「ほっ」と。キャンペーン
Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
下駄配列の句読点ってどうよ?
 2ちゃんねるの下駄スレッドですが、結構レスが付いていて意義のあるスレッドになっています。下駄配列を使っていて感想を書いて下さる方がいて、配列作者としても興味深いです。スレッドが立つことで話題を引き出す効果もあるんですかね?
 以前、「あまり話題もないのにスレッドを立てるのはどうかと。」と書いたのは、とても短絡的で浅はかでした。失礼しました。



 その下駄スレッドで、「読点(、)が打ちにくい」という話が出ているので、それについて。

 読点については、「下駄配列で手を付けなかったこと:その1」(の一番下)に書いたことがあったので、まずはそちらを読んで下さい。
 以下、上記の記事の繰り返しになる部分もありますが、今の私の思っていることを書きます。

 読点を[DF]に配置した時期は、下駄配列を作り始めた初期も初期、初めて文字キー同時押し配列を作ったときです(当時は「下駄配列」という名称も無かった。当時の配列は「下駄配列の基本設計」)にあります)。
 そして、それ以来読点はずっと[DF]に置いていて、変更したことはありません。

 読点を[DF]に配置した理由は、「打ちやすいこと」です。RealForceに合わせたわけでもなければ(当時リアフォなんて持ってなかったし)、タイピングゲームに特化したわけでもありません。句読点に限らず、下駄配列でタイピングゲームのために作った箇所は一つもありません。
 まず、分かりやすさを考慮して、同手同時押しはすべて記号を配置しようという発想がありました。句読点は出現率が高いので、同手シフトの中で一番打ちやすい[DF][JK]に配置しました。[DF][JK]の打ちやすさは、句読点の出現率の高さに十分見合うと思いました。これは今でも思っています。[DF]という組み合わせ自体を打ちにくいと思ったことはありません。
 下駄配列の元となった月配列U8版が句読点を特別な場所([中指]→[スペース])に置いている配列なので、その影響を受けたんじゃないか?と思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。当時の私の発想だと、他の配列を元にしても句読点は[DF][JK]に回していたと思います。

 ただし、読点を[DF]に置くのが問題ないかというと、そうは思いません。
1.打ちやすいとは言え、同手同時押しは2キーには違いない。句読点の出現率の高さを考えると単打に置くべきなのではないか。
2.中指と人差し指は、他のことにも多く使う指なので、ここに句読点を置くと同鍵連打や同指異鍵が発生しやすい。もっと前のつながりを考えて配置するべきではないか。
3.そもそも、句読点を特別扱いする必要があるのか。他のかなと同様に扱って良いのではないか。

 深い考えがあって読点を[DF]に置たのではないことは確かです。「下駄配列で手を付けなかったこと:その1」で書いたとおり、大幅に配列を変更することがあったら考えてみたい箇所の一つです。(って、これ書いたのもう2年前だな……)

 それと、「を」を[FJ]に置いたのも、[FJ]が「打ちやすいから」です。当時の事情は「「を」の位置をめぐって例外処置発動」に書いてあります。確かに、一番最後の方で位置が確定した文字ではありますが、後回しにしたわけではないです。
 ただ、句読点と似たような事情で、人差し指は他のことにも多く使う指なので、ここを使うと同鍵連打や同指異鍵が多発……という問題点はあると思います。
[PR]
by koutarou_13 | 2008-02-26 23:25 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
下駄配列のタイピング動画!
 下駄配列でのタイピングの様子を撮影した動画がニコニコ動画で公開されています!

【ニコニコ動画】下駄配列でタイプウェルに挑戦

※YouTube版
YouTube - 下駄配列でタイプウェルに挑戦

 「できれば動画で打鍵の様子を見ていただけたらな」とは私も思っていたんですが、機材もなければ動画の知識もないので実現しないままになっていました。私がやりたくても出来なかったことが実現しました!
 この動画、画像も鮮明で指の動きもよく見えるし、しかも速い! タイプウェル国語KでXHかよ! ミスも1桁に収まっているし。下駄配列をちゃんと使いこなしている状態のタイピングを見るのは初めてなので(自分のはともかく)、とても興味深いです。

 動画を見て一目で目に付くのが、濁音と拗音が一度に入力されているところですね。特に拗音も全部一動作なのは下駄配列の自慢です。「し゛ょ」が一度に灰色になるのは痛快。下駄配列の動作数の少なさが見てとれると思います。

 使用キーは、ホーム段の人差し指、中指、薬指が一番多く、小指の使用率は低め。ホーム段>上段>下段の順で多く使う。……という感じも出ていると思います。(ただし、実際の文章の入力では、上段と下段の使用率の差はもう少し縮まるはず……です)

 それと私が見てほしいのが、「つかつか」とか「~しい」などの部分。つまり、下駄配列で単打(=シフト無し)だけで打てる部分です。
 この部分は、ある意味下駄配列の弱点です。なぜなら、ロールオーバーするとミスタイプになるからです(エミュレータのタイマーで救われる可能性はあります)。例えば、「つかつか」と入力するには[O][S][O][S]とキーを押しますが、[O]を押し下げて、[O]を離す前に[S]を押し下げると、[OS]を同時に押したと判定されて「ぶ」が入力されてミスタイプになります。
 この現象は文字キー同時打鍵というシフトシステムだから起こることで、間違いなく他のシフトシステムにはない制約です。

 しかし、それでもこのくらいのスピードなら、特に詰まることなくミス無く打てる、ということです。押したキーはすぐ離して、テンポ良く打鍵すれば問題ない。(下駄配列ではキーを押しっ放しにする場面はありません。押したキーはいつでもすぐに離してOKです)

 文字キー同時打鍵は、間接的なメリットがすごく大きいです(直接的なメリットは「シフトが一動作」ということ)。文字キーの外のシフトキーを使わない配列でありながら、三段内のすべてのキーの単打に文字を配置できる。だからシフト率が減る。シフトを増やせるから拗音も取り込むことができる。だから動作数が減る。すると「ゃ」「ゅ」「ょ」を単打に配置する必要が無くなる。だからますますシフト率が減る……。
 これらのメリットを得るために、「単打面でロールオーバーできない」という代償を払っているわけです。その代償はどの程度のものなのか。この動画は参考になると思います。



 いやー、それにしてもやっぱり動画はいいねえ。情報の伝わる量が違う。これから下駄配列は何か知りたいという人は、まあとりあえずこれを見ろ、って感じ。文章の説明はその後だ。こういう動画が出てきて、私としても嬉しいです。
 動画アップしてくれた方、本当にありがとうございます。

※この動画を見た方の記事(外部リンク)
『雑記/えもじならべあそび』「下駄配列タイプウェルXH動画。」
[PR]
by koutarou_13 | 2008-02-25 02:17 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback(1) | Comments(0)
最近のタイプウェル国語K@下駄配列
 最近の『タイプウェル国語K』の記録。さすがにかなり苦しい感じになってきたけれど、まだたまに新記録が出ていてこんな感じに。
e0002687_0233678.gif

 なんとか、全モードで下駄配列に復帰した後に記録更新できました。レベルはXEの半ばを過ぎた。
 中でも会心のタイピングだったのが漢字モード。ラップタイム自己1位・2位。ミス3回。この期に及んで自己ベストを一気に2秒近く更新するという完璧な出来。おかげで当分漢字はやる気がしません(^_^;)

e0002687_0234761.gif

 「漢字で出せるタイムは基本常用語でも出せる」という法則がある(?)ので、基本常用語をもう少し伸ばしたい。カタカナ語なんかも調子の良いときは基本常用語、漢字クラスのラップは出るんだけどなー。うまく行けば大幅更新もありそうな気もするんだけど。慣用句・ことわざは一番苦戦。どうもスムーズにいかない。そこそこのペースを保ってミスらずに打ち切るだけで更新できるはずなんだ。

 要するに、まだ記録は出せるはずだってこった。
[PR]
by koutarou_13 | 2008-02-24 00:30 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
2ちゃんねるの下駄スレッドにあった投稿
 2ちゃんねるの下駄配列スレッドに、下駄配列が一番合理的だ、という意味の投稿がありました。
 とても簡潔な投稿だったので、残念なことにその理由については言及がありませんでした。

 この投稿者はなぜそう言えると考えているのか、私も知りたいところです。「一番合理的」なんて私はとても言えません。これが「俺にとって一番合理的」なら自信ありますけど(配列は改善できる可能性もありますが)、この投稿の後段部分を見ると、この投稿者は「自分にとって一番合理的」という意味で書いたのではなさそうですので。

 かえでさんが、これについて感想を書かれています。
『雑記/えもじならべあそび』「下駄配列スレッドメモ。」
 大昔から変わらないところとして、「○○の肯定+××の否定のみ」という言及方法では、誰も興味をしめしてくれないと思うのですよ……というか、むしろ逆効果になる恐れもorz。
 まったく同感です。

 あと、このスレッドの最初の投稿2つの名前が私と同じ名前になってますけど、このスレッドを立てたのは私ではありません。下駄配列を気に掛けて下さっているのであれば嬉しいですけど、あまり話題もないのにスレッドを立てるのはどうかと。下駄配列について2ちゃんねるで書きたいのであれば、よろしければ~スレッドで十分だと思うのですけど。
[PR]
by koutarou_13 | 2008-02-09 23:00 | ●その他の話 | Trackback | Comments(3)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧