])※変更なし
[;R]=りゃ,[;T]=みゃ,[OR]=じゃ,[OT]=ぢゃ,[IR]=しゃ,[IT]=ちゃ
[;F]=りょ,[;G]=みょ,[OF]=じょ,[OG]=ぢょ,[IF]=しょ,[IG]=ちょ
[;V]=りゅ,[;B]=みゅ,[OV]=じゅ,[OB]=ぢゅ,[IV]=しゅ,[IB]=ちゅ

[AU]=にゃ,[AY]=ぴゃ,[WU]=ぎゃ,[WY]=びゃ,[EU]=きゃ,[EY]=ひゃ
[AJ]=にょ,[AH]=ぴょ,[WJ]=ぎょ,[WH]=びょ,[EJ]=きょ,[EH]=ひょ
[AM]=にゅ,[AN]=ぴゅ,[WM]=ぎゅ,[WN]=びゅ,[EM]=きゅ,[EN]=ひゅ

拗音:その他の頻出拗音([人差し指]+[人差し指or下段])※変更なし
[JR]=しぇ,[JT]=じぇ,[FY]=ぢぇ,[FU]=ちぇ,
[JF]=ふぁ,[JG]=ふぃ,[FH]=でゅ,
[JV]=ふぇ,[JB]=ふぉ,[FN]=でぃ,[FM]=てぃ
[JZ]=うぃ,[JX]=うぇ,[JC]=うぉ,[F,]=とぅ,[F.]=どぅ,[F/]=つぁ

拗音:ヴ行[@]+[左手ホーム段])※変更なし
[@A]=ヴァ[@S]=ヴィ[@D]=ヴェ[@F]=ヴォ

同手同時押し(記号)※変更なし
[we]=([er]=![ui]=?[io]=)
[sd]=「[df]=、[fg]=/[hj]=・[jk]=。[kl]=」
[dv]=~[fb]=;[nk]=:[mk]=*
[xc]=@[cv]=,[m,]=.[,.]=¥


1.右手中指下段が一番打ちにくい

「ぷ」を[★,]から[★.]に移動。

 要するに「ぷ」を右手中指下段から右手薬指下段(もともと空き地)に移動しただけ。

 以前、下段は中指より小指の方が打ちやすいと感じることもしばしばと書いたけれど、右手ではそれが顕著に現れる感じがする。右手中指下段は中指の長さが邪魔になって押しにくい。指を立てて爪で押す感じになってしまう。
 今まで、小指より薬指、薬指より中指と思っていたが、下段は例外中指が一番打ちにくいのではないだろうか。

●『姫踊子草』用設定ファイル(GETA1.08.hmo_kana):GETA1.08.zip
[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-14 23:12 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(4)
『タイプウェル』で確実にタイムが上がる方法
 『タイプウェル』をやっていて、ある方法をふと思いついて試してみたら、こんなタイムが出ました。
e0002687_2343812.gif

 いきなり新記録達成! 1位だけでなく、今日になって好記録が続出している点にも注目して下さい。ここ2ヶ月ほど、新記録はおろか、ベスト15に入るタイムさえほとんど出てなかったのにねぇ(※1)。
 こんなに即効性のあるタイムアップ法、それは何か。

 ずばり、画面の解像度を下げる!

 最近は19インチモニタも安くなってきたので画面解像度が1280x1024ピクセルなんて方も多いでしょう。そんなで状態で『タイプウェル』をやると、画面の四分の一程度しか使っていないことになり、とてももったいない。ここは解像度を下げてしまいましょう。
 どれくらいが最適かは人と場合によると思いますので試してみてください。あまり小さくして画面いっぱいに表示させると、視線の移動が大きくなって逆効果な感じもします。私は800x600ピクセルにしています。

 タイピングソフトの場合、通常の文章入力とは異なり、問題文の読み取りという要素があるので、文字が読みやすいことはかなり重要です。普段、濁点(゛)と半濁点(゜)って、結構文脈で判別してません? 「ぷ」「ぶ」、見分けつきますか?
 そういう具体的なことを除いても、文字が小さいとワードを一生懸命読もうとしてタイピングに集中できない感じがします。ワードをぱっと見て読み取れるという感覚はかなり大きい。

 ちなみに画面の解像度を変更する方法は、デスクトップの何もないところで右クリック→プロパティ→設定が一番分かりやすいと思います。
 ただ、毎回となるとこれでも結構面倒かもしれません。簡単に解像度を変更できるフリーソフトがいくつかあるので、それを使うと楽です。私は、『Resolution Manager』を使ってます。

 この方法は誰にでも確実に効果があります。初めてやったときは、その打ちやすさに驚かれるはず。まだ試していない方がいましたら、ぜひやってみて下さい(※2)。

※1 7月後半から8月にかけてというのは、下駄配列ver.1.04からver.1.07まで激しく配列変更していた時期である。その時期も『タイプウェル』はやっていたが、慣れるまでは高速タイピングなど望むべくもない。ver.1.07でようやく安定して速度も戻ってきたのが最近である。よって、今日新記録が出たのはその影響が大きい(^_^;)

※2 もっと早く気づけとか言わないように(^^ゞ

[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-09 23:57 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(6)
[半角/全角]→[BackTab]にしてみる
 『窓使いの憂鬱』の最近の設定その2。

[Esc](元[半角/全角])→[BackTab]
中央列最上段(※1)→[Esc]

 [BackTab][Shift]+[Tab])をどこかのキーに割り当てたいと思っていた。
 入力フォーカスの移動で[BackTab]は[Tab]と並んでよく使う。そのたびに[Shift]+[Tab]なんて押すのは面倒。[Tab]が単打なのに[BackTab]はシフト併用というのも調子がおかしい気がする。
 しかし、なかなかいい場所が空いていない。あまり[Tab]とかけ離れた場所に置くのも変だし、かと言って[Tab]自体を移動させるほどでもないしねえ。
 というわけで、今まで実現しなかった。

 しかし、前回の設定で[Space]+[変換]でカタカナ後変換ができるようになったので、今まで中央列最上段に配置していた[カタカナ後変換]がいらなくなった(※2)。
 この空いた中央列最上段[Esc]を持ってきて、[Esc](元[半角/全角])[BackTab]にしてしまうというのはどうだろう? この位置なられなら[Tab]と近いので分かりやすいし、[Alt]+[BackTab]も押しやすい。

 [Esc]のような重要なキーを移動するというのは多少抵抗があったが、よく考えてみれば今の[Esc]のだってデフォルトの位置ではない
 こんなキーボードの真ん中に持ってきてミスタイプしないかという心配もあるが、それを言ったら[半角/全角]の位置だって[1]を押すときにミスタイプする危険のある位置だし、今まで間違って中央列最上段を打ったことなどないので問題ないと判断。

 と言うわけでこの配置でしばらくいってみます。

※1 筆者は右手担当範囲を一列右にずらしているので、中央に文字が配置されないキーが一列でき、ここに機能キーを配置しています。
 具体的にはキーマップ(2005年7月)を参照。


※2 [カタカナ後変換]は「かな英数」も兼ねていたのだけど、英数モードで入力するものがないのでほとんど使ってない。
 半角英数ならIMEをoffにして入力する。全角アルファベットの大文字は[Shift]を押しながらでいいし、全角記号は同手シフトや最上段の[Shift]で十分。
 結局英数モードにしないと入力できないものは全角アルファベットの小文字しかない。全角アルファベットの小文字なんてまったくと言っていいほど使わないし、使うことになったら[F9]あたりで変換すればいいや。


※後日談
「BackTab」はやっぱりやめ
[PR]
by koutarou_13 | 2005-09-05 00:31 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(2)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧