Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
塗り下駄配列登場
 下駄配列の新バージョンを作った方がいらっしゃるようで。

「塗り下駄配列の提案」
「塗り下駄配列の拗音シフトの設定」
「塗り下駄配列の拗音シフトの設定 第二弾」
「塗り下駄配列の説明書 基礎編」
「塗り下駄配列の説明書 記号編」
「塗り下駄配列の説明書 発展編」
『blechmusik2の日記』

 文字キー同時打鍵配列の新配列きましたね。俺的には文字キー同時打鍵はすごくいいと思うので、こういう展開はうれしいですね。
 塗り下駄配列は、従来ある配列の問題点を考えて、作者が変更を加えた方が良いと思うところを変更しています。このような、自分で考えて「こうした方が使いやすいんじゃないかな」と思って行った変更は、必ずうまくいきます。少なくとも、その人にとっては。
 配列を作るというのはかなりハードルが高いと感じられるかもしれませんが、変更した方がいいと感じたら、自分の感覚を信じて臆せず飛び込んでいただきたいですね。

 以下は塗り下駄配列を見て思ったことなど。

 一番注目するのが、薬指と小指のかなりの部分を入れ替えている点。
 これはわたしの感覚では出ない発想。小指よりも薬指の方が相対的な強度は劣っているという見解があるそうですが、これは(下駄配列作成当時も今も)信じられないです。せいぜい、小指の方が短いのが幸いして[Z]が([X]に比べて)軽く押せると感じることはありますが、ほかのキーはどのキーでも、薬指より小指の方が楽だと感じることはない。
 あと、小指は文字キー以外にも[Shift]や[Ctrl]などを担当するという事情もあります。下駄配列では[BackSpace]を右手小指(塗り下駄配列では左手小指)に配置していますし。

 [T]と[B]を比較して[T]の方が近い、という話があります。しかし、確かに距離は[T]が近いですが、打ちやすさとなるとどうかな、と思います。[T]だとかなり指を伸ばさないと押せませんが、[B]だと指の曲げ伸ばし少しで手首の動きを使って押せるので。全般的に、指の曲げ伸ばしってそんなに楽な動きじゃないと思うんですよ。
 距離が近いというのも無視できない要素なので微妙ですが、わたしは[B]の方が打ちやすいと思います。

 ところで、ちらっと話に出てくるTypeMatrixって、こういう格子状キーボードのことですね→「TypeMatrix EZ-Reach 2030」 キーボードの文字キーの縦の列が少しずれている必然性は何もないと思うからこういうキーボードもいいとは思うのだけど、問題は、普通のキーボードを使う時の感覚がおかしくならないか、という点ですね。まだちょっと手が出ない。

 句点と読点は左右入れ替え。そう言えば、読点を左手にした理由って書いてなかってような気がします。理由と言っても、句読点は「、」「。」の順番というイメージがあって、左→右に並べただけですけど。どうせ運指を考えた配置じゃないし……。
 確かに左右入れ替えた方が打ちやすいかもしれません。

 かっこ類のまとめ入力は、良いと思います。わたしも使っています(「かっこのまとめ打ちキーを設置」)

 拗音シフト部分の設定には、小書きのかなを使う2文字にこだわらず、頻出する2文字の連なりの中で、普通に入力すると打ちにくいものを配置しています。確かに、全然出てこない拗音類なんてほとんど意味ありませんからねえ……。
 この手はあるとは思うんですが、覚えるのが大変そうなので手を付けませんでした。難度はどうなんでしょうか? AZIKでもやっているし、AZIKまで行かなくても、ローマ字入力で「ん」を入力するときに[N]と[N][N]を選択するのも同じことだと思うので、要するに慣れればできることなのかもしれません。
 第二弾まで行くと、ステノワードな香りがしますね。

 あと、本気でやると、配列を“作るのも”大変そうですよね。頻出する2文字を別に配置すると、その2文字のかなを単独で入力する機会が減るので、単独の配置もそれを考慮して考え直さなければならない。すると当然全体の運指にも影響して、2文字頻出連なりの中で打ちにくいものも変わってくる……。大変そうです。
[PR]
by koutarou_13 | 2009-03-27 00:39 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(7)
ネットブックのキーカスタマイズ
 前回に引き続きASUS Eee PC 900HAについて。
 今回は、ASUS Eee PC 900HAのキーカスタマイズいきますよ。

 その前に、カスタマイズする前の状態の確認から。
 キーボードの、カスタマイズする前のキーボード図がこちら。
Eee PC 900HAのキーボード画像
e0002687_15214392.jpg
e0002687_1530423.jpg

 上の図が通常、下の図が[Fn]キーを押し下げた場合です。

 下の図の右手部分の数字は、NumLockが掛かっている場合にテンキー扱いになる部分。
 しかし挙動がちょっと微妙だと思う。
 NumLockが掛かっていない状態で[Fn]を押し下げると、NumLockが掛かっていない状態のテンキーの挙動になるようです。よって、非NumLock+[Fn]+[J]は、非NumLockの[Num 1]、すなわち[End]になります。
 NumLockが掛かっていれば、[Fn]が押されていようがいまいが、[J]は[Num 1]になります。
 どういう風に使えばいいのか、いまいちピンときません。NumLockが掛かっていなくても[Fn]キーを押し下げれば数字が入力できるのなら使い道があると思うのですけど。

 キー配置の特徴は、[半角/全角]がファンクションキー段で、最上段(数字段)は左端が[1]な点。あとは、[右Win]と[右Ctrl]は無し。右上の方のキーも少なめ。[Insert]や[Pause]を配置するくらいなら、[PrintScreen]や[NumLock]を配置した方がまだ使うと思うのだけど……。俺的にはどうせカスタマイズするからどうでもいいけど。
 最上段は、通常のキーボードより1/4キー分左に寄っています。例えば、[1]と[2]の境目は通常のキーボードでは[Q]の真ん中ですが、このキーボードでは[Q]の左から1/4の位置にあります。最上段のタッチタイプはやや慣れが必要です。

 それより重要なのが、親指担当のキーがそれほど打ちやすくないということ。パームレストとキーの段差がなさすぎて、親指がパームレストに当たる。ノートパソコンでももう少し段差を取っているものもあると思うのですけど。
 これを少しでも解消するために、もうこのブログではもうおなじみの小道具、コルクテープの登場です。親指担当キーにコルクテープを貼ってかさ上げします。これでもまだ打ちにくいけれど、貼らないよりはだいぶマシです。
 閉じた時に画面に当たらないか心配だったけど、厚さ1mmのコルクテープなら、ギリギリ大丈夫なようです。



 さて、このキーボードをキーカスタマイズします。使用するソフトは『のどか』。OSはXPなので、『窓使いの憂鬱』を使ってもいいですけど。
e0002687_1522347.jpg

 カスタマイズの内容は上図の通り。
 以下は、いままでのカスタマイズと異なる部分などについて。

 まず、親指Enterはやめます
 理由は2つ。まず、先に書いたとおり、親指担当キーがそれほど打ちやすくない、というのが一つ。
 そして決め手が、普通のキーボードより[Enter]の位置が近いこと。もともと右手一列シフトなので右手小指と[Enter]の間は1キー分しかない。その上、キーピッチが普通のキーボードより小さいので、さらに[Enter]が近い。十分小指を伸ばして打てる範囲。これならわざわざ親指に配置する必要はないな、と。
 親指左右カーソルは今までどおり使います。(親指Enterが無くなったので、[→]にするキーは[変換])

 小指の[BackSpace]右手一列シフト、それに中央列の[↑][↓][Delete]は今までどおり。

 [Home][End][PageUp][PageDown]が単独のキーで存在しないのは使いにくいと思うので、右上の方のキーを使って配置します。
 元[BackSpace]を使った[PageDown]の配置がお気に入り。[Home][End]が横方向、[PageUp][PageDown]が縦方向に並ぶ形になって、なかなかいいんじゃないでしょうか。
 でも[Fn]キーを使った操作にも慣れた方が良いんですかね? まあぼちぼち使ってみましょう。

 今までは[Esc]に「ウインドウを閉じる」機能を持つキーを配置していたのだけど、これって間違って押すと結構危険なんですよね……。普通のキーボードだと[Esc]は離れて配置されているのでちょうどよかったのだけど、キーが小さい上に間隔が狭いこのキーボードでは、さすが誤打のリスクが高い気がする。
 というわけで「ウインドウを閉じる」キーはやめます。ウインドウを閉じる操作は、標準の[Alt]+[スペース]→[C]でがんばることにします。([Alt]+[スペース]→[N]と[Alt]+[スペース]→[X]も使う)

 あとは、押し出されたキーを使わないキーに配置していきます。
 右手一列シフトにより押し出された右端列の[\][[][]]の3キーは、右下の[ひらがな][右Alt][Application]に配置。([\]は、今まで通り[Shift]+[0]を[Shift]+[\]の置き換えることで配置します)
 [Application]は、[半角/全角]に配置します。

 [BackSpace]に押し出された[:]は、中央列最上段に配置します(スペシャルキーはやめる)。

 最初は[右Shift]も廃止して何か配置する予定だったのだけど、やってみたら自分が[右Shift]を予想以上に使っていることに気がついた。アルファベットの大文字の入力や、[Shift]+[Tab]も思っていた以上に使う。[Shift]の位置としてはやや遠くて気に入らないのだけど、無いのは想像以上に使いにくかった。
 というわけで[右Shift]はそのままにします。

 親指モディファイヤは、親指Enterが無くなったので[スペース]1つだけです。同手シフトの方はもともとあまり使っていなかったから、いいでしょう。親指マウスはタッチパッドがあるから必要ないし。

 親指テンキーの設定で少し戸惑う。
 親指テンキーでは、例えば、[スペース]+[J]で[Num 4]となるように設定しています。
 ところが、[Num 4]というキーは、NumLockが掛かっていない状態だと[←]として働くので、結局、[スペース]+[J]を押すと[←]になる、ということになってしまいます。
 かといってNumLockを掛けると、[J]が[Num 2]であることになってしまうので、「J」を入力することができなくなってしまう。

 [スペース]+[J]を押したときに「NumLockを掛けて、[Num 4]を入力して、NumLockを外す」ようにすればよい。具体的にはこんな感じ

key M0-*Y= NumLock *NumPlus NumLock
key M0-*U= NumLock *Num7 NumLock
key M0-*I= NumLock *Num8 NumLock
key M0-*O= NumLock *Num9 NumLock
key M0-*P= NumLock *NumAsterisk
key IL-M0-*CommercialAt= &SetImeStatus(off) &Sync ~S-*Comma &Sync &SetImeStatus(on)
key ~IL-M0-*CommercialAt= ~S-*Comma
key M0-*H= NumLock *NumHyphenMinus NumLock
key M0-*J= NumLock *Num4 NumLock
key M0-*K= NumLock *Num5 NumLock
key M0-*L= NumLock *Num6 NumLock
key M0-*Semicolon= NumLock *Num0 NumLock
key M0-*N= NumLock *NumSolidus NumLock
key M0-*M= NumLock *Num1 NumLock
key M0-*Comma= NumLock *Num2 NumLock
key M0-*FullStop= NumLock *Num3 NumLock
key M0-*Solidus= NumLock *NumFullStop NumLock

 これで思った通りの挙動になりました。



 全体的に、フルキー持ったキーボードに比べれば使いにくいけれど、それはまあ仕方ないね。キーカスタマイズとしてはこれで不満無いので、当面はこれでいこうと思います。
[PR]
by koutarou_13 | 2009-03-15 15:52 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活 | Trackback | Comments(0)
ネットブック買ったよ
 ネットブック買ってしまいました。ここのところ急に外出中の空き時間が多くなったので。
 つい最近までネットブックどころかノートパソコンにもまったく興味なかったのに、わからんもんだ。

 買ったのはASUSのEee PC 900HA
 選んだ最大の理由は、キーボードのキー配置があまり変じゃないから。〈Eee PC 900HAのキーボード画像

 サイズ的に仕方ないとはいえ、ネットブックのキーボードはキーの大きさが変なものが多い。
 右端の縦一列の[\][[][]][\]を小さくするのは「かな入力なんて少数派は我慢しなさい」ってことでまだ分かるのだけど、[,][.][-]を小さくしたら、ローマ字入力や英文タイプにだって打ちにくいと思うんですけど。しかし、こういうキーボードを持つ機種は多い。

 こういうネットブックが大人気というのは、ローマ字入力でもかな入力でもない配列を薦めるときに忘れてはいけない事実。[,][.]が小さくてもローマ字入力が打ちにくいと思わない人に、「ローマ字入力より下駄配列の方が打ちやすいです」なんて話をしても通じないだろうから。

 それはともかく、Eee PC 900HAは、[/][\]が少し小さいくらいで、文字キーは大体同じ大きさを保っているのが好印象。

 ほかの理由は、まあ重さが標準的で値段が安いから、これがいいかな、と。
 ストレージはHDDで160GB。できればSSDが良かったのだけど、SSD搭載で気に入った機種がなかった。Eee PC 900XがEee PC 900HAと同じキーボードだったらそっちにしたんだけどねえ。
 SSDの容量が16GBというのはさすがに少なすぎる気がするから、これはこれで良いことにしておこう。16GBというのは、データもアプリもネットの「あちら側」に置くから、「こちら側」は16GBでも十分、という発想なんでしょうか? ネットに繋ぐことはあまり考えてないから、SSDは俺向きじゃないかもね。

 さて、新しいPCを買ったら、一番最初にすることは何か? そう、右手一列シフト改造である。
 というわけで、さっそくキートップを引っこ抜きはじめます。

 ……と言いたいところですが、ノートパソコンのキートップって外すのかなり怖いですね……。絶対できないというわけではなさそうですが……。検討の結果、破損のリスクが高いのでやめておいた方がいい、という結論に達しました。
 という訳でキートップはそのままで、機能を入れ替えるキーにシールを貼って対応することにします。

 ……しまった! 本体色は黒いのを買ったんだけど、黒いキーボードに白いシールを貼るとすごく目立つ。見た目も良くない。白っぽい方を買うべきだった……。

 キーカスタマイズは、今までのデスクトップパソコンで使っているキーボードとはもちろん違うから、多少手直しが必要です。
 この話は次回に。

※参考:「本城網彦のネットブック生活研究所:第10回 HDDを搭載した「Eee PC 900HA」速攻レポート」
[PR]
by koutarou_13 | 2009-03-13 00:36 | ●その他の話 | Trackback | Comments(0)
100万字日本語かなn-gramデータ
 tomoemonさんが日本語n-gramのデータを探されているようなので、探されているものとは違うような気もするけれど、自分が作ったn-gramデータをアップしておきます。

 作成手順は以下の通り。

1.Web上その他から、文章を適当に100万字採集。一応、URL、ブログの日付部分、青空文庫のルビなど、集計する意味がないと思われる部分は採集しないようにした。できるだけジャンルが偏らないようにした……つもり。採集した文章のリスト→n-gram_text_list.ods

2.すべての半角文字を全角に変換する。※どうせ英数記号は集計しない。

3.「.」「,」を「。」「、」に変換する。※句読点に「、」「。」ではなく、「,」「.」を使っている文章もあるので。

4.『Kanji2na』で漢字とカタカナをひらがなに変換する。

5.かなと句読点以外(空白も含む)を〓に置き換え、改行の手前に〓を入れる。〓が連続した部分は〓1つに置き換える。※morogramは空白や改行を無視して連続しているとみなすので、その部分を連続していないとして数えるため。

6.かなが存在しない行を削除。※かなが存在せず、句読点が存在する行も削除する。「。」「、」「〓」のみが残っている行の「。」「、」は日本語文章中の句読点ではないと考えられるため。

7.『morogram』で解析する。

 ……というようなものですので、ご利用する場合はその特徴をよく考えてご利用ください。

【日本語n-gramデータ】
N-gram_1gram.txt
N-gram_2gram.txt
N-gram_3gram.txt
N-gram_4gram.txt
N-gram_5gram.txt
N-gram_6gram.txt

 ちなみに、「1万字のかなを入力する場合の打鍵数」で使ったデータは、これです。

※関連記事
「新下駄配列の作成に使用したかな出現数・連なりデータ」
[PR]
by koutarou_13 | 2009-03-01 15:13 | ●その他の日本語入力配列の話 | Trackback(1) | Comments(0)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧