Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ローマ字入力の「ん」の入力を練習するタイピング問題集
 ローマ字入力練習用のタイピング問題集を作ったのです。

 この問題集の特徴は、「ん」の次に「あ行」「な行」「や行」が来る文字列が多く含まれていること。つまり、「ん」を入力するのに[N]を1回押すだけでは正しく入力できない問題文が多いということです。

 「ん」の入力は、「あ行」「な行」「や行」の前の「ん」は[N]を2回押さないと正しく入力できませんが、それ以外の「ん」は[N]を1回押すだけで入力できます。
 通常は[N]1回押し、必要な場合だけ[N]2回押しで入力するようにすれば効率よく入力できます。

 しかし、[N]2回の「ん」は、[N]1回の「ん」と比べて出現頻度が低いため、なかなか慣れることができません。普段「ん」を[N]1回で入力していると、[N]2回の「ん」が出てくるたびにミスタイプということになりがちです。
 結局、全部の「ん」を[N]2回で入力している方も多いと思います。

 このタイピング問題集で[N]2回の「ん」のパターンに慣れておけば、[N]を押す回数の使い分けもスムーズにできるようになる……かもしれません。

 問題文中、すべての「ん」が[N]2回の「ん」というわけではありません。[N]1回の「ん」も多数出てくるので使い分けられるように練習してください。たまに[N]2回の「ん」が一つもない問題もあります。

 問題末尾の句点(「。」)は、付いていたり付いていなかったりします。基本的に文の末尾には付けて、語句の末尾には付けないことにしています。また、末尾が「ん」で終わる問題は必ず句点を付けています。

 問題集は、単にテキストエディタにでも入力しているだけでも練習になりますが、面白味に欠けるので、タイピング練習ソフト用の『ゼロタイ』と『Ao』の問題文ファイルも用意しました。お好きなものをどうぞ。

ローマ字入力の「ん」の練習
●テキスト:ro-maji_n.txt
●『ゼロタイ』用問題ファイル:ro-maji_n.ztp
●『Ao』用問題ファイル:user.txt

 タイピングソフト本体のダウンロードは以下のサイトからできます。

●『ゼロタイ』
『パソコン遊戯』「おすすめタイピングソフト」

●『Ao』
『きつねの寝床』(作者のサイト)
『Vector』「Ao」

※過去の関連記事:「ローマ字入力の「ん」の入力でNとNNを使い分けるコツ」
[PR]
by koutarou_13 | 2006-12-28 00:08 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback(1) | Comments(0)
JISかな入力でアルファベットを入力する方法
 JISかな入力でアルファベットを入力する方法があまり知られていないんじゃないかという気がするので、私なりに説明を書いてみます。
 IMEが『MS-IME』の場合の方法です。(『ATOK』でもほとんど同じです。)

1.[英数]を押して入力モードを切り替える

 [英数]を押すとごとに、入力モードが「ひらがなモード」と「英数モード」に切り替わります(機能名は「かな英数」)。
 したがって、アルファベットを入力する場合は、[英数]を押して「英数モード」にして、アルファベットを入力して、再び[英数]を押して「ひらがなモード」に戻す、ということになります。

 なお、「英数モード」にしたときに、「全角英数モード」になるか「半角英数モード」になるかは、前回の英数の変換結果、またはMS-IMEのプロパティの「オートコレクト」タブの下半分「全角/半角」の設定によります。
e0002687_19434985.gif


2.[F9][F10]で変換する

 [F9]または[F10]を押すと、入力したキーのアルファベットに変換されます(機能名は「全角英数」「半角英数」)。[F9]で全角の英数に、[F10]で半角の英数に変換されます。
 例えば「abc」と入力したい場合なら、入力モードはそのままで[A][B][C]とキーを押します。画面には「ちこそ」と表示されます。ここで[F9]を押すと「ちこそ」が「abc」に変換されます。
e0002687_2141412.gif
e0002687_2144445.gif

 [F9][F10]を押すたびに「全部小文字(「abc」)→全部大文字(「ABC」)→先頭のみ大文字(「Abc」)」に順次変換されます。

 ちなみに[Ctrl]+[P]、[Ctrl]+[T]でも同じです。

3.カタカナ語英語辞書を利用して変換する

 メジャーな英単語なら、カナ読みで入力して変換すれば、だいたいアルファベットに変換できます。
 例えば「table」と入力したい場合なら、かな読みで「てーぶる」と入力して変換すれば「table」という変換候補が挙がってきます。
 ただし、MS-IMEのプロパティの「辞書/学習」タブの下半分の「システム辞書」の設定で、『Microsoft IME カタカナ語英語辞書』にチェックが入っていないと使えません。
e0002687_2145665.gif

※わかりやすい説明:『デジタルARENAMS』「IMEを英語辞書として使う」

 綴りがうろ覚えの英単語でも正確に入力できるので非常に便利です。私は多用しています。(*1



 ローマ字入力がかな入力に比べて良い点として、「アルファベットの入力が楽」というのが挙げられることがあります。
 しかし、ローマ字入力でも、子音のアルファベットだけを入力するなら確かに楽に入力できますが、「a、i、u、e、o、n」が絡むと自動的にひらがなになってしまうので、変換操作などが必要になります。そうでなくても、全角や半角、大文字や小文字を思い通りにしようとすると、変換操作が必要になることが多いです。
 [Shift]を押しながら文字キーを押せば大文字のアルファベットは確実に入力できますが、[Shift]はそれほど押しやすいキーではありません。ローマ字入力でも1と同じ方法でアルファベットを入力することもよくあります。
 2や3の方法で入力する場合は、ローマ字入力もかな入力も同じです。

 アルファベットの入力のしやすさは、ローマ字入力もかな入力もほとんど変わらないと思います。
 


*1 と、思っていたら思わぬ落とし穴が……。
今年、プロ野球で優勝した北海道日本ハムファイターズのクローザー名前は「MICHEAL」だったんですね。つい最近まで何の疑いもなく「マイケル」から「MICHAEL」に変換してました。まいった。
※参考資料:『Wikipedia』「マイケル中村」

[PR]
by koutarou_13 | 2006-12-14 20:09 | ●素敵なATOK(IME関連) | Trackback | Comments(0)
μTRONキーボードってどうよ?
 μTRON(マイクロトロン)キーボードがいろいろな所で話題になっていて、写真やら動画やらがWeb上で見られるようになっているのでメモ。

●『ASCII24』「“TRONSHOW 2007”が5日に開幕!――ICタグの実用化事例など、見どころを紹介」
●『INTERNET Watch』ユビキタス技術の未来を紹介するシンポジウム「TRONSHOW2007」開催
●『NIKKEI NET』「ユビキタス研、左右対称分離立体型アーゴノミクスキーボード「μTRONキーボード」を開発」
●『ワールドビジネスサテライト』「2006年12月11日:トレンドたまご」)

●『雑記-えもじならべあそび』「TRONモードキーボードが登場!?」
●『酒乱!net』「ユビキタスネットワークの世界」
●『深夜番組探検ブログ』「”楽々キーボード”」
●『諸々メモ』「うーむ。μTRONキーボード」

 キーボードの画像を見ると独特の機能キーの配置に目がいくけれど、このキーボードの重要な点は、
1.左右に分離できる。
2.左右方向にも傾斜がつけられる。
だと思うんですよ。機能キーの位置は現在の普通のキーボードでも変えられるけど、この2点はどうしようもないので、こういう柔軟性のあるキーボードはすごく良いと思います。

 キートップにはJISかな配列のかながプリントされているので、文字配列についてはノータッチなのかと思ったら、『ワールドビジネスサテライト』の動画を見ると、TRON配列も実装できるようです。
 文字配列については、近年個人レベルでの活動は活発ですが、企業レベルの活動となるとさっぱりという感じがするので、こういう動きがあるのは嬉しいですね。

 それにしても4万円とは高い……。東プレの無接点静電容量式キースイッチ採用で金型も作るとなるとこれくらいはするんでしょうね。

※後日談:「μTRONキーボードが発売された」(2007/04/26)
[PR]
by koutarou_13 | 2006-12-10 20:12 | ●その他の日本語入力配列の話 | Trackback | Comments(2)
ローマ字綴り対決
「じ」
[ZI] vs. [JI]


 規則性を考えると[ZI]だけど、打ちやすさでは[JI]の方が打ちやすい。慣れれば規則性は必要ないと思うんですよ。
 [JI]の勝ち。

「ふ」
[HU] vs. [FU]


 これも事情は「じ」とほとんど同じ。慣れるまでが大変だというのはあるけれど、2文字くらい例外があっても何とかなります。
 [FU]の勝ち。

 ただ、[HU]を「人差し指→人差し指」で打つなら確かに[HU]は打ちにくいけど、「人差し指→中指」で打つ最適化があるかもしれません。これだと[FU]より[HU]の方が打ちやすいかもしれない。私は最適化はしないけど、最適化を考えるとどうなんでしょうね?

「か」「く」「こ」
[KA][KU][KO] vs. [CA][CU][CO]


 か行の子音は[K]で入力するのが普通ですが、「か」「く」「こ」については[C]でも入力できます。(『MS-IME』の場合。『ATOK』でもローマ字カスタマイズでMS-IMEスタイルを選択するなどすれば入力できる)
 「か」は[KA]がホーム段の左右交互打鍵で打ちやすいのでそれでいいけれど、「く」「こ」の[KU][KO]は、「中指→他の指の1打鍵目より上の段」という運指がそれほど打ちやすくないので、左右交互打鍵になる[CU][CO]の方が打ちやすいかもしれない。

 しかし、[C]というのも長い中指の下段でそれほど打ちやすくはないし、「く」「こ」の子音を[C]で打つと、次に[T][R][E][W]を使う文字が来たときに、「一つおきの同手段越」、しかも「中指下段→他の指の上段」の打ちにくいパターンになります。結局[C]を使っても打ちにくいパターンになることが少なくない。
 これなら[KU][KO]で我慢した方がましかな、と。
 [KA][KU][KO]の勝ち。

 本当は単語ごとに使い分けられるのが一番いいのだけど。

「しゃ」「しゅ」「しょ」
[SYA][SYU][SYO] vs. [SHA][SHU][SHO]


 [Y]を使わないというだけで大差。
 [SHA][SHU][SHO]の勝ち。

「ちゃ」「ちゅ」「ちょ」
[TYA][TYU][TYO] vs. [CHA][CHU][CHO]


 理由は上に同じ。
 [CHA][CHU][CHO]の勝ち。
 他の拗音も[H]で入力できればいいのにねえ、と思う。

「ん」
[NN] vs. [XN]


 [NN]だとNを何回押したか混乱するので(特に「ん」の次に「な行」が来るパターンだと、[N]の3連打になる)、左右交互打鍵でもある[XN]の方が打ちやすいのかもしれない。
 しかし私は[NN]を採用。理由は、同キー連打がそれほど打ちにくいとは思わない、指の移動がゼロになるという利点があるので逆に打ちやすいと思える、というのが一つ。
 もう一つ。こっちの方が決定的な理由。私の場合、「ん」を[NN]で入力するときは、「ん」が[NN]になると考えるのではなく、「ん」はあくまで[N]で、「ん」と次の文字の間に[N]を余計に打つ、と考えて打鍵しています。(詳しくは「ローマ字入力の「ん」の入力でNとNNを使い分けるコツ」を参照)
 この考え方で打つと、[NN]以外の綴りには対応できません。
 [NN]の勝ち。

 「ん」は全部[NN]で打っているという方は、[XN]を試してみるのもいいのではないでしょうか。

小書きのかな
[L] vs. [X]


 「ぁ」など小書きのかなを単独で入力するときに、[L]を使うか[X]を使うかの選択。[L]はlittleからの連想でしょうか。[X]はなんでしょう?
 どちらで入力してもいいのだけど、[L]の位置があまりにも絶好なので全部[L]を使っています。「ぃ」「ぅ」「ぉ」は[X]で入力した方がいいのかもしれないけれど(特に「ぉ」)、使用頻度が非常に低いところは打ちやすさより規則性重視。
 [L]の勝ち。

 しかし[L]なんて絶好の位置にあるキーにこんな使用頻度の低い役割を当てているのはもったいないですねえ。longからの連想で[L]に長音符でも割り当てれば良かったのに、と思う。

 余談ですが、パソコンに慣れてない方を中心に、[L]や[X]で小書きのかなが入力できることを知らない方が多いという印象があります。
 マイナーなローマ字綴りを覚えるのは大変です。私は「どぉ」とか「つぁ」なんかは[L]を使っています。「あっ!」「ねぇ」「ほぉ」のように[L]や[X]を使わないとかなり入力しにくい言葉もあります。
 ローマ字入力をされる方にはぜひ覚えておいて欲しいと思います。
[PR]
by koutarou_13 | 2006-12-03 20:24 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback | Comments(0)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧