Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
[スペース]+[Enter]のカタカナ後変換を廃止
 以前……

[スペース]+[Enter](元[変換])で[F7](カタカナ後変換)
[Enter](元[変換])+[スペース]で[F6](ひらがな後変換)

 ……という設定でやっていたけれど、これはやめた。
 理由は、『窓使いの憂鬱』で[英数]を[英数&Ctrl]にしているのだから、初期設定の操作である[Ctrl]+[U]で「ひらがな後変換」、[Ctrl]+[I]で「カタカナ後変換」(『MS-IME』でも『ATOK』でも)でも十分押しやすいことに気がついたから。
 それならこの操作に慣れておいた方が、他のパソコンでも使えるので良いかな、と。

 蛇足ですが、この理由がなくても[Enter](元[変換])+[スペース]の「ひらがな後変換」の方は廃止する方向で考えてました。
 理由は、結構カタカナ後変換と混同するから。[スペース]を押してから「あ、先に[変換]を押すんだった」ということが時々ある。シフト同士を別の順番で押すことによって機能を変えるのはちょっと無理があるのかも知れないです。

 ちなみに、もっと前からひらがな後変換は[Shift]+[Enter](元[変換])にも割り当てていまして、これは継続します。
 というのは、この操作は「再変換」と同じだから(※1)。これだと、入力済みの漢字をひらがなに戻したいときに、その文字を範囲指定して、[Shift]を押しながら[Enter](元[変換])をぽんぽんと2回押すだけで済むので。

※1 再変換の操作は、初期設定では『MS-IME』では[変換]、『ATOK』では[Shitf]+[変換]。
 私は、[変換]を押しただけで再変換がかかってしまうのがどうも馴染めなくて、『MS-IME』を使っていた頃から『ATOK』風の設定にしていました。
 [変換]を[Enter]にしてからは、使うキーが同じで済むように(というか、もうキーボード上に[変換]というキーはないし)[Shift]+[Enter]にしています。


余談1
 下駄配列はまたも配列変更モードに入っています。今回は枝葉の変更じゃないかも? と言うわけでタイプウェルの記録はまったく更新してません。

余談2
 エキサイトブログのサーバーの定期メンテナンスがあるそうです。

期日:2005年11月16日(水曜日)
時間:2:00AM~7:00AM(最長5時間)
内容:サーバーの定期メンテナンス

 予定通り終わるといいですね(^_^;)
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-31 00:29 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(0)
記号シフトの配置を変えてみた
 [スペース]と[Enter](元[変換])+[何か]で記号入力というのを今までやっていて、これはなかなか活躍してくれているのだけど、使っているうちによく使う記号とそうでない記号がはっきりしてきた
 「『」「』」「…」「※」なんかはよく使う。「■」「◆」「☆」なんかも相変わらずよく使う。
 一方、数学記号はほとんど使わない。特に「÷」は使う機会がない(たいてい半角で「/」と入力するから)。「×」は「掛ける」としてではなく、「ばつ」としてよく使う。
 「[」「]」はよく使うけれど、英字入力モードで下駄配列の同手同時押しで記号入力できる『姫踊子草』設定ファイルを使うと、IME offにして[SD][KL]で入力できるので、あえて記号シフトに配置する必要が無くなった。

 右手ホームを中心にテンキー的に数字を配置していたのだけど(右手ホームテンキー)、『ATOK』を使うようになって、テンキー入力はモードに関わらず確定文字で入力するようになった。そうなると数字とともによく使う記号もモードに関わらず確定文字で入力したい。テンキーに乗っている記号はすべて右手ホームテンキーで入力できた方がいいな、と(特に「-」と「/」)。

 というわけで、以下のように変更してみました。

『窓使いの憂鬱』の&ClipboardCopyを記号入力に使う。ver.2.00

 右手の3段はすべてテンキー入力。入力モードにかかわらず直接入力で入力されます(『ATOK』でそう設定すれば)。[@]が余ってしまったので、電卓でよくある「00」にしてみた。使うかなあ?

 あまり使わない記号は右手上段に押し込め、左手はよく使う記号を配置。白を最上段、黒を上段に配置して見た目にも分かりやすいようにしたつもり。

 カーソルキーでの矢印記号入力テンキーでの罫線記号入力はとても使いやすくて重宝しています。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-23 14:10 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(0)
英字入力モードで下駄配列の同手同時押しで記号入力できる『姫踊子草』設定ファイル
 下駄配列では同手同時押しで記号を入力できるのだけど、かな入力モード以外では通常通りのキーで打つことになっていました。
 でも元のキーで打ちにくいからこそ配列に取り込んだという面もあるし、操作の統一という面からも、かな入力モード以外でも同じ操作で記号を入力できた方がいいかも知れない。

 というわけで、下駄配列の記号入力をかな入力モード以外でも使える用にする『姫踊子草』用設定ファイルを作ってみました。
 もともと英数入力時は同手同時押しなんて使わないのだから、あっても邪魔ではないはず。
 俺的には[]が同手同時押しで出せるのが結構嬉しかったりする。

●英字入力モードで下駄配列の同手同時押しで記号入力できる『姫踊子草』設定ファイル(GETAeiji.hmo_eisu):GETAeiji.zip

 このファイルを「姫踊子草の設定」→「配列」の「英字配列」でファイル選択で指定して、左のチェックボックスにチェックを入れて「CtrlやAltが押されている間は英字変換を行わない」にチェックを入れて(これ入れないと[Ctrl]+[C]とかがうまく動かない)下さい。

 ついでに、中指シフトをかな入力モード以外でも使えるようにしてあります。対象キー+反対の手の中指か薬指でシフト側の文字が入力できる。ただ、これはロールオーバーで打つ際には邪魔になる可能性もあるので結構微妙。とりあえず私の場合は特に問題は出ていませんが。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-20 13:28 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
右手一列シフトを使う七つの理由
 このブログでも何回か書いているように、私のキーボードは右手の担当範囲を一列右にずらしてあります(「右手一列シフト」)。
e0002687_227128.gif

 もともとの目的は親指シフト(NICOLA)を使っていたときに[変換]を右手親指の位置に合わせるためでしたが、やってみると右手一列シフトには他にもメリットがいくつもあることが分かり、親指シフトから離れたあとでも継続しています。今では右手一列シフトなしのキーカスタマイズは考えられないというくらい。
 右手一列シフトにはどんなメリットがあるのでしょうか。

1.[変換]が右手親指で押しやすくなる
 これは親指シフト以外でも大きなメリット。これで左手親指で[スペース][無変換]、右手親指で[変換][ひらがな]を担当するようになり、親指の機動力が十二分に生かせる態勢が固まる。
 [変換]に担当させる機能だが、左右の親指で「漢字変換」→「変換確定」の流れを作るのが良いと思う。私は単純に[変換]を[Enter]に置き換えている。[Enter]にするのは不安がある場合は、IMEのキーカスタマイズで「変換確定」にしたり、[変換]の方に文字通り「漢字変換」を担当させ[スペース]の方を「変換確定」にするなどの手もある。

2.[Enter]が近くなる
 [Enter]は変換確定や改行など日本語入力中でもよく使うキーなのにへんぴな場所にある。いくら大きくても右手小指の3つ外側というのは遠すぎる。ホームポジションが崩れる原因の一つ
 右手一列シフトにすれば、小指ホームから[:]を一つ挟んで隣が[Enter]になる。これなら十分小指から届く位置になる。

3.[右Shift]が近くなる
 右手一列シフトにすると[右Shift]も近くなる。[Shift]は左しか使っていないという人も多いかも知れないが、やはり[Shift]は反対の手で押した方が押しやすいと思う。[右Shift]を使わないのは、[Shift]は一つで十分だからではなく、[右Shift]の位置が悪いからではないか? これだけ近くなれば、[右Shift]も快適に使える。
 それでも[Shift]は一つでいいという人にとっても、それなら[右Shift]に別の機能を割り当てるという選択ができる。これはこれで大きなメリットだろう。[Delete]を割り当てるなどの手がある。

※[BackSpace]も近くなるのですが、これはそれほど近くなるわけではないし、キーボードをカスタマイズしようと思うなら、[BackSpace]自体をもっと押しやすい位置に移動する事をおすすめします。というわけでメリットには挙げません。

4.右手小指の負担が減る
 右手小指の二つ外側まで文字キーがあるというのは右手小指の負担が重すぎる。なんで短くて弱い小指にこんな広い範囲を担当させるのだろう。
 右手一列シフトにすれば、右手小指の外側だったキーが人差し指(左右どちらでもよい)の担当になり、指の負担のバランスが良くなるJISかな入力など、キーボードをフルに使う配列にも有効なのではないのだろうか。「かにホーム」と異なり、英字配列との互換性が保たれるというメリットもある。

5.中央列を機能キーとして使える
 右手一列シフトにすると中央の縦一列に使わないキーができる。ここに何を配置するか。単純に元右端列のキー([\]、[[]、[]]、[_])をそのまま持ってきても良いが、もともと元右端列はそんなに使わなかったというのなら機能キーに置き換えてしまう手もある。
 私は上から順番に「窓切替」([Alt]+[Tab])、[↑]、[↓]、[Delete]にしている。これらのキーをホームポジションから離れずに単打で押せるのは嬉しい。
 元右端列のキーは、私は右下の[右Alt]、[右Windows]、[Application]、[右Ctrl]をつぶして割り当てている。他に、別のキー(例えばテンキー)のシフト側などに取り込む、こんな使用頻度の低い記号は変換で出せればいいと割り切る、などの手もある。

6.[:]→[BackSpace]の位置が自然になる
 これは NICOLA式の[:]→[BackSpace]を使っている人限定。
 この[BackSpace]の位置は操作性は良いのだが、文字キーの領域に突然機能キーが配置されている格好となり、やや不自然な感じがする嫌いがある。
 右一列シフトにすれば、[:]がちょうど[Enter]の隣に従えられて置かれる格好となる。これなら機能キーが置かれてもそれほど不自然な感じはしなくなり、見た目にも分かりやすい。

7.対応が簡単
 右手一列シフトのすごいところは、これだけ多くのメリットがありながら、対応するための努力がほとんどいらないことだ。ホームポジションをずらすなんてさぞ慣れるまでが大変だろうと思うかも知れないが、実際のところ違和感はまったくない。右手一列シフトにしたその日からすぐに使える。
 また、右手一列シフトに慣れたあとで普通のキーボードを触っても問題なく使える。

 こんなに多くのメリットがある右手一列シフト。あなたも今日から使いませんか?

 右手一列シフトを実現する方法ですが、もちろんキーカスタマイズソフトを使います。キーを入れ替えるだけでいいなら『KeySwap for XP』が駐在しないので良いと思います。もうちょっとカスタマイズがしたいなら『猫まねき』、少し難しいですが『窓使いの憂鬱』なら相当自由なカスタマイズができます。
 他にもキーカスタマイズソフトはたくさんあるので、気に入るものを使ってください。

『Vector』「ダウンロード > Windows > ユーティリティ > 操作関係 > キーボード用ユーティリティ」

 フリーソフトを使う際は、readme.txtなどソフトの説明をよく読んで、自己責任で使用してください。



 右手一列シフトのデメリットも挙げると……。

1.[スペース]を右手親指で押すことができない
 左右の親指で担当キーを分けるのが目的なんだからこれは仕方がない。今まで[スペース]を右手親指で押していた人にとっては慣れが必要です。

2.タイピングの最適化に支障が出る
 右手一列シフトをすると、[Y]や[B]などを打つのに左右の手を使い分けるという技ができなくなってしまいます。とにかく文字キーを早く打ちたいという高速タイパーにとっては厳しいかも知れない。

※「最適化」:本来担当する指以外の指でキーを打つこと。
 詳しくは『GROW LAND』「タイピング講座」をご覧下さい。


3.キートップを[F]と[J]だけ入れ替えることができない事がある
 右手一列シフトを使うと、当然ながらキーボードのキーに刻印されている文字と実際に入力できる文字が食い違ってきます。そのままだと使いにくいと思うので、キートップを引っこ抜いて入れ替えることをおすすめします。キートップは上に引っ張れば抜けますし、抜きにくかったらマイナスドライバーでも差し込むと楽に抜けます。
 が、ここで一つ問題が。キートップのうち[F]と[J]だけ差し込み口の形状が異なっていて入れ替えることができないキーボードが多いのです。例えば、LogicoolStandard Keyboard(iK-20WH)(いわゆる「ロジテックの一番安いやつ」)、ELECOMUSB Standard Full Keyboard(TK-U09F2LG)がそうでした。
 このキーはキートップにホームポジションを示す突起が付いていますから、ことさら重要です。
 対策ですが、私は100円ショップで売っているシールを細長く切って、2、3枚重ねて貼って突起を作ってます。すぐはがれるかと思ったけど、結構大丈夫です。逆に元[J]の方にはシールを一枚貼って突起が目立たないようにしています。
 また、キーボードによってはキートップの入れ替え自体が難しい場合もあります(ノートパソコンとか)。そういう場合は各キーごとにシールを貼れば良いでしょう。



※関連記事
「俺的キーカスタマイズまとめ:その2 右手一列シフト」
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-16 13:50 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(4)
やはり大山先生は正しかった
 最近の『タイプウェル』の成績。
e0002687_016058.gif
e0002687_016922.gif

 新記録が出ねえ○| ̄|_

 わずかに基本常用語で地味に更新したのみ。他の3種目は「体調の悪いときは、自分を抑えて指せるのでかえって良い」で4種目全部記録更新したときの記録のまま。慣用句・ことわざなんていまだに1位2位が3レベル差だもんなあ、とほほ……。
 あと一歩でGeniusというところで足踏み状態。やはり大山康晴先生の言葉は正しかった。Geniusになるにはもう一度風邪を引かないとダメかも……。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-14 00:22 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
下駄配列画像
 こんなものを作ってみました。
e0002687_1513832.gif

 ちょっとカラフル過ぎますかね?
 もちろん下駄配列ver.1.09のものです(この部分の配列はver.1.08と同じですが)。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-10 12:59 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
姫踊子草で[:]を[BackSpace]にする設定ファイル
 私は、日本語入力中のみのキーの入れ替えは『姫踊子草』、キー自体の入れ替えは『窓使いの憂鬱』を使うことにしています。『姫踊子草』だと機能キーの入れ替えはできない部分があるし、一方日本語入力の配置の入れ替えには、やはり『窓使いの憂鬱』より『姫踊子草』の方が便利(というか、下駄配列が繭で実装可能かどうかもよく分からない(^_^;))(*1)。

 しかし、どちらもキーカスタマイズソフトであるのだから、二つのソフトを使わなければならないのは変だという感じもします。
 特に、下駄配列では[:]を[BackSpace]することを想定しているので(そうでなければ[:]を空ける甲斐がない)、この部分だけは『姫踊子草』だけで設定できた方が便利かも知れない。

 というわけで、[:]を[BackSpace]に、[BackSpace]を[:]する『姫踊子草』用設定ファイルを作ってみました。

●[:]を[BackSpace]にする『姫踊子草』用設定ファイル(GETAkinou.hmo_kinou):GETAkinou.zip

 このファイルを「姫踊子草の設定」→「配列」の「機能キー配列」でファイル選択で指定して、左のチェックボックスにチェックを入れて下さい。
 このファイルには他にもいくつか機能キーを入れ替える設定が書かれていますが、最初の状態では[:]→[BackSpace]、[BackSpace]→[:]しか有効になっていません。他の設定を使いたい場合は、このファイルをテキストエディタ(『メモ帳』など)で開いて、使いたい設定が書かれた行(●の次の行)の先頭の「'」を削除して下さい。

■注意!:『姫踊子草』は『窓使いの憂鬱』のREADMEに、「(『窓使いの憂鬱』と)同時には使わないようにしてください」と書かれてるソフトの一つです。筆者の環境では不具合は出ていませんが、使用は自己責任でお願いします)

※1 その後、『窓使いの憂鬱』でも下駄配列を実装できることが判明。「『窓使いの憂鬱』で下駄配列を実装」を参照。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-09 16:56 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
ATOK2005で「変換取り消し後のカーソル位置を保持する」
 唐突にATOKの記事のコメントでいい設定を教えていただいたので紹介。

●変換取り消し後のカーソル位置を保持する
 「プロパティ」→「入力・変換」タブ→「入力補助」→「特殊」で「変換取り消し後のカーソル位置を保持する」にチェックを入れる。

 これだといくつかの文節を含む変換をしたときに、「文節移動」→「変換取消」という操作をしても、カーソルが文節近くに留まってくれる。少なくとも『MS-IME』からの移行した人ならこの設定の方が扱いやすいと思います。



 でも、この設定があってもなお「文節戻し」(注目文節のみを未変換状態に戻す)と「全戻し」(未確定の文節はすべて未変換状態に戻す。『ATOK』では「変換取消」)は分けて欲しいなあと思います。

 まず前提として、私は「最近のIMEは前後の繋がりを考えて変換するので、ある程度長く入力して一気に変換した方が変換精度が良い」という説を信じています。
 そうすると一回の変換に複数の文節が含まれている場合が多くなりますが、そうなると「全戻し」しかないと困った事態がいくつかあるのです。

1.長く入力して変換して、その入力の最初の方にタイプミスがあった場合。
 タイプミスした箇所にカーソルを持って行くには、[BackSpace](「全戻し」)を押した後、何回も[←](カーソル移動)を押さないといけない([Ctrl]+[←]とか使えば少しましですが)。
 それなら、先に「文節移動」して、修正したい箇所にきてから「文節戻し」でその文節だけ未変換状態にできれば、キーを押す回数はずいぶん少なくて済むでしょう。

 しかしこの問題は、今紹介した設定をすれば完全に解消されます

2.複数の文節のうち、一部の文節にタイプミスがあったが、他は正しく変換されている場合。
 「全戻し」しか無いと正しく変換されている部分もいったん未変換状態に戻されてしまいます。タイプミスを修正した後再度変換するわけですが、「前後の繋がりを考えて変換する」のなら一部でも文字が修正されたら再び同じ変換をしてくれる保証はないのです。正しく変換されているどうかもう一度チェックしないといけない。それならタイプミスした部分だけ未変換状態に戻せた方がいいじゃないか、と思うのです。
 とは言え、文節が正しい場合は一部のタイプミスを修正したくらいで変換結果が変わったという記憶はほとんどありません。だから、結局……

3.正しく変換されたものを未変換状態に戻すというのが心理的に抵抗がある。
 この要因がかなり大きいのだと思います。

 機能としては自然だと思うし、『MS-IME』だと初期設定で[BackSpace]が「文節戻し」になっているので使っている人は多いと思うのだけど。ぜひとも『ATOK』でも「文節戻し」ができるようにして欲しいです。

※追記
 『ATOK』の「変換取消」は、すべての文節を未変換状態に戻すのではなくて(それは「全変換取消」)、カーソルのある文節以降を未変換状態に戻すようだ。それができるんだったら「文節戻し」ができてもいいのに、と思う。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-05 23:31 | ●素敵なATOK(IME関連) | Trackback | Comments(1)
ロジテックでダイジョーブ
 少し前に買った「ロジテックの一番安いやつ」のキーボードの[変換]の位置が少し左過ぎて指が合わない問題ですが、慣れたら早くも大丈夫になりました。右手の担当範囲を一列右にずらした状態でも、きちんと右手親指で[変換]を押せます。違和感もない。
 しばらく使ってみたけれど、やっぱりこのキーボードは良い。キーが軽いのは魅力だし、あと親指担当のキーが少し手前を向いていて押しやすいのも意外とポイント高い。キーの角が親指に当たる感覚が無い。

 と言うわけで、右手の担当範囲を一つ右にずらしていて、[変換]をばりばり使うカスタマイズをしていて、[変換]の位置が少し左過ぎるという以前の記事を見て、このキーボードの購入をためらわれている方がいましたら、その必要はないと言っておきます。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-02 22:43 | ●その他の話 | Trackback | Comments(0)
唐突にATOK
 唐突ですが『ATOK 2005』買いました。Professionalではありません。ただの『ATOK 2005』です。かなり時機を逸している感があります……

 変換精度については『ATOK』の方が(『MS-IME』と比べて)特に優れているという感じはしないのだけど、『ATOK』の方が面白い。敬語の表現、助詞の連続、二重否定など言葉だけでなく文章の表現にも踏み込んで指摘してくれるので、いろんな間違った表現に気づかさせてくれる。例えば、今入力した「気づかさせてくれる」はさ入れ表現で誤りだとぱっと出た。
 その他思ったことをつらつらと。

■『ATOK 2005』のいいところ

●なんといっても省入力変換。
 これは素晴らしい。最高。
●推測変換もかなりいい。
 推測変換確定が[Ctrl]+[Enter]になっているのが、自分のカスタマイズ[英数]→[Ctrl]、[変換]→[Enter]と奇跡的にマッチしていてものすごく使いやすい。
●ひらがな入力モードでもテンキーで直接入力で数字が打てる。
 半角で打つのは『MS-IME』でもできるけど、直接入力では打てない。テンキーを打った場合は確実に直接入力で打てるというのは安定感があっていい。
●キーカスタマイズの画面が見やすい。
 広げる事ができるし、機能別に並べ替えることもできる。『MS-IME』のウインドウは狭すぎ。
●確定アンドゥ(確定した直後に[Ctrl]+[BackSpace])がうまく働く。
 『MS-IME』+『姫踊子草』の環境では(?)なぜか確定アンドゥがうまく働かなかった(元の文字列が残ったままになってしまう)。これで変換をミスっても安心(?)。

■『ATOK 2005』の残念なところ

●「文節戻し」がない(?)。
 これ本当に無いんですか? せっかく「文節戻し」と「全戻し」を分離して使いやすくなっていたところだったのに。
●ユーザー辞書の並べ替えがしにくい。コメントが付けにくい。
 『MS-IME』では「単語/用例の登録」でユーザーコメントが付けられるし、「辞書ツール」でユーザーコメントで並び替えができた。私はこれを使ってユーザーコメントにその単語のジャンル名を付けて(「将棋用語」とか)どういう単語を登録してたか確認してたのだけど、これがかなりやりにくくなった。
●単語登録のウインドウを出すと元のウインドウが操作ができない。
 同じ文章中の単語をいくつか辞書登録したいというときに大変面倒。『MS-IME』では操作できるのに。
●文節区切り直し中に文節を移動することができない。
 文節を直した後はひらがなのままでいいことも多いので、そのまま文節移動できた方が嬉しい。
●候補選択ウインドウで英字キー([A][S][D][F][G][H][J][K][L][Z])で選択できるのはかなり良さそうなので使ってみたけど、『姫踊子草』で入力方式を変えている状態だとうまく動かないみたいで残念。
●表示色カスタマイズで、下線を1種類しか選択できない。
 今までで表示色を『MS-IME』+『ATOK』のような感じにしていたので。やっぱり未変換文節の下は点線にしたいなあ。

 『ATOK』を使うのは久々なので(前に使っていたのは確かver.12)もうちょっとどういう事ができるのか勉強しようと思います。

※関連記事:「ATOK2005で「変換取り消し後のカーソル位置を保持する」」
※関連記事:「『ATOK』の良いところと残念なところ」
[PR]
by koutarou_13 | 2005-10-02 18:24 | ●素敵なATOK(IME関連) | Trackback | Comments(3)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧