Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
タグ:タイプウェル ( 39 ) タグの人気記事
最近のタイプウェル国語K@下駄配列
 下駄配列に復帰してからの『タイプウェル国語K』の成績。

 しばらく休むとかえってタイムが上がる法則。
e0002687_19294787.gif
e0002687_19295673.gif
e0002687_1930528.gif
e0002687_19301396.gif

e0002687_19292976.gif

 4モードすべてで、下駄配列に復帰した後に新記録が出ました。
 基本常用語と漢字のミス回数が3というあたりが、もうかなり極まってしまった感じがしますね。

 惜しいのが、カタカナ語での新記録を出した回。6ラップ目の9.390って……_| ̄|○
 まだ記録が伸びる余地があるってことだから、よかったやないか、と思おう。

 もう一つ。
e0002687_193559100.gif

 ノーミス総合成績でやっとレベルが出たました。と言っても、漢字と慣用句・ことわざはノーミスだけを意識して無理矢理出した記録ですが。
 ミス3回以内は普通にやってても出るのだけど、ノーミスはなかなか出ないですね。みなさんはどうでしょうか?
[PR]
by koutarou_13 | 2007-02-08 19:45 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
高速入力に向いているのはロールオーバーできる配列?
 今までも書いてきたとおり、ここ4ヶ月間、ローマ字入力を専業で使い続けていました。

 ローマ字入力をやってみる目的一つに、「ロールオーバー」(※)という打ち方を、私自身ができるのかどうかを確かめる、というのがありました。
 以前、「kouyの異常感覚?」の中で、「kouyは、「ロールオーバーしないで打鍵できる」ではなく、「ロールオーバーさせて打鍵することができない」ではないか?」と書いたことがありました。これが本当かどうか試してみよう、というわけです。

※ロールオーバー:あるキーを押し下げて、そのキーを離す前に別のキーを押す打ち方のこと。

 結論を言うと、ロールオーバーできるようになりました。タイムアタックも後半になって指の速度が上がってくると、自然にロールオーバーするようになりました。国語RのラップタイムでXレベルを出したときなんかは、ロールオーバーで「タタタ……」と決まっているのが自分でも分かって、気持ちがいい。また、『タイプウェル国語R』でだけではなく、普通の変換込みの文章を入力するときもロールオーバーしました。
 指の動く速度は今まで体験したことがない速度になりました。下駄配列でも、自分では限界まで速く動かしていたつもりでしたが、ローマ字入力での指の速さを思うと、今まで速いと思っていたのは何だったんだー、という感じです。
 私がいままでロールオーバーで打っていなかったのは、いままでロールオーバーで打とうとしなかった、というだけのことなんでしょう。

 そして、私の打鍵速度は、『タイプウェル国語R』でGeniusに達するまでになりました。ローマ字入力は打鍵数が多い入力方法ですが、私の下駄配列の速度と比べても差はわずかです(ローマ字入力の記録下駄配列の記録)。
 打鍵数と速度が比例しないことは、これまでも数多くの方が証明してきていましたが、自分でも改めて確認できました。

※打鍵数と速度が“比例しない”と書いています。打鍵数と速度が“関係がない”とは書いていません。念の為。



 しかし、だからロールオーバーで入力できた方が高速入力に向いていると思うかというと、そうは思いません。

 下駄配列のような文字キー同時打鍵の配列に言われることに、「高速打鍵をするとどうしてもロールオーバーするから、ロールオーバーすると誤打になる文字キー同時打鍵配列は、高速入力は難しい」というのがあります。
 しかし、本当にそうでしょうか? 「ロールオーバーで入力できる配列は、そうでない配列と比べて、高速入力が簡単である」と言えるのでしょうか?

 ロールオーバーで高速入力をするのは、難しいことだと思うのです。
 ローマ字入力で高速打鍵ができることの説明として、「か」と入力するとき、慣れてくると[K]と[A]をほとんど同時に押すようになるから、2打鍵でも1打鍵に近い速度で打鍵できる、というのがあります。
 しかし、「1打鍵に近い速度で打鍵」するには[K]と[A]を限りなく同時に近いタイミングで打鍵しなければいけません。
 しかも、[K]と[A]の打鍵順序が逆になってはいけません。逆になると誤打になってしまいます。
 [K]と[A]の打鍵順序を守りつつ、[K]と[A]をできる限り同時に近いタイミングで押す。これは大変難しいことだと思います。
 私が今回ローマ字入力をした体験では、打鍵順序が逆になってしまうミスには悩まされました。このミスの回数は、指の動く速度が上がれば上がるほど増えました。

 ローマ字入力で高速入力をするときのような速度で指を動かせば、ロールオーバーはします。
 しかし、下駄配列でローマ字入力と同じ速度で入力するためには、そこまでの指を速く動かす必要はありません。下駄配列の動作数(同時押しは1打鍵と数えた打鍵数)はローマ字入力の半分以下です。(『下駄配列って何だ?』「下駄配列を解析」を参照)
 つまり、ローマ字入力と同じ入力速度を出すには、下駄配列なら指を動かす速度は半分以下でいいのです。
 ローマ字入力の半分の速度で指を動かす。これなら無理なくロールオーバーしないで打鍵できるのではないでしょうか? 下駄配列で高速入力するとロールオーバーして誤打が増えるのなら、ローマ字入力で高速入力しても打鍵順序が逆になって誤打が増えるのではないでしょうか?

 私としては、同じ人が同じ熟練度なら、ローマ字入力より動作数の少ない下駄配列の方が速く入力できるのではないかと思っています。

 とはいえ、実際にローマ字入力で超高速打鍵ができる方がいらっしゃるわけですから、これに匹敵するくらいのタイムを文字キー同時打鍵配列で出さないと、この説も説得力がないと思います。
 私は下駄配列で『タイプウェル国語K』でXHを出していますが、これが文字キー同時打鍵配列での限界だとは思っていません。自分にできる限りのことはしようと思っています。



 以下は蛇足です。
 ローマ字入力をしていた思ったその他のことを書いておきます。

・「ローマ字綴りが思考の邪魔をする」ということはない。ただし、ローマの綴りがまったく頭に浮かばないということはない。

・『タイプウェル英単語』『タイプウェルオリジナル』も少しやってたけど、ほとんど速くならなかった(ともに総合D)。やっはり英単語は英単語、オリジナルはオリジナルでやらないとダメだ。オールラウンダーへの道は険しい……。

・「カタカナ語の入力に支障がある」(「ブック」と入力するときに、bookではなくbukkuとスムーズに打てるかという問題)ということはない。ただし、これは私が英文タイプをほとんどしないせいかもしれない。(最近では、『ATOK』のカタカナ語英語辞書で変換するので、単語レベルでの入力さえほとんどしない……)

・ローマ字入力の運指の悪さは気になる。同手段越になるものが多いし、「き」「で」の中指同指異鍵も回数が多いので厳しい。右手の母音と句読点が段越になってしまうのもつらい。

・運指で意外と気になったのが「わ」「さ」の左手の薬指→小指。単独なら大したことはないが、連続すると途端にきつくなる。「ざ」も絡んでいるともっときつい。

・ローマ字入力にしてから爪の伸びが気になるようになった。私は大体週に1回、日曜日に爪を切るのだけど、金曜日くらいになると爪が伸びすぎている感があった。

・ホームポジションに指を置く時の、指の曲がり方が大きくなった。どのキーが打ちやすいかは、ホームポジションへの指を置き方で多少変化する。私は今までホームポジションを一番押しやすいように指を置いていたように思う。これだと(もっと指を曲げる置き方に比べて)上段はやや打ちにくくなる。特に[Y][Q][P]が打ちにくくなる。これは重要かもかれない。
[PR]
by koutarou_13 | 2007-01-13 01:13 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback | Comments(3)
やっとローマ字入力Genius
 やっと『タイプウェル国語R』でGenius出ました。
e0002687_016311.gif

 最後の最後は苦労したけれど、何とか達成することができました。
「慣用句・ことわざ」が漢字のタイムを上回っているなど、決してこれ以上は出せないというわけでありません。しかし、当初の目標は達成できたので、ローマ字入力のタイムアタックはこれで終わりにします。
 まあ、ローマ字入力自体をまったくやらなくなるということは無いと思うので、記録を伸ばす可能性が無いわけじゃない。少しやらない期間を挟んだ方がかえって記録が伸びるということもある。(下駄配列ではそういうことがあった

 ローマ字入力をやってみた感想などいくつかあるので、近いうちにまとめて書きたいと思います。

※その、近いうちに書いた記事:「高速入力に向いているのはロールオーバーできる配列?」



 さて、下駄配列に復帰です。
 10分くらい上記の文章を打ったりして指を慣らして、何か結構打てるなあと感じつつ、久々に『タイプウェル国語K』をやってみた。
e0002687_0165869.gif

 え!? 「SC」!?

 前にいろいろな配列をやっていたときは、1、2か月下駄配列に触れなかったら『タイプウェル国語K』でレベルが出ないという状態になっていました。それがローマ字入力を4か月やった復帰10分でこの記録。

 これについても近いうちに書きたいと思います。

※その、近いうちに書いた記事:「ローマ字入力はどの配列とも併用できる夢のような配列」
[PR]
by koutarou_13 | 2007-01-09 00:21 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
年末年始のタイプウェル
 『タイプウェル国語R』、Geniusへの道。

 12月のはじめに基本常用語でSSを出し、これはもうGeniusも時間の問題かと思われたが、12月前半はなかなか記録が出ない。
 しかし12月23日、慣用句・ことわざで、従来の記録を3秒近く更新するジャンプアップで一気にGeniusが見えてくる。これなら年内に行けるか?

 そして……。

e0002687_2282295.gif

 あと152ポイント……_| ̄|○

 元日に基本常用語で新記録出したときは行ったと思ったのだけど。
 年明けてしばらくしてからは休みぼけで(?)まったく手が動かず更新ならず。あと152が重い。正月休み中に下駄配列に戻るつもりだったのに、計画が狂った。でもGenius出るまではやります。
[PR]
by koutarou_13 | 2007-01-04 22:10 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
背中を丸めた方が速くタイピングできる?
 相変わらずローマ字入力で入力しているkouyです。(『タイプウェル国語R』でGeniusが出せるまでやるつもり)
 で、普通に文章を入力しているときはまあいいんですが、『タイプウェル国語R』をやっていると、どうしても指に力が入ってしまうんですよ。力を抜こう、抜こうと意識していても、熱くなってきてガーっと動かすと、つい力が入ってしまう。
 力が入ると逆に速く動かなくなるし、動きがぎこちなくなってミスタイプが増えるし、疲れるし、いいことがない。

 ところが、あるとき少し姿勢を崩して背中を丸めてタイピングしてみたら、不思議と指の力が抜けていいタイピングができました。
 どうも、タイピングにおいて姿勢は重要だという意識が強かったので、姿勢を良くしようとするあまり、かえってその姿勢を維持するために体に力が入っていたような感じがします。
 背筋をピンと伸ばそうとして、逆に背筋が反るようになっていたり、背もたれに背中を押し付けていたり。これだとかえって体に余計な力が入り、手に力を入れないと手が下に動かない感じがします。
 背中を少しだけ丸めた方が、体の力が抜け、手が自然に下に下がり、力を入れないでキーを押せる感じがします。
 何というか、指の動きに「遊び」ができる感じ。例えると、背筋を伸ばした状態では張りつめた糸のようなタイピングだったのが、背中を丸めた状態では緩んだゴムのようなタイピングになった、というか。

 単にkouyの普段の姿勢が悪いだけという可能性もありますが……。



 例によって、現在の『タイプウェル国語R』の成績を貼り付けておきます。
e0002687_2092313.gif

 ついに漢字の読みを克服して(?)漢字の成績が躍進。なんと基本常用語を上回ってしまいました。
 全体としても、もうこれ以上速くならなくても、今の速度で最後まで打ち切れれば、Genius相当のタイムは出せる感じがします。
 まあ、その「今の速度で最後まで打ち切る」というのが大変なんだけど。
[PR]
by koutarou_13 | 2006-11-30 20:12 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
タイプウェルの流れる文字って見てますか?
 以前、『タイプウェル国語R』は漢字交じりのワードを部分を見てプレイしていると書きましたが、「漢字交じりのワード」が表示される部分にも2種類あります。一つは画面上半分のワードが表示されている部分、もう一つは画面下部のローマ字綴りが表示されている部分のど真ん中に表示される「流れる文字」です。(流れる文字を表示するかどうかはオプションで設定できます)

 それで、私はいままでは「流れる文字」を見ていました。理由は、ローマ字綴りの表示が近いから。ミスタイプしたときや読み方に迷った場合に、素早くローマ字綴りを確認できる。最初は、途中で「流れる文字」の表示位置が動くときに戸惑うけど、慣れれば大丈夫です。

 しかし、ある時ふと思い立って、「流れる文字」は非表示にし、画面上半分を見るようにしてみました。
 そしたらこれが打ちやすい! いままでは次に打つかなを追うのに必死だったのに、画面上半分を見ると次に打つかなが早め早めに頭に入ってくる感じです。どうも、動くものを目で追うというのが、予想以上に神経を使うようです。表示される文字がやや小さいけれど、「文字・画面サイズの設定」を12ポイントにすることで解決。(ちなみに、以前書いた画面の解像度を下げる手は、まだ使っています。タイプウェルの表示を16ポイントにしてもまだ文字が小さい感じがするので)
 と言うわけで、これからはこっちを見ることにします。

 ……が、漢字モードをプレイし始めると問題点が発覚。予想していたことではありますが、漢字の読みに苦戦。
匝嵯
 ……読めません。
羽咋
 ……読めません。
上山
 「うえやま」? 「かみやま」?
 ……「うえのやま」か。
行方
 「なめかた」じゃないの? いや、将棋のプロ棋士に、そういう名前の人がいるもので。
※なお、市名の場合は「ゆくえ」ではありません。正解は「漢字モード地名リスト」を見て下さい。
羽生
 羽生市の方には悪いけど、将棋ファンの私としては「はぶ」以外には読めません。
          果
 「か…ぶつ」……ってなに?
 ……「くだもの」じゃん_| ̄|○

 最近は読めるようになってきたつもりだったんだけど、結構ローマ字綴り見てたんだなあ。タイピングの勉強の前に漢字の勉強が必要だということですね。



 『タイプウェル国語R』の現在の成績を貼っておきます。部分的にはXレベルも出るようになってきました。
 基本常用語と他に差が付いてしまった。これを見ると、やはり漢字が読めていないのことが分かりますね。やっぱり国語Rは漢字が鬼門だ。
e0002687_1649059.gif

[PR]
by koutarou_13 | 2006-11-05 17:04 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback(1) | Comments(0)
タイプウェル国語Rって不利じゃない?
 『タイプウェル国語R』をやっていて思うんですけど、『国語R』だと打つべきかなが表示されないのがきつくないですか?

 『国語K』をやっていたときは、ウインドウ下のかなが表示される部分しか見ていなかった。
 国語Rだとローマ字綴り漢字交じりのワードしか表示されない。ローマ字綴りの部分をを見ているとアルファベットを経由するという思考から抜け出せないので漢字交じりの部分を見ることになるのだけど、漢字が読めなかったり、読み方に迷うときがあるし、ミスタイプしたときにどこでミスしたのか分かりづらい。漢字のタイムが伸びていないのはこれが原因ではないか。(国語Kをやったときは、どの配列でも漢字は基本常用語と同等かそれ以上のタイムを出していた)
 かなが表示されないという時点で、国語Rはハンディがあるように思います。

 自分で考えた文章を(かな漢字変換で)タイピングするときに頭の中で思い浮かべるのは、ローマ字綴りでもなく漢字でもなく、かなだと思うんですよ。だとしたら、ローマ字入力の場合でもローマ字綴りではなくかなが表示された方が練習になるんじゃないでしょうか。

 現在の『タイプウェル国語R』の記録を貼っ付けておきます。純粋なローマ字入力の成績です。ローマ字カスタマイズはしていません。

e0002687_10182124.gif

 Professionalまではある程度集中して練習したら達成できたけれど、そこから先はなかなか。目標はGeniusだけど、まだラップタイムでもGenius相当のタイムは一度も出せていない。先は長い。
[PR]
by koutarou_13 | 2006-10-08 10:27 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(2)
ローマ字入力をどれくらいロールオーバーで打っているのか調べてみた
 最近ローマ字入力を使っているのです。
 理由は、いろんな配列をやってみたいというのが一点。『タイプウェル国語R』の記録をもっと伸ばしたいというのが一点。前に「専業でQWERTYローマ字入力をやっもっと伸びるのかな」というのを実際に試してみようというのが一点。その他もろもろ。

 それで、ローマ字入力を練習していて速度も少しは上がったのだけど、それでも『タイプウェル国語R』で総合レベルSIといったところで、下駄配列のGeniusにはほど遠い。『タイプウェルFT』の社説打ちでも下駄配列ならSJかAくらい出るけど、ローマ字入力ではDかEだし。こんなんで本当にGeniusに届くのかな?という感じがする。
 よく、「指がキーを叩く速さよりも、頭の中で文章を処理する速さの方が遅いから、打鍵数が少なくても文章をタイピングする速度は変わらない」という説を聞くけれど、私はこの説は信じられません。やっぱり打鍵数は直接速度に反映されると思う。大半のかなを2打鍵で入力するローマ字入力が、1打鍵でかなを入力できる方法と同じ速度が出せるというのは、私の感覚では「考えられない」です。

 私がそう思う理由を考えてみると、「ロールオーバーさせて打鍵することができない」のではないかというところに行き着くのです。
 そこで、私がローマ字入力をしているときに、ロールオーバーさせて打鍵しているのかどうか、調べてみることにしました。

 ここで、前回作った『菱』のQWERTYローマ字入力設定ファイルが登場します。『菱』には「記録を取る」という機能があって、『菱』を使ったキー入力を記録できます。これが押したキーはもちろんのこと、打鍵の間隔は1万分の1秒単位で記録、さらにキーを押し下げた時だけでなく、キーを離した時も記録されるスグレモノ。
 これを使えば、ロールオーバーで打鍵したかどうかはすぐに分かります。

 と言うわけでいつもの『タイプウェルFT』の社説打ちでちょっと記録を取ってみました。
 このときの成績はCPM(1分あたりの文字数)83.3、タイプウェルレベルD、という、最近のローマ字入力の社説打ちでは平均的な結果でした。

●2006.10.05社説打ちの『菱』ログ:2006.10.05yomiuri.log

 このファイルで「down」が2回続いている部分が、前に押したキーを押し下げたまま次のキーを打った、すなわちロールオーバーしたということになります。

 カウントしてみると、ロールオーバーで打鍵したかなは232文字、この文章の字数が1015字だから結構な割合ですね……。もっときれいに「down」と「up」が並ぶのかと思ったけれど、意外にロールオーバーで打ってるなあ。最近の練習で少しはロールオーバーで打てる割合が増えたと思うけど。下駄配列打つときとローマ字入力を打つときでは打ち方が違うということなのかしら? いずれにせよローマ字入力はもう少し続けてみるつもり。
 本当は下駄配列を打っているときにロールオーバーしているかどうかも調べたいのだけど、良い方法が見つからない。キーを離したタイミングも分かるキーロガーってありませんかね?

 以下はロールオーバーして打ったかな(またはローマ字綴りの一部)です。左の数字がロールオーパした回数。右がこの文章での出現数です。

More
[PR]
by koutarou_13 | 2006-10-07 01:27 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback | Comments(11)
いつかきっとタイプウェル
 前に書いたとおり、下駄配列での『タイプウェル国語K』の記録を半年ぶりにランキングに送りました。

 そしたらまたも『タイピングスピードランキング|GANGAS - Type Well Fan』のトップページの「今週の Pick Up」のコーナーで私の記録が載っていました!
 いつもこのコーナーは、『国語K』だとXAとかの人が載っているのに、こんな記録で紹介していただいて、嬉しいやら申し訳ないやら。いずれは一つ上のコーナーで紹介していただけるようにがんばります。

 現時点での『タイプウェル国語K』総合成績の写真を載せておきます。記録を送ったときよりもちょっただけ更新しています。

e0002687_2192448.gif

[PR]
by koutarou_13 | 2006-08-12 21:13 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
タイプウェル、絶好調!!
 この前『タイプウェル国語K』で下駄配列に復帰して新記録が出たと書いたけれど、それからわずか数日でこんな感じに。
e0002687_1165169.gif
e0002687_116398.gif

 もう絶好調。指が軽やかに早く動く感触が気持ちいい。レベルもひとつ上がりました。
 下駄配列を中断する前は1ヶ月以上新記録が出ていなかった種目もあったのに、もう全種目で新記録が出ました。これはもう中断する前より良い感じですね。

 ある配列を使い続けるより、今使っている配列を一度やめて、別の配列を習得してから元の配列に復帰すると、かえって速度向上に貢献するとかあったりして??

ランキングに記録を送るの忘れていた……。来週こそ忘れずに送ろう……)
[PR]
by koutarou_13 | 2006-08-07 00:22 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧