Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
中指シフトという入力方式
日本語入力変遷記3
2004年夏~秋:中指シフトという入力方式
――「月配列」と『菱』

 そもそも、いままで私が知っていた日本語入力方式というのは、かな入力(「JISかな」)とローマ字入力(「QWERTYローマ字」)と、かろうじて親指シフト(「NICOLA」)を知っていたくらいで、他の入力方式なんて、あるということ自体想像もしなかった。
 しかし少し調べてみると、他にも数え切れないほどの入力方式があることが分かった。JISかなの前身のくせにJISかなより良さそうな「カナタイプ」、使用実態が無いため廃止されたという「新JIS」、専用キーボードを使う「TRON」、簡単に修得できて実用性も高そうな五十音配列「ナラコード」、NICOLAに大胆な改良を加えた「飛鳥」、左手ホーム段に母音が固まっている英語用配列「Dvorak」、拡張ローマ字入力「AZIK」、さらには漢字直接入力「TUT-Code」「超絶技巧」「風」、などなどなどなど。
 中でも興味を持ったのが、中指シフトという入力方式を採用した「月配列」だった。

 中指シフトという方式は「花配列」で初めて採用された方式である。かなを1字1打鍵で打とうとしたら、どうしたってシフトは使わざるを得ない。今まではシフトを小指だったり親指だったりに割り当てていたわけだが、シフトは最も良く使うキーなのだから、最も良い位置、すなわちホーム段中指に割り当てるのが良い、という発想だ。

 この方式が魅力的なのは、その発想自体もさることながら、どんなキーボードでも導入できるというのが大きい。シフトも通常の文字キーの領域にあるのだから、親指シフトのように「親指キーの位置が悪い」という事はないわけだ。シフトはすべてクロスシフトというのも、クロスシフトが打ちやすいと感じていた私は気に入った。

 中指シフトの中では、新JIS配列を取り入れた「月配列」が良さそうだと思った。月配列を使ってみる事にする。実装も『菱』というソフトを使うことで簡単にできた。

 月配列はかなり優秀な配列だと思う。実際かなりの期間月配列を使い、一時は「もう月で一生行こう」と思ったものだ。
 しかし、一つだけどうしても気に入らないことがあった。濁点、半濁点が後入力なことである。シフト側のかなの濁音を打つときは、シフトを含めて3打鍵かかってしまう事になる。左右交互打鍵になるのでリズムは悪くないが、もともと2打鍵を嫌ってローマ字入力を避けていたのに、3打鍵かかる文字があるとは。特に「ぴ」が打ちにくいのが大きく引っかかった(*1)。

 こうなると、濁音もすべて1打鍵で打てる(同時打ちだが)親指シフトはやっぱり魅力的に思えてくる。前はあっさり諦めてしまったけれど、もう一度挑戦してみようか。
 というわけで、再びNICOLAに戻るのだった。

 月配列を使っていて自信がついたことがある。
 配列は、慣れることができる。新しい配列を覚えるのなんて随分時間がかかるだろうと思っていたのだが、一週間もしたら入力にストレスは感じなくなった。新しい配列を導入するのに不慣れを理由にためらう必要はない(*2)。
 この経験は、この後の配列の変更に繋がることになる。

*1 なぜ「ぴ」を多く使うのか。理由1、当時、HTMLで段落をあらわすタグ<p>を「ぴ」で辞書登録していた。理由2、野球について書くと「ピッチャー」など「ぴ」を使う単語が数多くある。
 一般的には、3打鍵かかる文字というのは、文字の使用頻度から見てバランスの取れていると思う。


*2 私が思うに、入力を覚えるには、配列を覚えるの事もさることながら、それ以上にキーボードに対する感覚(どの指をどのくらい動かせばどのキーが押せるのか、どのくらいの強さで押せば良いのか)を身に付けるのが重要なのではないだろうか。配列が変わっても、キーボードに対する感覚はそのまま使える。
 わざわざ手間暇かけて新しい配列を覚える気にならない、と思う人も多いかも知れないが、新しい配列を覚えるのはそれほどのことではない。少なくとも、はじめてキーボードに触れたときに配列を覚えたのよりははるかに簡単である。


[PR]
# by koutarou_13 | 2005-06-15 01:43 | ●kouyの日本語入力変遷記 | Trackback | Comments(0)
親指シフトの高揚と挫折
日本語入力変遷記2
2004年春:親指シフトの高揚と挫折
――「NICOLA」と『親指ひゅんQ』

 Google検索の結果、『日本語入力コンソーシアム』というサイトがあることが分かった。どうやら親指シフトは健在のようだ。正式名称を「NICOLA」と言うことも初めて知った。このサイトでNICOLAの優秀さはわかった。でも自分のパソコンのキーボードには当然親指キーは無いし、親指キーボードは高そうだしなあ……。
 そんな風に思いながら「親指ソフトウェアライブラリ」を見ると、一番上にこんなソフトが。
 『親指ひゅんQ
 106/109キーボードや101/104キーボードをあたかもNICOLAキーボード(親指シフト キーボード)のように使うことができます。』

 ……それって要するに普通のキーボードで親指シフトが使えるってことですか!? そんなことができるのか! そう言えば普通のキーボードの[スペース]と[変換]は親指シフトっぽい位置にあるな。しかも無料。こいつはすごいぞ。おまけに親指タイピング練習ソフトまである。至れり尽くせりじゃないか。
 修得にはある程度時間がかかるかも知れないが、一生使えるものなのだから時間をかける価値はあるだろう。

 一つ不安があった。「[スペース]と[変換]は親指シフトっぽい位置にある」と書いたが、やっぱり親指シフト用キーボードとは位置がちがう。親指シフト用キーボードの[左親指]と[右親指]の境目は[B]の下くらいだが、自分のキーボードの[スペース]と[変換]の境目は[N]の右寄りである。ホームポジションに指を置いた時点で、すでに右手親指を曲げないとキーの上に指がいかない。こんな事で入力できるのだろうか。でも、このようなエミュレーションソフトがあってみんな使っているのだから、大丈夫なのかもしれない。
 ま、やってみればいいんだ。

 さっそくダウンロードして使ってみた。当初あった疑問「[スペース]を左親指キーにするなら、スペースはどうやって入力するんだ?」は、かなキーと同時に押した場合は親指キー、単独で押した(正確には「離した」)場合はスペースとして認識されることが分かってあっさり解決。親指キーは必ず他のキーと同時押しになるから、この挙動で問題ない(*1)。
 嬉々としてタイプ練習ソフトで練習を始め、普段の入力でもできる限りNICOLAで打つようにした。

 練習を始めた当初は、NICOLAは期待通りの快適さを提供してくれた。特にホームポジションの段で打てる文字が多いのが気持ちよかった。JISかなだと、ホーム段で打てる文字は、右手小指のへんぴなところにあるのも含めて12字しかない。しかもホーム段より上段の方が使用頻度が高かったりする。NICOLAだとホーム段10キーだけで29字も打て、使用頻度も高い。練習ソフトで練習中に「ホーム段だけでこんな単語も入力できるのか!」と何度も思った。[:](ホーム段右小指の一つ右)で[BackSpace]というのも気に入った。親指キー同時打ちは違和感があったが、慣れで克服できると思った。同手打ちよりクロス打ちの方が打ちやすいなー。

 しかし、練習ソフトでホーム段を離れる頃になると、最初に思った不安が現実の物になってしまった。
 右手親指キーに割り当てている[変換]の位置が右過ぎて、同手打ちに無理があるキーがある。特に[Y]と[N]がつらすぎる。[H]もかなりつらい。そもそも、右手親指の置き方が不自然なので右手が痛くなる。自分のキーボードはキータッチがやや堅いので、余計にそう感じたのかも知れない(親指シフトには、キータッチが軽い物の方が良いそうだ)。
 この問題は、とても慣れで克服できるものとは思えなかった。専用キーボード導入も考えたが、値段が高いし、将来も入手できるかと考えると不安が残る。
 ちょうど他に試してみたい入力方式を見つけたこともあり、この時点であっさりとNICOLAを諦めてしまったのだった。

*1 その後、問題がないわけではないことが判明する……。日本語入力変遷記6参照。


[PR]
# by koutarou_13 | 2005-06-13 22:40 | ●kouyの日本語入力変遷記 | Trackback | Comments(0)
なんでみんなローマ字?
 昨日の記事で……

 昔はかな入力とローマ字のどちらを選択するかは初心者がいきなり直面する運命の選択だったという印象があるのだけど。勘違いですかね?

 と書いたのだけど、たまたま昨日見たサイトでこんなのが。

ワープロ専用機の時代には、ローマ字入力派とかな入力派とが拮抗していた記憶がありますが、最近はローマ字入力派の方が圧倒的に多い印象があります。
『インストラクターのネタ帳』「突然カナ入力に」

 昔はかな入力も多かったというのは勘違いではなかったようです。

 それにしても、いつの間に、どうしてこんなにローマ字入力が主流になっちゃったんでしょう? みんながみんなローマ字を使うほど使い勝手に差があるとは思えないのですけど。
 そもそも、どちらのほうが良い悪いという以前に、まずキーボードをぱっと見て、キートップに書いてあるひらがなで打つのが自然だとは思わないですか?
 入門書にローマ字が良いと書いてあったから? 『MS-IME』の初期設定がローマ字だから? それとも、やっぱりローマ字とJISかなを比較してローマ字の方が良いと思ったから?
 JISかなとローマ字の比較なら、もっとJISかなが使われてもいいと思うのです。
[PR]
# by koutarou_13 | 2005-06-13 21:04 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback | Comments(0)
かな入力に何の疑問も持っていなかった頃
日本語入力変遷記1
2003年以前:かな入力に何の疑問も持っていなかった頃
――「JISかな」「QWERTYローマ字」の一長一短

 私はもともと「かな入力」を使っていた。ローマ字入力にしなかった理由は、たしか、初めてキーボードに触れた当時、ローマ字が良く分からなかったというものだったと思う。キートップにひらがなが書いてあるのだから、それにしたがって入力するのが当然と思い込んでいたためかも知れない。
 そして、かな入力の1字1打鍵というのは大きなメリットだと感じ、その後もローマ字入力に変える気はまったく起こらなかった。

 それでずっとやってきたのだが、いつの間にか世間ではローマ字入力が大勢を占めるようになっていた。昔はかな入力とローマ字のどちらを選択するかは初心者がいきなり直面する運命の選択だったという印象があるのだけど。勘違いですかね?
 それでも自分が使うのだから他人がどうしようと関係ないと思っていたのだが、実際に困るのが、他人と共用のパソコンを使うとき。ローマ字入力しか使わない人は入力モードの切り替え方も知らなかったりするので、自分がかな入力にしたままにしておくとトラブルになる。でも入力モードを戻すのなんてよく忘れるし、いちいち戻すのもメンドクセ。
 と言うわけで、共用パソコンを使うときはローマ字入力を使うようになった。アルファベットの配列は覚えていたので、最初からまあそこそこは打てた。

 ローマ字入力は1字に2打鍵かかる文字が多い点と、キーの配列が合理的でない点で優れた入力方式とは思えなかったが、良い点もあった
 ローマ字入力の良いところは、使うキーの範囲が狭いことだ。ホーム段、上段、下段の指が届きやすい範囲ですべて入力できるので、タッチタイプがやりやすい。そうなるとキーを叩くスピードも自然と上がり、入力速度もかな入力と比べて遜色ないレベルは無理なく行けるだろう。

 これは、逆に言えば、かな入力の欠点に気が付いたということでもある。
 かな入力は使うキーの範囲が広すぎる。特に最上段と右手小指を多用しすぎる。そんなに多数のキーを使うくせに[Shift]も使用し、「っ」「ょ」や句読点など良く使う文字がシフト側にある。濁点、半濁点が後入力なのは仕方ないとしても、多用するのにへんぴな場所にある。
 などなど、今まで比較対象が無かったので気が付かなかった欠点が、色々気になるようになってきた。

 とは言え、ローマ字入力はローマ字入力で前述の欠点があるわけで、かな入力を捨ててローマ字入力に移行する気にはまったくならない。さて、どうしたものか。
 ……そう言えば、昔、親指シフトという入力方式が良いという話を聞いたことがあった。今でもあるのだろうか。親指シフト用のキーボードなんて最近まったく見かけないが。まあ昔もそんなに見かけた訳じゃないけど。
 とりあえず、どんなものか情報くらい集めてみるか。

 さっそく『Google』の検索窓に「親指シフト」と入力して[Enter]

 これが最適な日本語入力を求める長い道のりのはじまりとなった。
[PR]
# by koutarou_13 | 2005-06-12 22:17 | ●kouyの日本語入力変遷記 | Trackback | Comments(0)
はじめましてこんばんは
 はじめまして、kouyと申します。よろしくお願いします。

 このブログは、日本語入力の方法について、kouyが思ったり、考えたり、やってみたりしたことを書くものです。

 当面は、kouyの日本語入力の変遷を書こうと思っています。

 ローマ字入力も、かな入力もいまいちピンとこない、と思っている方には参考になるかもしれません。
[PR]
# by koutarou_13 | 2005-06-12 20:55 | ●その他の話 | Trackback | Comments(0)
このブログのコメント、トラックバック機能についてなど
●「Trackback」や「Comments」をクリックしても何も起こらないんだけど?
 JAVAスクリプトが無効の場合、「Trackback」や「Comments」をクリックしてもトラックバック欄、コメント欄などは開きません。(エキサイトブログの仕様です)
 JAVAスクリプトが無効でも、記事を単独表示すればコメント欄なども開きます。

●トラックバックできない。コメントできない。
【2013/05/03追加】
 あまりにもスパムが多くなってきたので、トラックバックとコメントを承認制にしました。ブログオーナー(つまり私)が承認するまでトラックバックやコメントは表示されません。

 半角英数記号のみのトラックバック、コメントは受け付けていません。(エキサイトブログの機能)
 また、エキサイトブログ全体でトラックバック、コメントを拒否しているURL、キーワードがあるようです。
 さらに、一時的にエキサイトブログ全体でトラックバックやコメントの受付を停止している事があるようです。
※参考記事:『エキサイトブログ向上委員会』「外部ブログからのトラックバック受付を再開しました」(2006/11/15)

 それ以外の機能的な制限は設けていません。一時、当ブログへのリンクがない記事からのトラックバックを受け付けない設定にしていましたが、現在は制限していません。
 私の考え方は……
1.トラックバックの第一の目的は、トラックバック先の読者に関連する情報が存在することを伝えること。(※1)
2.トラックバック先へのリンクがあるかどうかは、第一の目的とは関係がない。
3.よって、トラックバック先へのリンクがあるかどうかによる制限はできるだけしたくない。
 というようなものです。(あまりにもスパムが多くなってきたら考えます)

 要するに、今のところ当ブログへのリンクがないトラックバックも受けつけます。

※1 もちろん、その情報が存在することを伝える意義があるかどうか最終的に判断するのは、トラックバック先の管理者です。逆に言えば、トラックバックを送る側は、最終判断はトラックバック先に委ねて良いということでもあります。

●エキサイトブログ全体で現在コメントやトラックバック受付を停止しているかどうか知るには?
 だいたい、『エキサイトブログ向上委員会』に現在の状況が掲載されています。

●トラックバックを送信したら文字化けしたんだけど?
 Exciteブログの文字コードがUTF-8のため、他の文字コードでトラックバックを送信すると文字化けするようです。

※参考ページ
Exciteブログでトラックバックが文字化け解決策
無理矢理トラックバック送信/文字化けtrackback対処 - コンビニ・フリーク

 文字化けしたトラックバックが当ブログに送信された場合で、タイトルなど一部分は文字化けせずに読めるなどで、トラックバックとしての機能はある程度果たしている場合は、そのままにします。もしトラックバックを送信された側で削除を希望する場合は、連絡していただければ(コメント、メールなど)削除します。
 完全に文字化けしているなどで意味が分からなくなっている場合は、私の判断で削除します。

 私としては、トラックバックを送ろうとされている方には、文字化けすることは気にせずに送って頂きたいと思います。

●非公開コメントって?
 コメントを投稿する際に、「非公開コメント」にチェックを入れると非公開コメントになります。

 非公開コメントで投稿すると、コメント内容、名前、URLがブログの持ち主以外には見えなくなります(ブログの持ち主以外には「ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。」と表示されます)。また、「最新のコメント」欄には投稿があったことが表示されなくなります。
 非公開コメントでも、各記事のコメント数のカウント(Comments(1)などと表示される部分)はプラスされます。また、非公開コメントの投稿があった日時は表示されます。
 もちろん、ブログの持ち主はコメント内容、名前、URLを見ることができます。

 コメントは非公開コメントで投稿して頂いても大変結構ですが、私がブログ上で非公開で返答することはできない、ということに留意していただけるとありがたいです。
[PR]
# by koutarou_13 | 2005-01-01 00:01 | ●その他の話 | Trackback | Comments(6)
このブログのおすすめ記事
【ローマ字入力・かな入力関係】

●1万字のかなを入力する場合の打鍵数 2008/05/09
 ローマ字入力やかな入力をはじめ、いろいろなかな入力方法の打鍵数を数えて図にしました。

●ローマ字入力とかな入力を切り替える方法―基本編 2006/09/27
●ローマ字入力とかな入力を切り替える方法―トラブル編 2006/09/28
●ローマ字入力とかな入力を切り替える方法 Vista編 2009/11/01
 ローマ字入力とかな入力を切り替える方法と、それにまつわるありがちなトラブル。Vistaになって改善されたので重要度減。

●ローマ字入力の「ん」の入力でNとNNを使い分けるコツ 2006/10/28
 ローマ字入力で「ん」を入力するとき、基本的にN、必要な時だけNN、と使い分けられるようになりました。

●JISかな入力でアルファベットを入力する方法
 アルファベットの入力はローマ字入力もかな入力も変わらないと思う。



【日本語入力配列関連】

■kouyの日本語入力変遷記 2005/06/12~2005/06/21
◆1 2003年以前:かな入力に何の疑問も持っていなかった頃――「JISかな」「QWERTYローマ字」の一長一短
◆2 2004年春:親指シフトの高揚と挫折――「NICOLA」と『親指ひゅんQ』
◆3 2004年夏~秋:中指シフトという入力方式――「月配列」と『菱』
◆4 2004年秋:かな入力以外も最適化しよう――『猫まねき』による機能キーの入れ替え
◆5 2004年冬~春:ホームポジションの移動――普通のキーボードでも親指シフト
◆6 2005年春~:月配列は進化する――月配列U8版
◆7 2005年春~:『姫踊子草』の投入――中指同時打鍵の実現、そして独自配列へ
 このブログはこのシリーズを書くのが目的で開設しました。こんなに長く続くなんて……。

●ローマ字入力はどの配列とも併用できる夢のような配列 2007/01/19
 ローマ字入力さえできれば、いつでもどこでもどんなときでも大丈夫!

●速いことはいいことだ。他に何があると言うんだ 2006/09/04
 速く打てるほど楽。楽であるほど速い。

●各キーの打ちやすさ 2005/08/27
●左手の方が打ちやすい? 2006/02/12
 わたしのキーボードに対する感覚。下駄配列を見る上でめちゃくちゃ重要。

■「親指シフトキーボード体験記」 2007/11/04~2007/11/14
◆1.親指シフトキーボードってどうよ?
◆2.富士通 USB親指シフトキーボード(コンパクト) FKB8579-661EVってこんなキーボード
◆3.親指シフトキーボードは東プレより上だ!
◆4.小梅配列は「素直な配列」
◆5.理想の親指シフトキーボードとは?
 親指シフトキーボードで小梅配列を使ってみた話。

●親指シフトって、みんなどうやってるの?」 2006/02/23
 エミュレータで親指シフトを使う場合の方法とそのメリット、デメリットのまとめ。

●親指シフトチェッカーを作ってみた 2007/11/20
 親指シフトの親指キーの位置の検討

●「そうかもなあ」と思ったことは実際にその通りであった 2006/09/16
 日本語入力配列の選び方。
 「そうかもなあ」と思えるものは自分に合っている、「そうかなあ?」と思うものは自分に合ってない、という法則。




【キーカスタマイズ関連】

■「俺的キーカスタマイズまとめ」 2008/05/18~2008/06/01
◆その1 親指担当キー
◆その2 右手一列シフト
◆その3 その他の機能キー
◆その4 親指モディファイヤ
◆その5 テンキー
◆その6 その他いろいろ
◆その7 まとめ
 わたしのキーカスタマイズ案の集大成。その7には外部リンク集もあり。

●右手一列シフトを使う七つの理由 2005/10/16
●キーボードカスタマイズの「これだけは」 2007/02/16
 キーボードの機能キーの入れ替え案。わずかな労力で得るものは大きい。

●コルクテープを貼って親指キーの高さと大きさを変えよう 2005/12/26
 キーボード改造案。物理的な改造だけど簡単かつ安全。親指シフター以外にもおすすめ。



【ATOK関連】

●唐突にATOK 2005/10/02
 『ATOK』の良いところと悪いところ。ATOKについて一番にいたいことは、『ATOK』の良さは省入力変換だということ。



【このプログで私の言いたいこと】

●なぜ私は配列を変え「なかった」のか? 2006/04/23
 このブログで私の言いたいことのすべて。

2009/12/11更新
[PR]
# by koutarou_13 | 2005-01-01 00:00 | ●その他の話 | Trackback | Comments(2)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧