「ほっ」と。キャンペーン
Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
μTRONキーボードが発売された
 かねてより噂のμTRONキーボード(マイクロ・トロンキーボード)がついに発売されました。

『μTRONキーボード ウェブサイト』
▼製品ラインアップ
「μTRONキーボード」 52,500円
(本体価格 50,000円)

「μTRONキーボード用パームレスト」 9,450円
(本体価格 9,000円)

 キーボード本体が52,500円なのは仕方ないとして、食器を洗うときに使うスポンジみたいなパームレストが9,450円というのはいったい……。※1

 独特な形状のキーボードですが、それだけでなくTRON配列の実装もできます。

「μTRONキーボードTRON配列」

 シフト方式は、「シフトキーと同時に該当キーを押すことでも入力できます(同時打鍵)」とあります。シフトを押しっ放しにした場合に、文字キー2打鍵目以降にもシフトが有効かどうかは明らかではありません。普通のシフトとしても使えるとなると有効なような気もしますが、TRON配列の場合、単打側に頻度の高い文字を集中させるという方針なので、シフトは打鍵ごとに押し直すシステムの方がいいような気がします。

 実は、TRON配列をやってみようとしていた時期があったんですよ。親指シフト系の配列をあと一つ体験してみたいと思っていて、TRON配列はシフト率が低いのが私好みなので。
 でも、[Y]の「き」と[同E]の「・」が納得できなくてやめた、なんてことがありました。あと、[T](μTRONキーボードでは普通のキーボードよりも遠い)に「ょ」というのはどうなんでしょう? キーピッチが短いから遠いキーでも打ちにくくないということなんでしょうか?
 どうしてTRON配列はこのような配列になったのか、という詳しい話を聞いてみたいです。

 もう一つ私が気になった記述がこれ。

「μTRONキーボード詳細解説」
▼物理的配列
なお、一般的なキーボードに慣れた人が「μTRONキーボード」を打つと上記のような物理的配置やキーピッチの違いにより、おそらく戸惑うと思う。多分すぐにはうまく打てない。おそらく3日程度練習すれば、「μTRONキーボード」に慣れてくるはずだ。

▼論理的配列
初心者や従来のJIS配列を打てる人が新しい配列のタッチタイピングがひととおりできるようになるまでにはおそらく3週間程度の練習を要する

 私の体験でいうと、後者の「新しい配列がひととおりできるようになるまで3週間」というのは、だいたい一致しています。3週間というと、速度がみるみる上がり始めて、キーボードを叩くのが楽しくて楽しくて仕方ない時期ですね。

 前者は、μTRONキーボードのような特殊なキーボードを使った体験はありませんが、日本語入力配列以外の機能キーの入れ替え([BackSpace]や[Enter]、[←][→]など)に慣れるのにかかった時間ということなら、やはり3日くらいでした。
 このような機能キーは、入れ替えるキーの数自体も少ないし、1キーあたりの使用頻度も高いので、すぐに慣れてしまえます。



※1
2007/04/27追記

 パームレストについての説明のページが追加されていました。

「μTRONキーボード用パームレスト」

 クッション材は低反発素材で圧力を均等に分散、空気が通るので群れずに爽やか、カバーは夏でもべたつかず、冬でも冷たくない、だそうです。

 まーそりゃそうだよね。食器洗いスポンジが9,450円なわけはない。失礼しました。
[PR]
by koutarou_13 | 2007-04-26 19:12 | ●その他の日本語入力配列の話 | Trackback(1) | Comments(0)
三点リーダーって使ってますか……?
 「そうですか……」

 ……というように、語尾を省略したり余韻を残すために使う“…”のことを、「三点リーダー」と呼びます。ご覧のとおり、三点リーダーという一つの字体が存在します。
 ところが、Web上では三点リーダーを使わずに、“・・・”という「中黒」を3つつなげて代用する表現を多く見ます。

 私も三点リーダーの存在を知らずに、“・・・”を使っていた時期がありました。昔のテレビゲームでは“・・・”とする表現は多くありましたので(そもそも三点リーダーという記号が存在しなかった)、その影響だったのかもしれません。
 その後“…”の存在に気がつき、印刷物では“…”を使うというルールも知ったので、“・・・”は使わなくなりました。
 印刷物のルールをパソコン上の文章で適用するべきかという問題がありますが、どちらも同じ「文章」であるので、特別な事情がない限り、Web上の文章にも印刷物のルールは準用したいと思いました。

 もちろん、自分のサイトに載せるのにどの記号を使うかは書き手の自由ですが、私としてはやっぱり三点リーダーを使ってほしいと思います。
 “・・・”という表現を見ると、『MSーIME』*1や「第ニ回」*2という記述と同じような違和感を感じて、その部分ばかり気になってしまいます。見た目も“……”の方が整って見えます。

 ここで、見た目も“・・・”の方がきれいに見えるという方もいるかも知れません。そう思うのは個々人の感覚なので構わないのですが、一つ気になるのが“・・・”の方がきれいに見えるという理由の一つに、プロポーショナルフォントと等幅フォントの違いがあるのではないか、ということです。

※プロポーショナルフォントと等幅フォントについては下記リンク先を参照してください。
『Wikipedia』「プロポーショナルフォント」


 『Internet Explorer』の初期設定のフォントは「MS Pゴシック」、すなわちプロポーショナルフォントに設定されています。Web上の文章はプロポーショナルフォントで見ている人が多いと思います。
 しかし、私は日本語の文章は等幅フォントの方が読みやすい、プロポーショナルフォントだと字間が窮屈で読みづらい、と思っているので、『I.E.』(他のブラウザも)のフォントを「MS ゴシック」に設定しています。

 プロポーショナルフォントだと文字の間隔が詰めて表示されるので、“・・・”としても点の間隔はそれほど空きません。
 一方、等幅フォントだと“・”1つで1文字分の幅を取るので、“・・・”とすると点の間隔がかなり空いてしまいます。

 等幅フォントとプロポーショナルフォントで三点リーダーや“・・・”の見え方を比較した画像を作ってみました。
 下記の画像を見ると、プロポーショナルフォントでの“・・・”はまだいいけれど、等幅フォントの“・・・”は字幅が空きすぎて美しくない……と思うのですが、いかがでしょうか?
e0002687_23233442.gif


 ちなみに三点リーダーを入力する方法は、“・・・”と入力して変換するのが、簡単かつ汎用性がある方法でしょう。
e0002687_21533084.gif

※ネット上の三点リーダーに関する記事
『絵文録ことのは.』「句読点の使い方」
『ぶろしき』「三点リーダの表現するものは・・・」
『heartbreaking.』「「○○の人」ってナンだよ/三点リーダー」
『しまうま技研』「三点リーダについて」
『FaintDiary』「文章作法 三点リーダー」
『BLOG STATION』「三点リーダに関する考察」
『マンスリー広告批評』「私的「三点リーダ」論。」


*1 『MSーIME』 横棒がハイフンではなく長音符になっています。正しくは『MS‐IME』。
*2 「第ニ回」。2が漢数字ではなくカタカナになっています。正しくは「第二回」。

[PR]
by koutarou_13 | 2007-04-15 23:35 | ●その他の話 | Trackback(2) | Comments(11)
テンキーのシフト側のキーカスタマイズを変更
 いままでテンキーのシフト側に記号を配置するというのをやっていたのだけど、どうもあまり機能しないようなので手直しすることにしました。
 やっぱり記号なんてそれほど使わない。記号も入力できるに越したことはないけれど、数字に比べれば「%」や「\」なんかを入力する機会ははるかに少ない。

 それより何よりよく使うのはカーソルキーだ。数字を入力する時でも、カーソルを移動したいことは多い。普通のカーソルキーがテンキーのすぐ左にあるわけだけど、テンキーを打っているときは、このカーソルキーに手を移動させるだけでも結構な労力だ。
 同じ理由で、[Home][End][PageUp][PageDown]の4編集キーも配置したい。

 [Delete]も押したいことが多い。以前から[BackSpace]を[Num+]に配置していたけれど、[BackSpace]だけでなく[Delete]もあった方が便利。普通の[Delete]もテンキーの左にあるわけだけど、これも実際に押すにはかなり指を伸ばさないと届かない。
 [Tab]も、入力フォームの移動などで割と使う。
 [スペース]もあった方がいいな。

 と言うわけで、記号より機能キーを多く配置することにし、記号は数字と共によく使うものを厳選して配置する事にしました。

■テンキー単打側
┏━┳━┳━┳━┓
┃+ ┃/ ┃* ┃- ┃
┝━┿━┿━╋━┫
│7 │8 │9 ┃BS┃
├─┼─┼─┨ ┃
│4 │5 │6 ┃ ┃
├─┼─┼─╂━┫
│1 │2 │3 ┃En┃
├─┴─┼─┨te┃
│0&Mod2│. ┃r ┃
└―――┴―┸━┛

■テンキーシフト側
┏━┳━┳━┳━┓
┃' ┃( ┃) ┃Tb┃
┝━┿━┿━╋━┫
│Hm│↑│PU┃De┃
├─┼─┼─┨le┃
│←│↓│→┃te┃
├─┼─┼─╂━┫
│Ed│: │PD┃Sp┃
├─┴─┼─┨ac┃
│   │, ┃e ┃
└―――┴―┸━┛

 上が普通にテンキーを押したときの挙動。下が[Num0]を押しながら押したときの挙動です。

※[Num○]はテンキーのキーを表す。[Num1]ならテンキーの1のキーという意味。

 単打側は今までと同じです。
 [Num+]に[BackSpace]を置いたのが最大の特徴。これで数字の入力の修正が格段に楽になる。
 あとは、追い出された[Num+]を[NumLock]に配置。[NumLock]は廃止。
 もっとカスタマイズするのも考えたのだけど、やっぱり「+」「-」「*」「/」の四則計算の4記号は揃っていた方が使いやすい。普通のキーボードとの互換性も考えて、最小限の入れ替えで済ませることにしました。

 シフト側は以前とは派手に変わってます。

 まず、「シフト側」は、普通のShiftではなく、Mod2(『窓使いの憂鬱』の独自シフト)にします。 
 理由は、[BackSpace]のシフト側に機能を配置するときに、[Shift]を使うとフルキー側の[Shift]+[BackSpace]に影響が出てしまうから。[Mod2]なら、フルキー側の[BackSpace]と同時に押すことはあり得ない。
 あと、今まで知らなかったのだけど、[Shift]+[テンキー]でNumLockが解除されたときと同じ挙動なるのですね。使う機会はないけれど、[Shift]+[テンキー]をわざわざつぶす必要もないな、と。
 Modが2なのは、0と1はすでに他で使っているから。深い意味はありません。

 シフトにするキーは今まで通り[Num0]。これを[Num0 & Mod2]ワンショットモディファイヤ)にします。
 [Num0]はテンキーで唯一親指担当のキーで、このキーをシフトにすれば、どのキーを押すにもあまり無理がありません。これでテンキーのシフト側を最大限に活用できます。

 シフト側に配置するキーは以下の通り。

 [Num8][Num5][Num4][Num6]に[↑][↓][←][→]を配置。これでテンキーを触っているときでもカーソル移動が楽にできます。
 [Num7][Num1][Num9][Num3]に[Home][End][PageUp][PageDown]を配置します。ややキー同士が離れた配置になってしまうけれど、これらのキーはカーソルキーとは異なり、連続して押すことは少ないので構わないでしょう。
 [BackSpace](元[Num+])には、同じ文字を消す操作のイメージで[Delete]を配置。
 [NumEnter]には[スペース]、[Num-]には[Tab]を配置。これでテンキーだけでよく使う編集操作をすることができるようになります。

 ほかのキーには記号を配置します。
 [,]、ケタ区切りで数字と共に使うことが多い。なぜもともとのテンキーにないのか不思議なくらい。[Num.]に配置。
 [:]、時刻を表記するときによく使う記号。[Num2]に配置。
 [(][)]、数字をかっこで囲みたいことが比較的多いので。[Num/][Num*]に配置。
 [']、表計算ソフトで数字を文字列扱いにする記号。[Num+](元[NumLock])に配置。
 記号については、以前紹介したやり方で、IME onでも必ず確定文字で入力するようにしています。

 テンキーは普通のホームポジションとはかけ離れた場所にあるので、テンキーを使うとなったらできるだけテンキー以外の場所には手を動かさずに済ませたいものです。今回の変更で、テンキーに手を置いたままできる作業が多くなりました。かなり気に入っています。

 以下は上記設定の『窓使いの憂鬱』の設定ファイルです。

More
[PR]
by koutarou_13 | 2007-04-05 23:19 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(4)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧