Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
下駄配列完成宣言
 2005年も残すところあとわずかとなりました。
 だからと言うわけではないですが、ここらで下駄配列の配列変更は打ち止めにしようと思います。下駄配列はver.1.11で完成とします。もう変更はしません。

 理由は、ver.1.11にもう不満がないということ。下駄配列を作り始めてはや半年、思いつく変更はもうしつくした感じで、どこを変更しても良くなる部分よりかえって悪くなる部分が多くなる。
 実用上でも、『タイプウェル国語K』では当初は夢の記録だったGeniusに到達したし、『タイプウェルFT』ではCかBが出るし、自分が頭の中で考えた文章を打っていても、一番速く楽に打てていると思う(JISかな時代を含めても)し、もう十分。
 もうこの配列をちょっと入れ替えて大幅に良くすることは難しいと思うのです。
 少しの改善ならまだできるかもしれませんが、もうver.1.11を使い始めて1カ月以上経ち、この配列にかなり慣れてしまっているので、少しの改善でのために配列を変更するのは、メリットと釣り合うかどうか。

 大きな変更すれば大きな改善もできるかも知れません。文字キー同時打鍵という入力方法にはまだもっと良くなる可能性があると思います。
 しかし、私自身は現在は下駄配列ver.1.11で満足しているので、それをやるかどうか分かりませんし、少なくともすぐにやる気はありません。もしやったとしたら、それはもう「下駄配列」ではなく、新たに別の名前を付けることになると思うのです。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-31 23:00 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(2)
タイプウェル、Xレベル突入
 『タイプウェル国語K』の現在の成績。まずは総合成績。
e0002687_23193423.gif
 もう限界かと思いつつもちょくちょくと新記録が出てます。最近、基本常用語で記録を更新してXレベルに突入。この基本常用語は会心のタイピングだった。さすがにこれが限界?

 もう一つ最近の傾向。
e0002687_2319437.gif

 私の場合、多少ゆっくり打っているような感じがしても、ミスが少ない方が結局は速く打てることが多い(プレッシャーで固くならない限りは!)
 というわけでミスを少なくするように心がけた結果(心がけないとつい熱くなってがーっといっちゃう(^_^;))、ミス3回以内の記録が出揃ってきた。いままではミス3回なんて打ち切れるだけで大喜びだったのにね。基本常用語と漢字はベスト15でミス一桁の記録が半分以上を占めるような状態になってきた。
 今後記録が伸びるとすれば、ミスタイプを減らすという方向からかもしれない。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-28 23:17 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
コルクテープを貼って親指キーの高さと大きさを変えよう
 通常のキーボードをエミュレーターを使用して親指シフトキーボード化する場合、パッドなどを貼って親指キーを高くすると入力しやすくなることは知られています。私も以前NICOLAを使っていたときは、いらなくなったマウスパッドをはさみで切って両面テープで[スペース]と[変換]に貼り付けていました(かなり安物だったので、端からぼろぼろ崩れてきた……)。
 親指キーに貼る素材は、固い物を貼ると結構角が立って親指が痛くなるので注意が必要です。『START's HOMEPAGE』「夢中レポート:親指シフト(11) 親指シフトキー改善パッド」で適当な物がいくつか紹介されています。それ用の商品もあったりします(『ShopU』「親指キーパッドClear」)。

 で、親指担当のキーの高くするのって、親指シフトに限らずどんな配列でやっても効果あるんじゃねーの? と突然思った。
 親指シフト以外なら親指同時打鍵はないけど、NICOLAだってシフトの半分(?)はクロスシフトなわけで、クロスシフトは同じ手の同時打鍵ではない。親指を押している方の手の動きだけを見れば、単に親指でキーを押しているのと同じことでしょう。それでも入力しやすくなるんだから。

 どんな配列でも、親指シフトほどではないにしても、親指担当のキーは使うでしょう。漢字変換は日本語入力において最もよく使う操作。私の場合、[変換]は[Enter]に、[無変換][ひらがな]は[←][→]にそれぞれ置き換えているのでなおさら使います。

 で、親指キーに貼るのにいい素材を探しに近くの100円ショップ(ダイソー)へ行ったら、コルクテープなる物を発見。うーん、これはいいんでない?
 さっそく購入し、[スペース]と[変換]、それに[無変換]と[ひらがな]に貼り付けてみました。
 幅1.5cmのものを買ったらちょうどキーの大きさに合っていて良かった。厚さは1mmですが、少し物足りない感じがしたので2枚重ねて貼りました。

 ……いい感じです。親指をキーボードに押し付ける感触がなくなり、親指をサッと少し動かすだけで入力できる感じです。素材も適度に柔らかくて親指にやさしい。

 キーにコルクテープを貼るメリットはるもう一つメリットがあって、それはキーの大きさをちょっとだけ大きくすることができるということ。キーから少しはみ出るようにコルクテープを貼ればOK。だいたいキーとキーの間は十分すぎる隙間が空いているので、この隙間が多少狭くなっても問題ありません(隣のキーには少し小さめに貼るといいかも知れません)。コルクテープがはみ出たキーのない部分を叩いても、ちゃんとキーを押してくれます。
 今使っているキーボード(ロジテックの一番安いやつ)は右手一列シフト使うと[変換]の位置が少し左過ぎたんですが、この方法で[変換]を右に広げたら、キーの角を叩いてしまうことが無くなって大満足。

 あなたのキーボードにも親指担当のキーにコルクテープを貼ってみませんか?、親指シフターに限らず、すべての方におすすめの方法です。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-26 01:26 | ●その他の話 | Trackback(1) | Comments(0)
『ATOK』の良いところと残念なところ
 前に『ATOK』の良いところと残念なところを書いたけれど、『ATOK 2005』を使い始めてある程度経って慣れてきたので、それを再び。あと気がついた点などのメモを少し。

■『ATOK』の良いところ

●全候補表示中に[Ctrl]+[PageDown]で先頭文字並び替え、[Ctrl]+[PageUp]で末尾文字並び替えができる
 人名を探すときに非常に便利。『MS-IME』でも先頭文字並び替えはできるけれど([Application]→[S])末尾文字で並び替えることはできない。

●変換中に[PageUp]で末尾1字確定、[PageDown]で先頭1字確定ができる
 人名や読み方の分からない漢字などで熟語から1字選択して入力したい場合に便利。

■『ATOK』の残念なところ

●「ところ」「とき」などが漢字に変換できないことがある
 例えば以下の文章。

「保育園で運動会などの写真を撮らなくなった所もある。」(12/02読売社説)
「今こそ2大政党化時代の対立軸を示すために汗をかく時だ。」(12/14毎日社説)

 これを変換しようとすると、文末の「とらなくなったところもある。」「かくときだ。」が一つの文節になり、変換候補をいくらめくっても「ところ」「とき」が漢字になる候補が挙がってこない。
 他にも「~など」「~のような」「~こと」などで似たようなことがときどきある。
 これらは漢字にしない方が正しいのかも知れないが、実際に新聞の社説で漢字で表記されているし、私の感覚でも「ところ」は漢字にしたい気がする(「とき」はひらがなかな……)。変換候補には挙がってきてほしい。

●閉じかっこで自動変換できない
 句読点などで自動的に変換する機能(『MS-IME』にも『ATOK』にもある)を最近使い始めた。最初は違和感があったけれど、慣れると意外と大丈夫。
 しかし『ATOK』では「、」「。」「!」「?」では自動変換できるけれど、「」」「)」で自動変換する機能がない。
 私は閉じかっこの直前の句点は省略するので、閉じかっこには句点の代わりという意味がある。句点で自動変換できるなら閉じかっこでも自動変換できてほしいと思う。

●全角ピリオド(「.」)、全角カンマ(「,」)を変換すると一回目の変換でいきなり句読点(「。」「、」)になる
 下駄配列では、せっかく「。」「、」と「.」「,」を打ち分けられるようにしているのに……。こっちは意図的に「.」「,」を入力しているのだから、一回目の変換ではそのままにしてほしい。
 下駄配列は特殊すぎるとしても、全角英数モードで「.」「,」を入力することはあるでしょう。それが一回目の変換で「。」「、」に変換されてしまうのはやっぱりおかしいのでは?

●ローマ字カスタマイズの画面が見にくい
 明らかに『MS-IME』の画面の方が一覧性が高く見やすい。『ATOK』の画面だと使おうという気が失せる。せっかくカスタマイズできる範囲は『ATOK』の方が優れているのに、もったいない。

●キーカスタマイズの意味が分かりにくい
 キーカスタマイズは設定名だけだと具体的にどんな挙動になるのか分かりにくい。『MS-IME』だと「プレビュー」で挙動を示してくれる。『ATOK』でもこれがあればいいのに。(『MS-IME』で同じ設定名なのに違う挙動のものがあるのはぼけなすだと思いますが)

■メモ
・[F2]で難しい漢字、難しい人名の変換。
・[F3]で郵便番号変換。「プロパティ」→「入力・変換」→「入力支援」→「長音・句読点の自動置換」→「「ー」→「-」」をONにしないと7桁の郵便番号変換がうまく動かない。
・[F4]でカタカナ語英語、顔文字、記号変換。
・何でもかんでも標準辞書セットに放り込むとかえって使いにくくなる。ちゃんと[F2]~[F4]……を使い分けた方がいい。

・変換中に[Ctrl]+[Delete]で単語削除(通常の候補もも省入力候補も)。明らかに使わなくなった候補を見つけたら削除。

・[Ctrl]+[F7]で単語登録。スタイルが「MS-IME」だと初期設定では設定されていない。
・範囲指定して[Ctrl]+[F7]で、その単語の単語登録。
・全候補表示中に[Ctrl]+[F7]でその読みの単語登録。

・[Shift]+[F6]で「部首変換」(あまり使わないかも……)。

・確定リピート([Ctrl]+[F8]で最近確定した単語の中から選択)があるけれど、省入力変換があるのでちょっと目立たないな。

・[Ctrl]+[F9]で入力モード切替メニュー。たまに半角カタカナで入力したいときなどに。

・「プロパティ」→「入力・変換」→「半角全角変換」はすべてOFFにした。この方が[Shift]+[文字キー]のアルファベット入力が前回の変換結果にかかわらず常に半角で入力されるので、分かりやすい。

 あと、何度も書くけど、『ATOK』のいいところは何と言っても省入力変換と推測変換。『タイプウェルFT』の社説打ちで、最初はタイプウェルレベルでFかEだったのが、最近はCかBが出せるようになったのは、間違いなく省入力変換と推測変換に慣れたからです。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-23 17:17 | ●素敵なATOK(IME関連) | Trackback | Comments(0)
音楽・動画系のソフトの操作を統一
 『窓使いの憂鬱』の「iv. 特定のウインドウのみでキー割り当てを変更してみる」を使ったネタ。

 音楽や動画をのんびり聞いたり見たりしているのに、ちょっとした操作をするのにマウスをもってメニューをうろうろするっていうのは気分が良くない。
 だいたいの音楽・動画系のソフトは、よく使う機能はショートカットキー一発で操作できるようになっているので、それで操作したいところです。

 ところが、このショートカットを覚えるのが結構大変です。一つのソフトだけ使うのならまだ覚えられるのかも知れないけど、結局いろいろ使わないといけなくなるんですよ。
 私は基本的に音楽は『KbMedia Player』、動画は『Media Player Classic』を使っているけれど、強制的に『Windows Media Player10』を開かせるサイトも多いし、『RealPlayer』じゃないと見れないファイルもあるし、Flashの再生にはやはり『SAFlashPlayer』が良い。
 たまにしか使わないソフトだとショートカットを覚えられないし、それを覚えようとすると今度はよく使うソフトのショートカットの方と混同したりして大変なことに。

 そこで、『窓使いの憂鬱』でこれらのショートカットの操作を統一してみました。使うキーはファンクションキーの12キー。
 基本的な操作割当は以下の通り。

F1:再生
F2
F3:停止
F4:一時停止
F5
F6:リストの前の曲を再生
F7:リストの次の曲を再生
F8:現在のファイルを繰り返し再生
F9:リスト順に再生
F10:ランダムに再生
F11
F12:フルスクリーン

 F2とF5が空いているのは、『KbMedia Player』で「全て未再生にする」と「最新の情報に更新」に割り当てられているため。
 これならあまり使わないソフトでも簡単に操作できるし、本来ショートカットがない操作でもメニューから選択できるものであればキー一つで使えるというメリットもあって一石二鳥。
 で、統一されたとはいえこの操作を覚えるのも結構大変なので、例によってキーの手前側に操作名を書いたシールを貼っておきます。うん、これはいい感じだ。

 以下に『窓使いの憂鬱』の設定ファイルを貼っておきます。
 対象ソフトは『KbMedia Player』『Media Player Classic』、『Windows Media Player10』、『RealPlayer』、『SAFlashPlayer』、『Windows Media Player6.4』です。

More
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-18 22:53 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(0)
スタートアップが二重起動する顛末記
 ある時からスタートアップに入れたアプリケーションが二重に起動するようになってしまった。パソコンの電源を入れたときに、スタートアップにショートカットを入れたアプリケーションが二重起動のエラーメッセージを出しまくる。二重起動できるアプリはタスクトレイにアイコンが二つ並んでるし。

 一応、原因になった行動はこれかな? というのはある。
 ある日、スタートメニューのプログラムフォルダを眺めていたら、なぜか「スタートアップ」という名前のフォルダが二つあることに気がついた。よく見ると、一つは全角カタカナで、一つは半角カタカナである。なんで二つあるんだろう? 一度気がつくと気になってしょうがない。と言うわけで、一つに統一しようと試みた

 「スタートアップ」が二つある理由は後に分かった。
 Windows XPでは、全角カタカナのスタートアップの方が正規のもの。しかし、Windows 98でのスタートアップは半角カタカナだった(他のバージョンは知りません)。
 それで、スタートアップにショートカットを自動的に置くアプリケーションの中には、勝手に半角の「スタートアップ」という名前のフォルダを作るものがある、ということらしい。

 しかし、その時はXPでは全角カタカナの方が正規のスタートアップだということは知らなくて、Windows 98時代からの印象で「スタートアップは半角カタカナだ」と思い込んで、全角カタカナの方のスタートアップを何とかしようとしたのが間違いの元。
 スタートアップの中身をコピーしたり、ショートカットを作ったりしているうちにデスクトップに「スタートアップ」フォルダのコピーを作ってしまい、削除しようとしたら、「重要なフォルダなので削除できません」(メッセージはうろ覚え)ときたもんだ。ぎゃふん。そのデスクトップに作ってしまった「スタートアップ」フォルダをスタートメニューの中の「スタートアップ」フォルダに上書きして消して(←これが一番怪しい)、なんとか自分のイメージしたスタートアップを構築した次の日から、スタートアップが二重起動する状態になってしまいましたとさ。

 真っ先に疑ったのが、「すべてのユーザー」と「ユーザーごと」のスタートアップがだぶっているのではないかということ。
 しかし、調べてみるとちゃんと、

C:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ
これにショートカットが入っていて

C:\Documents and Settings\{ユーザー名}\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ
これには何も入っていない状態になっている。

 最近インストールしたソフトはないし、二重にインストールしたというのはあり得ない。インストーラーなしのソフトも二重起動するし。となると原因が分かりません。

 検索してみると、同じ現象が起こっている方は結構いらっしゃるようで、FAQの質問にもあがっている。しかし問題解決しないままになっているものが多い……。
 役に立ちそうに思えたのが、以下の二件。

『教えて!goo』「スタートアップの二重起動」
『OKWave』「スタートアップ内のアプリケーションが二重起動する」

 えー、レジストリですかー。それはあまり触りたくないなあ。しかし他に手段がないのでは仕方ないか、まあいざとなったらそろそろOS再インストールでもいいや、などと思いつつ最後のお願いで「システムの復元」で3日ほど前への復元をしてみたら……

……直った

システムの復元って初めて役に立ったな。
 ついでに削除した半角の「スタートアップ」も復活してた(^_^;) 今回の件で懲りたので、これは放っておくことにする。削除してもまたどこかのアプリが勝手に作るかもしれないし。

 と言うわけで問題は解決してしまったので詳しい原因は分からずじまいでした。一応「システムの復元」で直ったということで、同じ現象が起きている方の参考になれば幸いです。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-17 23:26 | ●その他の話 | Trackback | Comments(0)
右手一列シフトに[6]を含めない、など
 最近変更したキーカスタマイズ。大した変更ではないけれど、いくつかあるので紹介。

右手一列シフトに[6]を含めないことにした(中央列が「く」の字に折れ曲がった形になる)。
 普通のキーボードでは[6]は左手の方が近いので左手に担当させたい。いままでは[6]よりむしろ[中央列最上段]の方が良く使うということで[6]も移動させていたのだけど、それだと普通のキーボードを使う場合に[6]の担当指が異なってしまってまずいと思うようになったので。

●すみつきかっこ(「【」「】」)を親指の記号シフトに追加した。
 使用頻度が低かった「♪」「―」を右手最上段に移動し、左手下段に「【」「】」を追加した(「≦」「≧」は廃止。こんな記号一度も使わん)。

●右手ホームテンキーの同手シフトで漢数字を入力できるようにした。
 ほんのり漢直チック♪

 詳しい配列図は「『窓使いの憂鬱』の&ClipboardCopyを記号入力に使う。ver.2.10」をご覧下さい。

●エクスプローラ上で[F1]を無効にした。
 『窓使いの憂鬱』の「iv. 特定のウインドウのみでキー割り当てを変更してみる」の使い方がやっとわかったのでこんな使い方。
 ファイル名変更([F2])の時に間違って[F1]を押してしまっていちいち重いヘルプが立ち上がるのがぼけなすだと思っていたので。設定ファイルはこんな感じ。

window F1 /Explorer\.EXE/ : Global
key *F1= &Ignore

 なお、[中央列最上段]+[F1]でヘルプが開くようにしています(上記の記述には含まれていない)。全般的に[中央列最上段]+[何か]で元のキーの働きになるようにしています。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-11 16:51 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(0)
テンキーのシフト側も必ず確定文字で入力する
 『ATOK』にはテンキーからの入力はIMEが起動した状態でも確定文字で入力するという設定があるのでそれを使っているのだけど、ちょっと違和感のある状態が生じていた。
 『窓使いの憂鬱』を使って、テンキーのシフト側によく使う記号を割り当てている。これは本来のテンキーの入力ではないので、かな入力の状態で入力すると、当然全角で入力されてしまう。
 「50%」と入力する場合に、「50」は半角なのに「%」が全角なのは明らかに不自然。入力した後に変換などが必要になるのでは、せっかくのテンキー確定文字入力が台無しだ。
 テンキーを普通に打つだけで「50%」と入力できるようにしたいなあ、と。

 『窓使いの憂鬱』「FUNCTION リファレンス」を見ていて思いついた。そうか、テンキーのシフト側を入力した瞬間にIMEをoffにしてしまえばいいんだ
 具体的にはこんな感じ。

 これを、
key *IC-S-*NumAsterisk= ~S-*Semicolon

 こうする。
key *IC-S-*NumAsterisk= &SetImeStatus(off) ~S-*Semicolon

 これでテンキーでのシフト側を入力すれば自動的にIME offになるので、必ず確定文字で入力される。
 『ATOK』のテンキー入力と違ってIMEがoffになったままになってしまうが、テンキーで入力するという時点でしばらく数字を入力するつもりなんだから、別に構わないでしょう。
 これを応用すると、『MS-IME』でもテンキーの入力は必ず確定文字にする、とかもできますね。

 ちなみにテンキーのシフト側の配置をどうしているかは「キーマップ原版」の「マイ設定」をご覧下さい。以前「ワンショットモディファイヤって素敵」で書いたとおり、[Num0]を[Num0&Shift]にしています。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-08 21:56 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(0)
2ヶ月前の自分を越えた
 『タイプウェル』の「慣用句・ことわざ」久々にで新記録が出た!
e0002687_0215155.gif
e0002687_022227.gif

 このモードは、前に風邪を引いたときに、一気に3レベルアップで新記録を出して以来、新記録はおろか、その3レベル差すら埋まらないという、まったく手の届かない幻の記録になっていました。他のモードはなんだかんだ言って新記録出てるのにね。なんかもうあのときの記録はタイマーが狂ってたんじゃないかと思い始めてましたよ。
 12月に入ってようやく3レベル差が2レベル差になって、この調子ならいつかは、と感じていた矢先に一気に新記録達成。

 しかし、まだ1位、2位との差が2レベルあるというのがなんとも……。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-06 00:26 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
下駄配列の紹介ページ
 下駄配列の紹介ページを作りました。

下駄配列って何だ?

 下駄配列の最新の配列がどうだとか、設定ファイルがどこにあるのかとか分かりにくくなってきていたので。
 もっと前から作ろうかとは思ってたんですが、配列を動かしている間に書く気が起こらなかった。今はver.1.11がかなりしっくり来ているので、もうそろそろいいかな、と。

 一応、下駄配列に関する必要な情報はこの1ページで揃うようにしたつもりですので、下駄配列を試してみようという方はぜひ見て下さい。
[PR]
by koutarou_13 | 2005-12-05 22:47 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧