Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
タグ:ローマ字入力 ( 27 ) タグの人気記事
マイタイピングで「3時間新下駄配列速習教材」を作った
 『マイタイピング』というタイピングゲーム・サイトがあります。プレイするだけではなく、ワードを自由に作って公開できるサイトです。ローマ字綴りは自動的に作ってくれるし、拗音文字後付けの綴りでも入力できる(「しゃ」を“silya”など)のがいいですね。
 というわけで、またまた「3時間新下駄配列速習教材」を使わせていただいて、ひとつ作ってみました。

3時間新下駄配列速習教材 | 【無料で練習】マイタイピング

 例によって、「9【小書き・特殊記号】」は難度が高すぎると思うので省略しました。また、文字数制限があるので1~5は2つのワードに分割してあります。

 言うまでもなくマイタイピングは新下駄配列には対応していないので、新下駄配列で入力する手段はプレイヤー側で用意する必要があります。この手のFlashゲームは『のどか』しか受け付けないかと思いきや、『姫踊子草』『DvorakJ』『やまぶきR』でも入力できました。ただし、『姫踊子草』では「!」と「?」だけは新下駄配列の入力方法([FB]、[JN])では入力できませんでした。たぶんローマ字入力で[Shift]を使う文字入力できないのだと思います。通常のローマ字入力の方法、つまり[Shift]+[1]、[Shift]+[/]で入力することはできます。「!」と「?」は各1回しか出てこないので、プレイできないことはありません。
 ランキング登録もありますので、新下駄配列をお使いの方はぜひ一度お試しを。

 「3時間新下駄配列速習教材」はもちろん新下駄配列を練習するためのワードなわけですが、実はローマ字入力の練習にもいいんじゃないかと思っています。ローマ字入力で入力できる文字の種類は、新下駄配列とほとんど同じなんですよ。ローマ字入力と新下駄配列は、清音と濁音の入力方法が別、拗音入力あり(拗音文字後付けではない)という点で共通しているので。
 したがって、「3時間新下駄配列速習教材」をローマ字入力で入力すると、一部の外来音などを除いたすべてのローマ字を練習できることになります。新下駄配列で単打面の文字を多めに入力することになりますが、新下駄配列で単打面の文字はおおむね出現率の高い文字だから、多く練習するということでいいでしょう(新下駄配列の面分けは無意味になりますが……)。特に拗音や外来音の練習にはいいと思います。
 というわけで、ローマ字入力をお使いの方もぜひ一度お試しを(^_^;)
[PR]
by koutarou_13 | 2014-05-18 22:27 | ●新下駄配列あれこれ | Trackback | Comments(0)
もし新下駄配列が使えなくなったら?
 新下駄配列などのローマ字入力でもかな入力でもない配列を使う場合に心配することの一つに、「将来、OSやPCを使う環境などが変わったときに、その配列を使い続けることができるか」というものがあると思います。

 この問題に対する自分の考え方は、次のようなものです。

「新下駄配列を使えなくなったら、ローマ字入力を使えばいいじゃん」

 今でも自分のPC以外では、ローマ字入力を使用して何の不自由もなく使えています(新下駄配列より使いにくいとは思ってしまいますが)。
 新下駄配列に限らず、ローマ字入力でもかな入力でもない配列を使用している人は、自分のPC以外ではローマ字入力を使用しているという人が多いと思います。ローマ字入力はほかの配列と併用しても問題なく使えるようです。(そうできる理由については諸説あります。私見は「ローマ字入力はどの配列とも併用できる夢のような配列」を参照)
 仮に将来、新下駄配列が使えなくなっても、何も困ることはありません。ローマ字入力を使えばよいのです。

 そもそも、新下駄配列が使えなくなるという事態が訪れるかどうかが疑問です。

 ありがたいことに、日本語入力配列などを実装するソフトを作ってくださる方や、そのソフトの設定ファイルを作ってくださる方が多数おられます。その方々により、過去から現在に至るまで、新下駄配列などの配列を実装できる環境が整えられています。
 Windows XPからWindows Vistaに移行するときに、『窓使いの憂鬱』という強力なアプリケーションが開発終了する、ということがありました。
 しかし、自分が下駄配列時代から使用している『姫踊子草』はVistaでも使用できました。使えなくなった『窓使いの憂鬱』も、その後Vista、7に対応した『のどか』などの後継ソフトが誕生しました。
 また、『DvorakJ』『やまぶき』という、新下駄配列を含むさまざまな配列を実装できるソフトが登場しました。
 さらに、わたしはMacは使わないので詳しくは分からないのですが、『Mac OS X』でも『KeyRemap4MacBook』で新下駄配列を実装できるそうです。(『ただひた走る日記』「Macで下駄配列(2010/11/13 第3版) 」「懲りないねぇ・・・」
 新下駄配列を実装する環境は、下駄配列が完成した頃より向上していると言えます。

 PCを使う環境の方も、新下駄配列は個人的なPCでしか使用していないので、「職場で使えなくなる」などの心配はそもそもありません。個人的なPC以外での文章入力量が相対的に増えるということはあるかもしれませんが、個人的なPCでの文章入力の絶対量が大きく減るということは、たぶんないでしょう。

 そんな将来のことを心配するより、新下駄配列を使っていることで、今現在、日本語入力がしやすくなっているというメリットを享受している。このことの方が大切です。
 「新下駄配列を使うことで入力はしやすくなるかもしれないが、将来使えるかどうか心配だから、新下駄配列を使わない」という選択をしてしまうと、現在受けられるはずのメリットを受けられないことになります。

 仮に「将来は、確実に新下駄配列を使うことができなくなる」とか「新下駄配列を使えなくなるという事態を迎えると、PCで日本語入力することが著しく困難になる」というのなら、「新下駄配列が使えなくなったら困るから……」というのも分かります。
 しかし、実際は新下駄配列が使えなくなる公算が高いわけではないし、仮にそうなってもローマ字入力を使えば済むことです。
 自分は、将来起こるかどうか分からない・起こっても大したことがない事態を心配して現在受けることのできるメリットを手放すより、とにかくいま受けられるメリットを享受しておく方を取ります。その方が合理的な選択だと思うのです。
[PR]
by koutarou_13 | 2010-12-04 23:48 | ●新下駄配列あれこれ | Trackback | Comments(0)
ローマ字入力の最適な打鍵タイミングってなんだ?
 前回追記した最適な打鍵タイミングについての記述で、「これはどんな配列にも言えます。同時打鍵を使う配列に限った話ではなく、普通のローマ字入力でも同じです。」という部分について、どういう意味かという質問を受けたので、補足します。

 ローマ字入力の最適な打鍵タイミングは、「前のキーを押したら限りなく速く次のキーを押す」です。これが実現できれば最も速く正しく打鍵することができます。
 特にローマ字入力の場合は、子音と母音の組み合わせで1文字を入力するので、その時は「同時」のタイミングで押しているという感覚を持っている人も多いでしょう。

 しかし、それを真に受けて初心者がいきなり「子音と母音を同時に押す」という押し方をしたら、子音と母音の打鍵順序が逆になるミスが頻発するはずです。
 最初は、打鍵順序が逆になることがないように、1キーずつ順番にゆっくり打鍵していきます。慣れてくると「このくらいのタイミングで打鍵すれば、打鍵順序が逆になることはない」というタイミングがつかめてきます。

 そのタイミングには、個人差があります。前のキーを押した直後、間髪入れず次のキーを押すという理想的なタイミングで打鍵できるという人もいるでしょう。それだとどうしても打鍵順序が逆になってしまうので、もう少し余裕を持ったタイミングで打鍵しているという人もいるでしょう。

 このようなタイミングは、一朝一夕で身につくものではありません。それぞれの人が自分の経験の中で会得して、自分にとって最適なタイミングで打鍵しています。

 このようなことは、ローマ字入力だけではなく、すべての配列について言えることです。
 どんな配列にも、それが最速で、それ以上速く打鍵するとミスになるというタイミングがあります。
 その配列を使い始めてすぐはそのタイミングが分かりませんから、余裕を持ったタイミングで打鍵するようにします。慣れてきて最適なタイミングが身についてくると、速く正しく打鍵できるようになるのです。
[PR]
by koutarou_13 | 2010-08-01 13:58 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback | Comments(0)
フリーペーパーR25に片手タイピングの記事
 フリーペーパー『R25』で、増田式の片手タイピングの記事が出ています。
 『R25.jp』でWeb上でも読むことができます。

[雑学] 仕事効率も、グンとUP片手タイピングのススメ RxR R25.jp

 何はともあれ、ローマ字入力でもかな入力はでもない入力方法の存在を知ってもらえる機会があることは、嬉しいです。



 ローマ字入力の問題点は、2つあると思います。1つは、効率が悪いということ。これはわたしも下駄配列を作るなどの方法で対処しています。
 もう1つは、ローマ字入力は初心者にとって難しいということです。

 『けいならべ』「「けいならべ」の理念」で、わたしは次のように書きました。

■本当は難しいローマ字入力

 ローマ字入力は覚えるキーの数が少なくて済むので簡単である、初心者に向いている、とよく言われます。

 しかし、ローマ字入力で覚えるキーが少ないというのは、あくまで「かな入力と比較して」ということです。

 ローマ字入力をする上で最低限覚えなければならないキーの数は、23キーもあります。しかも、アルファベットの配置はほとんどバラバラで法則はありません。これらの位置を習得することは、そんなに簡単ではありません。

 規則的な配置になっていれば、――例えば、[A][I][U][E][O]は右側に、他のキーは左側に並んでいるというような――覚えるのはずっと簡単なことになります。

 パソコン初心者が入力する姿を見ていると、やはり文字入力で一番苦労しているように見えます。ローマ字入力はアルファベットの位置も同時に覚えられるというメリットはありますが、入力する機会が多いのは、圧倒的にかなです。アルファベットなんて、それこそキーボードを見て、探して打てれば十分だと思います。

 「ローマ字入力は効率が悪い」
 「ローマ字入力は初心者にとって難しい」
 この2つの問題のうち、どちらがより問題が大きいかというと、後者だと思います
 だって、わたしはローマ字入力の効率の悪さには困っていませんもの。下駄配列を使っているから。
 ローマ字入力の効率の悪さに問題を感じるくらいなら、パソコンはそれなりに使える人のはずです。文字入力の情報を調べて、ソフトをインストールして、NICOLA(親指シフト)なり、月配列なりを使うことは、できると思うのです。

 ローマ字入力は初心者にとって難しいという問題は、現在のところ対処法はありません。まず、初心者はローマ字入力(と、かな入力)以外の入力方法を知りません。知っていたとしても、導入するのは初心者にとっては大変な作業です。

 今回の『R25』の記事は、「ローマ字入力よりも簡単な入力方法をパソコンでも実現できる」ということを知ってもらえたという点では良かったですが、実現する方法が『MS-IME』のローマ字設定なので、やはり初心者には大変だと思います。(しかも、書いてある方法では完全には実現できない気がする……)
 「けいならべ」も、「初心者でも簡単に使える入力方法を」ということで作ったのですが、導入するには『菱』などを使わなければならないので、目的が実現できたとは言えません。
 初心者でも簡単に使えるソフト作って、大手パソコンメーカーがプリインストールしてくれたらいいんだけど。そういうのダメですかね?

 キーボード配列のJIS規格化の動きがあるという話がありますが、わたしとしては、効率の良い入力方法についてはどこかのだれかに任せておいて、JIS規格化とか大掛かりなことをするなら、五十音配列とかポケベル方式のような、初心者でも簡単に入力できる方法をデフォルトにして欲しい、と思っています。
[PR]
by koutarou_13 | 2008-09-28 19:27 | ●行段系配列けいならべ | Trackback | Comments(2)
1万字のかなを入力する場合の打鍵数
 いくつかの配列について、キーごとの打鍵数を調べてみました。
 ここでは、「かなを1万字入力したら平均してそのキーを何回打鍵するか」という考え方で打鍵数を算出しました(そのかなの出現数×10000÷全体のかな出現数)。これならどれくらいそのキーを使うのかイメージしやすいし、サンプルを変えた場合でも比較できる。
 サンプルとなる文章は、ネット上やその他の文章を適当に集めた約100万字(※1)を、『Kanji2na』で漢字とカタカナをひらがなに直して、『morogram』で分析したものです。アルファベットや記号は〓に置き換えています(アルファベットや記号がいくつ連続しても〓は一つ)。
 分析結果の1-gram2-gramを置いておきます。

※1 その100万字データと、その作成方法:「100万字日本語かなn-gramデータ」

●ダウンロード:N-gram_1gram.txt
●ダウンロード:N-gram_2gram.txt

※わかりやすい『Kanji2na』の使い方:
『漢直ノート』「Kanji2na」
※わかりやすい『morogram』の使い方:
『漢直ノート』「morogramの使い方」
「N-gramモデルを利用したテキスト分析 ―実際にmorogramを使ってみよう―」


 「かな1万字」の数え方は、「濁点・半濁点は0文字」「小書きのかなは1文字」「句読点は1文字」「句読点以外の記号、数字、アルファベットなどは0文字」としました。

 調べた打鍵数を画像にしたんですが、このブログだと画像が見にくいので、下記のリンク先のページにもアップしました。たぶん、こちらのページの方が見やすいです。ついでに(結構主観的な)一言コメントもいれました。
■1万字のかなを入力する場合の打鍵数

●ローマ字入力
e0002687_22574996.gif

●けいならべ
e0002687_218327.gif

●JISかな入力
e0002687_2165353.gif

●新JISかな入力
e0002687_325996.gif

●月配列2-263式
e0002687_2172146.gif

●NICOLA
e0002687_217357.gif
●小梅配列1.3.0版
e0002687_2174834.gif

●下駄配列
e0002687_2162122.gif

 表の見方は、だいたい見た目で分かりますよね?
 表の右下の数値は、上がシフトを0打鍵と数えた場合の総打鍵数、下がシフトを1打鍵と数えた場合の総打鍵数です。ただし、ローマ字入力や月配列のように、シフトの打鍵のタイミングが文字キーの打鍵と変わらないものについては、シフトを1打鍵と数えた数値のみを出しています。
 キーの色は、200打鍵以上が黄、400打鍵以上がだいだい色、600打鍵以上が赤です。おおざっぱな分類ですし、600以上が全部赤なので、色だけじゃなくて数字も見て下さい

※表示されている数値は小数点以下の位を四捨五入した整数ですが、実態は小数点以下の位も保持しています。したがって、各キーなどに表示されている数を単純に足し合わせても、表の合計欄の数と同じにならない可能性があります。(2012/01/26追記)

 人によって使用するキーや指が異なりそうな部分は、以下の方法で数えました。

 ローマ字入力で使うキーについて。
・複数のローマ字つづりがあるものは、「ローマ字綴り対決」で、取り上げているものはその通りに。それ以外は打鍵数が少なくなるように入力。
・「っ」は次に子音(n以外)が来る場合はその子音で入力。その他は単独で入力。(ただし、「っ」の次に「っ」が来る場合は、最初の「っ」は単独で入力したと見なす)
・「ん」は次にあ行、な行、や行が来る場合は[N][N]で入力。それ以外は[N]で入力。

 外来音が小書きのかな後付け以外の方法でも入力できる配列では、「うぃ」「うぇ」「うぉ」「しぇ」「じぇ」「ちぇ」「てぃ」「でぃ」「ふぁ」「ふぃ」「ふぇ」「ふぉ」の12音はその方法で入力。その他は小書きのかな後付けで入力。

 左右のシフトどちらを使っても同じ文字を入力できる場合は、文字キーを押した手とは反対の手を使ってシフトを押す。

 最上段キーと右端キーの担当指について。
・左手:[1]は小指、[2]は薬指、[3]は中指、[4][5][6]は人さし指。
・右手:[7][8]は人さし指、[9]は中指、[0]は薬指、[-][P][;][/]とそれより右のキーは小指。



 今回の画像を作るために、『OpenOffice.org Calc』で作った表計算ファイルを置いておきます。今回画像を作った配列以外の配列のデータも入っています。
 一応、他のサンプルで調べたり、他の配列の打鍵数も調べることもできるように作りました。
e0002687_2257296.gif

 シートXの、H列がかなの出現数、I列が拗音調整したかなの出現数です。
 「拗音調整」というのは、ここでは、「きょ」の出現数を数える代わりに、「き」と「ょ」の出現数から「きょ」の出現数を引く、というような意味です。ローマ字入力や下駄配列のように、拗音の入力方法が小書きのかな後付け以外もある配列では、拗音調整した方の出現数を使います。
 B列とC列が、全体のかな数が1万字だった場合の各かなの出現数です。
 H列を入力すると、I列、B列、C列は表計算ソフトの方で計算されます。

 シートYは、拗音や、ローマ字入力の「っ」と「ん」での入力キーを数えるためのシートです。小書きのかなに対する各拗音の割合や、「っ」や「ん」の次に出現するかなの割合を計算します。(拗音調整後のかな数(シートXのI列)は、これを使って算出されます)
 これを入力するには2-gramのデータが必要です(「っc」は3-gramも必要)。データがない場合は、「最初から入力してある割合と同じ」ということにして、省略することもできるようになっています。(もちろん、正確さは減少します)

 そして、配列のシートの右側の方にある配列図を入力すると、各キーの打鍵数が算出されるようになっています。
 ……が、実際には調整しなければ部分がある場合が多いので、適宜入力して下さい。
 濁点や半濁点の担当キーは、そのキーのセルの計算式に「濁点」「半濁点」と入力すると濁点、半濁点の打鍵数が加算されます。(「名前の指定」([Ctrl]+[F3])を使用)

●ダウンロード:keycount.ods
[PR]
by koutarou_13 | 2008-05-09 23:39 | ●その他の日本語入力配列の話 | Trackback(1) | Comments(0)
ローマ字入力はどの配列とも併用できる夢のような配列
 近いうちに書くといっておきながら随分経ってしまいました。「やっとローマ字入力Genius」の後半に関連した話です。

 複数の入力方法を使い分けることができるのか? という問題があります。
 過去にいくつかの配列を試用したとき、そして今回ローマ字入力を4か月やったときに、併用できるかどうか、一つの配列を使用すると別の配列を忘れるかどうかを試してみたので、その結果を書きます。



 始める前は、併用できるかどうかの条件は、次のようなものがあり得ると考えていました。

・「かな系と行段系の配列は併用できる」
 よく言われる。
・「かな系とかな系、行段系と行段系は併用しにくい」
 上の逆で。
・「日常的に併用していればどんな配列でも併用できる」
 自分がローマ字入力とJISかな入力を併用していた期間が長かったので。結局慣れの問題では?
・「一度習熟した配列なら、しばらく離れていても忘れない」
 タイピング練習をさぼっても速度が落ちるということはあまりないので。
・「常時使っていないと配列は忘れる」
 NICOLA(親指シフト)を初めてJISかな入力を使わなくなると、JISかな入力は打てなくなった。



 まず、下駄配列をマスターした後に、3つの配列を試用したときの話です。
 新しい配列をメインに使っていましたが、下駄配列がどれくらい打てるかを確認するために、たまに下駄配列でも文章を打ってみました。

 結論を言うと、まったく併用できませんでした
 新しい配列始めてすぐのまだ指が動かない段階では、下駄配列は打てます。
 しかし、新しい配列に慣れるにしたがって下駄配列の方が怪しくなり、新しい配列を始めて1~2週間、『タイプウェル国語K』(以下『国語K』)でレベルFが出せるくらいになると、下駄配列の方は打つのが苦痛になってきます。苦痛なことをやってもつまらないので、この時点で下駄配列の使用をやめて新しい配列一本にしました。
 そして、新しい配列で『国語K』がProfessionalになるころには、下駄配列ではレベルJ(最低レベル)も出せなくなっています。(ただし、3日も練習すればProfessionalを出せる程度には戻ります)

 この現象は、かな系配列同士の「下駄配列と飛鳥配列」「下駄配列と星配列」でも起こりましたし、かな系配列と行段系配列である「下駄配列とけいならべ」でもまったく同じように起こりました。



 その後、星配列から下駄配列に復帰するときに、星配列下駄配列を基本的に毎日交互に使うというのをやってみました。(自分のパソコン以外ではローマ字入力を使っていたのだから、3つの配列を併用していたとも言えます)

 2週間ほどやってみましたが、これでも併用は厳しいと感じました。
 練習するうちにある程度併用はできるようになります。最初は一方で『国語K』でレベルEが出るようになると、もう一方はまったく指が動かないという状態でしたが、練習しているうちに双方レベルE以上は出せるようになってきました。
 しかし、配列を切り替えてすぐは混乱するし、双方の配列の取り違えるミスも多くて大変辛い思いをしたので、2週間で実験を打ち切りました。

 1つの配列を覚える場合との最大の差は、一度上がった速度が落ちてしまうこと。
 1つの配列を練習しているときは、配列を暗記してしまえば速度はみるみる上がり、練習をしなくても衰えることはありません(かえって少し休んだ方が速くなるくらい)。
 しかし、2つの配列を同時進行で覚えようとすると、片方の配列が速くなるともう一方の配列の速度が落ちてしまいます。もう一方の速度を戻すのに一苦労ということの繰り返しで、なかなか進歩しません。



 多くの組み合わせで併用ができなかったなか、併用ができた組み合わせがあります。ローマ字入力です。

 もともと自分のパソコン以外ではローマ字入力は常に使っていたので、どの配列とも併用していたことになります。

 そして、この前まで4か月、自分のパソコンでもそれ以外のパソコンでもローマ字入力を使うローマ字入力専業生活をしていたわけですが、ローマ字入力をやっている最中から「問題なく下駄配列で打てるな」と感じていました。ちょっと頭の中で思いついたフレーズで指を動かしてみると、普通に指が動くのです。これは、今まで下駄配列から離れたときにはなかったことでした。

 そして実際、下駄配列復帰10分で『国語K』でレベルSCを出せたというのは前に書いたとおりです。レベルSCはさすがに驚きましたけど。せいぜいレベルSJが出るかどうかだと思っていました。(ちなみに、その後基本常用語で自己3位の記録が出るなど、今では速度はさらに戻っています)



 と言うわけで、最初に考えていた5点は、すべて否定されました。

・「かな系と行段系の配列は併用できる」
 下駄配列(かな系)とけいならべ(行段系)は併用できなかった。
・かな系とかな系、行段系と行段系は併用しにくい。
 けいならべ(行段系)とローマ字入力(行段系)は併用できた。(かな系とかな系で併用できた組み合わせはなかった)
・「日常的に併用していればどんな配列でも併用できる」
 下駄配列と星配列の併用は、毎日使用配列を切り替えていても厳しいと感じた。
・「一度習熟した配列なら、しばらく離れていても忘れない」
 下駄配列はもともと『国語K』でGeniusが出せたのに、他の配列(ローマ字入力以外)をやったときはJも出せなくなくなった。(少しの練習で元に戻るというのはあるが、「忘れない」ということはない)
・「常時使っていないと配列は忘れる」
 4か月ほどQWERTYローマ字入力のみを使っていたが、下駄配列に復帰してすぐにかなり速い速度で打つことができた。

 結局、併用できた配列は、「ローマ字入力と別の何か」だけでした。ローマ字入力と他の配列なら併用できて、他の組み合わせはすべて併用できない。
 ローマ字入力は、他のどの配列とも併用できる夢のような配列である、というのが今のところの結論です。



 なぜローマ字入力はこのようにいろいろな配列と併用できるのか。
 ローマ字入力はローマ字綴りを通じて入力することが関係していると思います。ローマ字入力は慣れればローマ字綴りに頼らなくても入力できるようになりますが、英字入力でQWERTYを使っていて、ローマ字綴りを理解できる限り、ローマ字綴りをまったく意識しないというのはできないんじゃないかと思います。
 しかし、本当にそうかどうかはよく分かりません。Dvorakを使ってみれば分かるかもしれません。英字はDvorak、日本語はQWERTYローマ字でやったらどうなるんでしょう? 私の推測では、Dvorak英字をやるとQWERTY英字は忘れるので、QWERTYローマ字でローマ字綴りを意識しなくなる。よって、他のかな系の入力に影響が出る、となると思うんですけど。

※配列併用に関する記事(外部リンク)
『月は空き地でいっぱい』「複数の入力方式を併用すること」
『姫踊子草の楽屋裏』「入力法はいくつ併用できるか?」
『秘伝タイピング二刀流奥義』

※2009/07/05追加
「たぶん3つの配列を使えています - tomoemonの日記」
[PR]
by koutarou_13 | 2007-01-19 01:08 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback | Comments(13)
高速入力に向いているのはロールオーバーできる配列?
 今までも書いてきたとおり、ここ4ヶ月間、ローマ字入力を専業で使い続けていました。

 ローマ字入力をやってみる目的一つに、「ロールオーバー」(※)という打ち方を、私自身ができるのかどうかを確かめる、というのがありました。
 以前、「kouyの異常感覚?」の中で、「kouyは、「ロールオーバーしないで打鍵できる」ではなく、「ロールオーバーさせて打鍵することができない」ではないか?」と書いたことがありました。これが本当かどうか試してみよう、というわけです。

※ロールオーバー:あるキーを押し下げて、そのキーを離す前に別のキーを押す打ち方のこと。

 結論を言うと、ロールオーバーできるようになりました。タイムアタックも後半になって指の速度が上がってくると、自然にロールオーバーするようになりました。国語RのラップタイムでXレベルを出したときなんかは、ロールオーバーで「タタタ……」と決まっているのが自分でも分かって、気持ちがいい。また、『タイプウェル国語R』でだけではなく、普通の変換込みの文章を入力するときもロールオーバーしました。
 指の動く速度は今まで体験したことがない速度になりました。下駄配列でも、自分では限界まで速く動かしていたつもりでしたが、ローマ字入力での指の速さを思うと、今まで速いと思っていたのは何だったんだー、という感じです。
 私がいままでロールオーバーで打っていなかったのは、いままでロールオーバーで打とうとしなかった、というだけのことなんでしょう。

 そして、私の打鍵速度は、『タイプウェル国語R』でGeniusに達するまでになりました。ローマ字入力は打鍵数が多い入力方法ですが、私の下駄配列の速度と比べても差はわずかです(ローマ字入力の記録下駄配列の記録)。
 打鍵数と速度が比例しないことは、これまでも数多くの方が証明してきていましたが、自分でも改めて確認できました。

※打鍵数と速度が“比例しない”と書いています。打鍵数と速度が“関係がない”とは書いていません。念の為。



 しかし、だからロールオーバーで入力できた方が高速入力に向いていると思うかというと、そうは思いません。

 下駄配列のような文字キー同時打鍵の配列に言われることに、「高速打鍵をするとどうしてもロールオーバーするから、ロールオーバーすると誤打になる文字キー同時打鍵配列は、高速入力は難しい」というのがあります。
 しかし、本当にそうでしょうか? 「ロールオーバーで入力できる配列は、そうでない配列と比べて、高速入力が簡単である」と言えるのでしょうか?

 ロールオーバーで高速入力をするのは、難しいことだと思うのです。
 ローマ字入力で高速打鍵ができることの説明として、「か」と入力するとき、慣れてくると[K]と[A]をほとんど同時に押すようになるから、2打鍵でも1打鍵に近い速度で打鍵できる、というのがあります。
 しかし、「1打鍵に近い速度で打鍵」するには[K]と[A]を限りなく同時に近いタイミングで打鍵しなければいけません。
 しかも、[K]と[A]の打鍵順序が逆になってはいけません。逆になると誤打になってしまいます。
 [K]と[A]の打鍵順序を守りつつ、[K]と[A]をできる限り同時に近いタイミングで押す。これは大変難しいことだと思います。
 私が今回ローマ字入力をした体験では、打鍵順序が逆になってしまうミスには悩まされました。このミスの回数は、指の動く速度が上がれば上がるほど増えました。

 ローマ字入力で高速入力をするときのような速度で指を動かせば、ロールオーバーはします。
 しかし、下駄配列でローマ字入力と同じ速度で入力するためには、そこまでの指を速く動かす必要はありません。下駄配列の動作数(同時押しは1打鍵と数えた打鍵数)はローマ字入力の半分以下です。(『下駄配列って何だ?』「下駄配列を解析」を参照)
 つまり、ローマ字入力と同じ入力速度を出すには、下駄配列なら指を動かす速度は半分以下でいいのです。
 ローマ字入力の半分の速度で指を動かす。これなら無理なくロールオーバーしないで打鍵できるのではないでしょうか? 下駄配列で高速入力するとロールオーバーして誤打が増えるのなら、ローマ字入力で高速入力しても打鍵順序が逆になって誤打が増えるのではないでしょうか?

 私としては、同じ人が同じ熟練度なら、ローマ字入力より動作数の少ない下駄配列の方が速く入力できるのではないかと思っています。

 とはいえ、実際にローマ字入力で超高速打鍵ができる方がいらっしゃるわけですから、これに匹敵するくらいのタイムを文字キー同時打鍵配列で出さないと、この説も説得力がないと思います。
 私は下駄配列で『タイプウェル国語K』でXHを出していますが、これが文字キー同時打鍵配列での限界だとは思っていません。自分にできる限りのことはしようと思っています。



 以下は蛇足です。
 ローマ字入力をしていた思ったその他のことを書いておきます。

・「ローマ字綴りが思考の邪魔をする」ということはない。ただし、ローマの綴りがまったく頭に浮かばないということはない。

・『タイプウェル英単語』『タイプウェルオリジナル』も少しやってたけど、ほとんど速くならなかった(ともに総合D)。やっはり英単語は英単語、オリジナルはオリジナルでやらないとダメだ。オールラウンダーへの道は険しい……。

・「カタカナ語の入力に支障がある」(「ブック」と入力するときに、bookではなくbukkuとスムーズに打てるかという問題)ということはない。ただし、これは私が英文タイプをほとんどしないせいかもしれない。(最近では、『ATOK』のカタカナ語英語辞書で変換するので、単語レベルでの入力さえほとんどしない……)

・ローマ字入力の運指の悪さは気になる。同手段越になるものが多いし、「き」「で」の中指同指異鍵も回数が多いので厳しい。右手の母音と句読点が段越になってしまうのもつらい。

・運指で意外と気になったのが「わ」「さ」の左手の薬指→小指。単独なら大したことはないが、連続すると途端にきつくなる。「ざ」も絡んでいるともっときつい。

・ローマ字入力にしてから爪の伸びが気になるようになった。私は大体週に1回、日曜日に爪を切るのだけど、金曜日くらいになると爪が伸びすぎている感があった。

・ホームポジションに指を置く時の、指の曲がり方が大きくなった。どのキーが打ちやすいかは、ホームポジションへの指を置き方で多少変化する。私は今までホームポジションを一番押しやすいように指を置いていたように思う。これだと(もっと指を曲げる置き方に比べて)上段はやや打ちにくくなる。特に[Y][Q][P]が打ちにくくなる。これは重要かもかれない。
[PR]
by koutarou_13 | 2007-01-13 01:13 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback | Comments(3)
やっとローマ字入力Genius
 やっと『タイプウェル国語R』でGenius出ました。
e0002687_016311.gif

 最後の最後は苦労したけれど、何とか達成することができました。
「慣用句・ことわざ」が漢字のタイムを上回っているなど、決してこれ以上は出せないというわけでありません。しかし、当初の目標は達成できたので、ローマ字入力のタイムアタックはこれで終わりにします。
 まあ、ローマ字入力自体をまったくやらなくなるということは無いと思うので、記録を伸ばす可能性が無いわけじゃない。少しやらない期間を挟んだ方がかえって記録が伸びるということもある。(下駄配列ではそういうことがあった

 ローマ字入力をやってみた感想などいくつかあるので、近いうちにまとめて書きたいと思います。

※その、近いうちに書いた記事:「高速入力に向いているのはロールオーバーできる配列?」



 さて、下駄配列に復帰です。
 10分くらい上記の文章を打ったりして指を慣らして、何か結構打てるなあと感じつつ、久々に『タイプウェル国語K』をやってみた。
e0002687_0165869.gif

 え!? 「SC」!?

 前にいろいろな配列をやっていたときは、1、2か月下駄配列に触れなかったら『タイプウェル国語K』でレベルが出ないという状態になっていました。それがローマ字入力を4か月やった復帰10分でこの記録。

 これについても近いうちに書きたいと思います。

※その、近いうちに書いた記事:「ローマ字入力はどの配列とも併用できる夢のような配列」
[PR]
by koutarou_13 | 2007-01-09 00:21 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
年末年始のタイプウェル
 『タイプウェル国語R』、Geniusへの道。

 12月のはじめに基本常用語でSSを出し、これはもうGeniusも時間の問題かと思われたが、12月前半はなかなか記録が出ない。
 しかし12月23日、慣用句・ことわざで、従来の記録を3秒近く更新するジャンプアップで一気にGeniusが見えてくる。これなら年内に行けるか?

 そして……。

e0002687_2282295.gif

 あと152ポイント……_| ̄|○

 元日に基本常用語で新記録出したときは行ったと思ったのだけど。
 年明けてしばらくしてからは休みぼけで(?)まったく手が動かず更新ならず。あと152が重い。正月休み中に下駄配列に戻るつもりだったのに、計画が狂った。でもGenius出るまではやります。
[PR]
by koutarou_13 | 2007-01-04 22:10 | ●タイプウェルに首っ丈 | Trackback | Comments(0)
ローマ字入力の「ん」の入力を練習するタイピング問題集
 ローマ字入力練習用のタイピング問題集を作ったのです。

 この問題集の特徴は、「ん」の次に「あ行」「な行」「や行」が来る文字列が多く含まれていること。つまり、「ん」を入力するのに[N]を1回押すだけでは正しく入力できない問題文が多いということです。

 「ん」の入力は、「あ行」「な行」「や行」の前の「ん」は[N]を2回押さないと正しく入力できませんが、それ以外の「ん」は[N]を1回押すだけで入力できます。
 通常は[N]1回押し、必要な場合だけ[N]2回押しで入力するようにすれば効率よく入力できます。

 しかし、[N]2回の「ん」は、[N]1回の「ん」と比べて出現頻度が低いため、なかなか慣れることができません。普段「ん」を[N]1回で入力していると、[N]2回の「ん」が出てくるたびにミスタイプということになりがちです。
 結局、全部の「ん」を[N]2回で入力している方も多いと思います。

 このタイピング問題集で[N]2回の「ん」のパターンに慣れておけば、[N]を押す回数の使い分けもスムーズにできるようになる……かもしれません。

 問題文中、すべての「ん」が[N]2回の「ん」というわけではありません。[N]1回の「ん」も多数出てくるので使い分けられるように練習してください。たまに[N]2回の「ん」が一つもない問題もあります。

 問題末尾の句点(「。」)は、付いていたり付いていなかったりします。基本的に文の末尾には付けて、語句の末尾には付けないことにしています。また、末尾が「ん」で終わる問題は必ず句点を付けています。

 問題集は、単にテキストエディタにでも入力しているだけでも練習になりますが、面白味に欠けるので、タイピング練習ソフト用の『ゼロタイ』と『Ao』の問題文ファイルも用意しました。お好きなものをどうぞ。

ローマ字入力の「ん」の練習
●テキスト:ro-maji_n.txt
●『ゼロタイ』用問題ファイル:ro-maji_n.ztp
●『Ao』用問題ファイル:user.txt

 タイピングソフト本体のダウンロードは以下のサイトからできます。

●『ゼロタイ』
『パソコン遊戯』「おすすめタイピングソフト」

●『Ao』
『きつねの寝床』(作者のサイト)
『Vector』「Ao」

※過去の関連記事:「ローマ字入力の「ん」の入力でNとNNを使い分けるコツ」
[PR]
by koutarou_13 | 2006-12-28 00:08 | ●いつもどこかでローマ字入力 | Trackback(1) | Comments(0)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧