Twitter
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
タグ:下駄配列 ( 89 ) タグの人気記事
Macで新下駄配列を実装
 Mac OS Xで新下駄配列を実装できるそうです。

『pqrs.org』「KeyRemap4MacBook」
『ただひた走る日記』「Macで下駄配列(2010/11/13 第3版) 」
『ただひた走る日記』「懲りないねぇ・・・」

 自分はMacについてはまったくわからないので、説明はリンク先に丸投げということで……。

 新下駄配列、下駄配列を実装できる環境が広がるというのは、配列作者にとって本当に嬉しいことです。ありがとうございます。
[PR]
by koutarou_13 | 2010-11-27 20:58 | ●新下駄配列あれこれ | Trackback | Comments(0)
新下駄配列と下駄配列の同じところと異なるところ
 新下駄配列下駄配列は別の配列です。しかし、“下駄配列”という名称が共通していることからも想像できるとおり、同じところもあります。
 すでに下駄配列を知っている方にとっては、新下駄配列と下駄配列を比較した方が、新下駄配列の特徴が分かりやすいかもしれません。
 そこで、新下駄配列と下駄配列を比較して、同じところ、異なるところを列挙してみます。



【新下駄配列と下駄配列の同じところ】

●シフトは文字キー同時打鍵
 下駄配列の最大の特徴。もちろん新下駄配列でも引き継ぎます。
 同時に押すキーは最大2つです。3キー以上同時に押す定義はありません。
 また、連続シフトを使用することは想定していません。

●使うキーの範囲は3段
 使うキーの範囲は、アルファベットが配置されている3段を使います。最上段(数字キーが配置されている段のこと)はホームポジションから遠くて押しにくいので、基本的に使いません。
 また、親指担当キーは使いません。
(ただし、新下駄配列では最上段を少しだけ使います。)

●濁音・半濁音を1動作で入力できる
 シフトは文字キー同時打鍵ですので、もちろん濁音・半濁音も同時打鍵の1動作で入力することができます。

●拗音を1動作で入力できる
 下駄配列の大きなメリットだった拗音シフト。新下駄配列でもほぼすべての拗音(「きゃ」「きゅ」「きょ」など)と主な外来音(「てぃ」「ふぁ」など)は1動作で入力できます。

●シフトキーは中指ホーム、薬指ホーム
 下駄配列も新下駄配列も、左右の中指・薬指ホームの[S][D][K][L]の4キーをシフトと見立てた配列になっています。



【新下駄配列と下駄配列の異なるところ】

●配列はオリジナル
 下駄配列は新JIS配列月配列2-263式月配列U8版を元にしていました。
 しかし、これらの配列は文字キー同時打鍵の配列として考えられたわけではないので、文字キー同時打鍵配列としては最適ではない部分がありました。
 新下駄配列は元になる配列はありません。文字キー同時打鍵配列として最適になるように、一から設計して作った配列です。

●[U]の使用率を下げた
 [U]は、下駄配列では「ん」というトップクラスの頻出文字が配置されていました。しかし、[U]はそこまで押しやすいキーとは思えないので、新下駄配列では使用率を下げました。
 ほかに、[/]は、下駄配列では特別扱いはしていませんでした(結果的に使用率はあまり高くありませんでしたが)が、新下駄配列では特に打ちにくいキーという扱いにしました。
 また、[Q][Y][P][@]は、特に打ちにくいキーという扱いは下駄配列も新下駄配列も共通です。ただし、新下駄配列では、下駄配列よりは使用率が高くなっています。

●清音と濁音は別のキーに配置(清濁別置)
 下駄配列では、濁音は、その清音と同じキーの薬指シフトに配置するというルールにほぼ従っていました(清濁同置)。
 しかし、これは覚えやすいなどのメリットはあるものの、すべての文字をできるだけ入力しやすいように配置するには、支障をきたすルールです。
 新下駄配列では清濁同置のルールは採用しません。清音と濁音は別々のキーに置きます。濁音が単打面に置かれることもあります。
 これにより、一部の出現率の高い濁音を単打で入力できるなど、さまざまなメリットが生じます。

●シフトとなるキーを6キーに整理
 下駄配列でシフト扱いにするキーは、左右の中指・薬指ホームの4キーに加え、拗音などで小指や人差し指も含む計13キーもあり、やや複雑な配列となっていました。
 新下駄配列では、シフトとなるキーを中指・薬指の6キーに整理し、すっきりとした配列にしました。

●拗音は右手シフトの2キーに統一
 下駄配列での拗音の配置場所は、ほかの文字を配置したあとの、空いているところを利用していました。このため、左右の6キーを拗音シフトとして使用するという、統一感に欠けた配置になっていました。
 新下駄配列では、拗音をシンプルにまとめるため、配置場所を最初に確保しました。その結果、シフトは右手上段の2キーにほぼまとまりました。これによって覚えやすくなったのはもちろん、拗音の運指が統一され入力しやすさもアップしました。

●同手同時押しは廃止
 下駄配列では[D]と[F]の同時押しなどに文字(記号)を配置していました。
 しかし、これは[D]→[F]と順番に押すつもりだったのに、ロールオーバーして(=[D]を離す前に[F]を押し下げて)[D]と[F]の同時押しと判定されてしまう可能性がある、という弊害がありました。
 新下駄配列では異なる指を使うキーの同手同時押しは廃止しました。新下駄配列では同じ手の中でロールオーバーしても、入力ミスとなることはありません。

●最上段もほんの少しだけ使う
 新下駄配列では、最上段も少しだけ使います。
 具体的には、拗音文字(“ゃゅょ”などのこと)や出現率が非常に低い拗音、一部記号を最上段に配置しました。
 新下駄配列では、拗音文字を単独で入力する機会はまれです。まったく入力できないのは困りますが、押しやすい場所に配置する必要はありません。最上段に配置しても十分です。
 これにより、入力できる文字の数を減らすことなく、重要度の高い文字を、より入力しやすい場所に配置することができます。

●[BackSpace]を正式採用
 下駄配列でも[:]に[BackSpace]を配置することは想定していました。しかし、[BackSpace]という機能キーの位置を、文字キーの配列で定義するのはおかしいのでは?という認識があったので、下駄配列として正式に採用はしませんでした。
 しかし、[BackSpace]の位置は文字入力のしやすさにとても大きく影響します。誤打を簡単に修正できるので、ミスを恐れることなくどんどんキーを押せ、結果的に配列に早く慣れることができるという効果もあると思います。
 そこで、新下駄配列では正式に[BackSpace]は[:]の位置に置くことにしました。
 もちろん、別の押しやすい場所に[BackSpace]を配置しているなら、そのままの位置で使用していただいても結構です。しかし、[BackSpace]をもとの位置のままで使っているのなら、ぜひ[BackSpace]を[:]の位置にして新下駄配列を使用してください。

※過去の関連記事
「下駄配列で手を付けなかったこと:その1」
「下駄配列で手を付けなかったこと:その2」
「下駄配列で手を付けなかったこと:その3」
[PR]
by koutarou_13 | 2010-11-15 00:35 | ●新下駄配列あれこれ | Trackback | Comments(0)
下駄配列ブックマークを作った
 ぎっちょんさんの親指シフトブックマークをまねて、下駄配列という言葉が書かれたWebページをブックマークしていくことにしました。

下駄配列ブックマーク

 といっても、自分のはてなブックマーク(ジャンルは非限定)に下駄配列というタグを付けただけですけど。
 親指シフトに比べると数ははるかに劣るけれど、探してみると下駄配列も結構あるもので。
 ぼちぼち探していく予定であります。できるだけ古いページから追加していこうと思っているけれど、そうならないかも知れません。
[PR]
by koutarou_13 | 2010-10-18 22:03 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
やまぶきで下駄配列を実装するときのタイマーの設定
 ここ1か月ほど『やまぶき』を使みて、『やまぶき』のタイマーの設定の感じが分かってきました。

 『やまぶき』のタイマーは、時間ではなく割合で判定します。
 この方法の良いところは、ロールオーバーによる打鍵ミスを救済できる可能性が高くなることです。理論上は、“一定のタイミング”で打鍵している限りは、どんなに早く打鍵してもロールオーバーによる打鍵ミスは起こらなくなります。
 そして、その“一定のタイミング”は判定割合を小さくした方が早くなります。つまり、それだけ高速に入力できることになります。

 しかし、判定割合を小さくすると同時打鍵が難しくなります。
 通常、慣れてくるにしたがって同時打鍵のタイミングは合うようになってきます。したがって、『姫踊子草』『DvorakJ』などのように、時間を数えるタイマーの場合は、慣れてくるにしたがってタイマーの判定時間を短くすることができます。
 しかし、『やまぶき』のように割合で判定するタイマーの場合は、慣れてくるにしたがって判定割合を小さくできるは限りません。慣れてくるにしたがって同時打鍵のタイミングは合ってきますが、キーを押し下げている時間も短くなるので、速く入力するほど割合はむしろ小さくなる可能性もあります。
 これを考えると、同時打鍵の割合は大きめに設定するべきです。

 『やまぶき』のタイマーの設定は、以上のことを考慮して総合的に判断する必要があります。
 わたしとしては、同時打鍵で押しているつもりなのに同時打鍵と判定されなかったら元も子もないので、同時打鍵の判定割合は余裕を持って大きめに設定した方が良いと思います。
 50や60では明らかに小さいです。高速打鍵をしたときに同時打鍵と判定されにくくなります。最低75以上、今は80にして使っています。
 理想を言えば、100で問題ないならそれが一番だと思います。

 連続シフトについては、タイマーをどのように設定しても、シフトが残ってしまう現象は起こります。たとえば、[DK][J]と打鍵したときに、[D]のシフトが残って[DK][DJ]と判定されるということが起こります。
 連続シフトをなしにすれば、シフトが残ってしまう現象は100%防げるのですから、連続シフトを前提としていない以上、連続シフトは無しに設定するべきです。



※追記

 はてなブックマークのコメントに返信します。
下駄×やまぶき組み合わせ方記事。個人的には「ロールオーバー打ちにならずに打ててる人達が羨ましいな」と。私は、下駄でも「かえでおどり」でも、結局デフォルト(連続、50%)が丁度よくて、記事設定だと打ちにくいorz

 この記事の最初にも書きましたが、自分はこの記事を書くまでに、普段使っている配列で、1か月ほど『やまぶき』を使用しました。
 普段使っていない配列をちょっと打ってみたくらいで、「同時打鍵の割合はどれくらいが適切か」なんて細かいことが分かるわけないと思います。

 配列にはそれぞれ最適な打鍵タイミングがあります。その配列を使い始めてすぐはそのタイミングが分かっていませんから、余裕を持ったタイミングで打鍵するようにします。慣れてきて最適なタイミングが身についてくると、速く打鍵できるようになります。
 それ無視して、最初から自分勝手なタイミングで打鍵すれば、正確に入力できないのは当たり前です。
 これはどんな配列にも言えます。同時打鍵を使う配列に限った話ではなく、普通のローマ字入力でも同じです。
[PR]
by koutarou_13 | 2010-05-05 21:41 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
Shiftを押しながら文字キーを押すと何が入力される?
 下駄配列では[Shift](※1)を押しながら文字キーを押した際に入力される文字は、設定していません。
 その方が使いやすいと思うのです。

※1 このブログでは、“[Shift]”と表記した場合は、通常のシフトキー(文字キー下段の両端にある普通は小指で押すシフトキー)のことを指すことにしています。

 下駄配列を実装する際は、なんらかのキー配列変更ソフトを使用します。文字キーを押した際に何が入力されるかは、配列変更ソフトの設定次第です。
 [Shift]を押しながら文字キーを押した際に何が入力されるかも、キー配列変更ソフトの設定次第です。

 ここで、[Shift]を押した際に何が入力されるかをキー配列変更ソフトで設定しない、ということができます。この場合は、[Shift]を押した際に入力される文字は、IMEの設定がそのまま使われることになります。
(キー配列変更ソフト次第ですが、『姫踊子草』『DvorakJ』『やまぶき』『のどか』『窓使いの憂鬱』)いずれでもそうなります)
 つまり、IMEの設定がかな入力の場合はかなが、そしてIMEの設定がローマ字入力の場合はアルファベットが入力されます
 これを利用すれば、IMEの設定をローマ字入力にしておけば、IMEの入力モードを英数モードにすることなく[Shift]を押すだけでアルファベットの入力をすることができます

 アルファベットを入力するだけなら、キー配列変更ソフトの方で[Shift]を押したときに入力される文字を設定するという方法もあります。その方が、ローマ字入力の[Shift]と異なる文字を設定することもできるので便利だ、と思うかもしれません。
 しかし、ローマ字入力の[Shift]でアルファベットを入力すると、キー配列変更ソフトではできないことができます。
 まず、入力されるアルファベットを全角にするか半角にするかを、IMEの設定により変更することができます。
 また、[Shift]を押して1文字アルファベットを入力すると、以降は[Shift]を離してもアルファベットを入力することができます

 よって、下駄配列では[Shift]を押した際に入力される文字は設定していません。そして、IMEをローマ字入力にして、[Shift]を押しながら文字キーを押すとアルファベットが入力されることを想定しています。

 ちなみに、以上のことは下駄配列に限りません。[Shift]を押したときに入力される文字を設定していない配列なら、何にでも当てはまると思います(たとえば親指シフト(NICOLA)月配列など)。

※過去の関連記事:「下駄配列は[Shift]+[文字キー]で英数が打てます」
[PR]
by koutarou_13 | 2010-04-18 23:59 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
やまぶきで下駄配列を実装
 またも下駄配列を実装できる手段が増えました。

『やまぶき作ってます』「やまぶき Ver. 4.0.0リリース」

 キーボード配列エミュレータ『やまぶき』は、さまざまな配列を実装できるソフトです。Ver. 4.0.0から文字キー同時打鍵の配列も実装できるようになりました。
 さらに下駄配列の設定ファイルが同梱されているので、すぐに下駄配列を使い始めることができます。

 わたしが使ってみたところ、とりあえず問題なく入力できました。しばらく使ってみたいと思います。

 『やまぶき』はIME ONでも英数モードなら英数文字を入力できるのがいいですね。『ATOK』には省入力変換があるので英数文字もIME ONの状態で入力したいのです。『ATOK』ユーザーには嬉しいところです。

 『やまぶき』の最大の特徴は、同時打鍵を判定する方式として、キーを同時に押していた時間の割合で判定する点だと思います。
 タイマーを使っているほかの配列変更ソフトは、「キーAを押してから○○秒以内にキーBを押すと同時打鍵とみなす」という判定をしていました。
 『やまぶき』では「キーAを押してから離すまでの時間を1として、○○%以内の時間にキーBを押していたら同時打鍵とみなす」という判定をします。

 おもしろいいシステムですが、自分がこれまで時間で判定する方式しか見てこなかったので、どう設定すればいいのかなかなか掴めません。
 これがどういう効果を生むのか、どのくらいの設定が最適なのかは、これから使ってみて考えたいと思います。



 それにしても下駄配列を実装できる手段も増えましたね。
 わたしの知る限りで、『姫踊子草』『DvorakJ』、それに今回『やまぶき』が加わりました。以上は配列変更を中心としたソフトで、さらにキーカスタマイズを中心としたソフトの『のどか』『窓使いの憂鬱』)でも実装できます。

 配列の変更は、配列が変更できるソフトがあって初めて実現します。わたしが配列界に足を踏み入れるきっかけとなったのが、通常のPCとキーボードで親指シフト(NICOLA)を実装できるソフトの存在(『親指ひゅんQ』)です。「そんなことができるのか!」 あれを越える衝撃は、もう無いでしょう。
 21世紀になって続々と新しい配列が生まれているのも、わたしやみなさんがローマ字入力でもかな入力でもない配列を使えているのも、配列を変更するソフトがあってこそです。
 そういうわけで、配列界は配列を変更するソフトを作っている作者の方々が支えていると言って良いと思います。下駄配列を含め、ローマ字入力でもかな入力でもない配列を実装するソフトが多数存在するという状況は、本当にありがたいことです。作者の方々にはただただ感謝です。ありがとうございます。
[PR]
by koutarou_13 | 2010-04-02 01:17 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(2)
ニコニコ動画の下駄配列動画
 エキサイトブログでもニコニコ動画が貼れるようになったので、例の下駄配列動画を貼ってみる。


「下駄配列でタイプウェルに挑戦‐ニコニコ動画(ββ)」

 これシークバーとかないじゃんと思ったら、マウスカーソルを乗せると出てくる仕組みなのですね。
 ニコニコ動画にログインしなくても見れるのはいいかも知れない。
[PR]
by koutarou_13 | 2009-09-17 21:26 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)
DvorakJで下駄配列を実装
 下駄配列を実装できる手段が増えました。

「DvorakJ の機能を QWERTY 配列でも使用出来るようにした - blechmusik2の日記」
『Dvorak 配列に関する覚書』「2 Dvorak 配列に切り替えるソフトウェア」

 『DvorakJ』は、英字配列Dvorakや、Dvorakを利用した日本語配列(『ACT』『DvorakJP』など)を実装できるアプリケーションです。
 さらに、それ以外にもさまざまな機能を備えています。同時打鍵配列の実装がその一つで、『下駄配列』『塗り下駄配列』『黒塗り下駄配列』が実装できます。

 『DvorakJ』の過去のバージョンでは、英字配列をDvorakにした状態でしか同時打鍵配列は使えなかったのですが、2009-06-06公開のバージョンで英字配列に関係なく同時打鍵配列を実装できるようになりました。

 下駄配列を実装するには、ほかにも『姫踊子草』『窓使いの憂鬱』『のどか』を使う方法もあります(※)。
 しかし、『DvorakJ』はそれらのアプリケーションと比べて以下の長所があります。

『AutoHotKey』でも実装できるそうですが、筆者は使ったことがないので分かりません。

1.無料で使える

 『DvorakJ』は無料で使うことができます。
 ほかのアプリケーションのうち、『窓使いの憂鬱』は無料ですが、『姫踊子草』と『のどか』はシェアウェアです。
 無料で使えるアプリケーションが出てきたことで、下駄配列もより気軽に試してみることができると思います。

2.使い方が簡単

 『DvorakJ』は、圧縮ファイルを展開して、EXEファイルを実行するだけで起動することができます。
 下駄配列を実装するには何かしらアプリケーションを導入しなければいけません。これは、下駄配列を使用する上での一つのハードルです。
 しかし、『DvorakJ』は導入までが非常に簡単ですので、このハードルはかなり低くなった思います。

3.USBメモリから実行できる

 これで、『DvorakJ』はUSBメモリから実行することができます。インストーラを使ってインストールしたり、レジストリを使ったりすることがありません。
 『DvorakJ』を入れたUSBメモリを持ち歩いて、どのPCでも下駄配列を使う……という使い方への道が開けました。

4.同時打鍵の判定時間を調節できる

 『DvorakJ』は同時打鍵の判定時間を調節できます。
 同時打鍵の判定時間の調節は、『姫踊子草』ではできますが、『窓使いの憂鬱』や『のどか』ではできません。
 同時打鍵配列のための設定が実装されているのは、嬉しいところです。



 このなかで、特に価値があると思うのは、2です。

 わたしはときどき『姫踊子草』や『窓使いの憂鬱』の使い方について質問を受けることがあります。そのたびにオンラインソフトを使うということのハードルの高さを痛感します。
 なかには、下駄配列に興味を持ったけれど、実装方法がよく分からないから使うのをあきらめた、という人もいるのではないかと思います。それはとても残念なことです。
 「簡単に実装することができる」というのは、下駄配列に限らず、ローマ字入力でもかな入力でもない配列の普及にとって、非常に重要、それこそ「配列の存在を知ってもらう」ことの次に重要なことだと思います。

 『DvorakJ』は、下駄配列の実装以外のことに関しても、全般的に使い方がとても簡単です。
 これまでキー配列変更ソフトやキーカスタマイズソフトは、使い方がやや難しいアプリケーションが多かったので、使い方が簡単である『DvorakJ』はとても意義深い存在だと思います。
[PR]
by koutarou_13 | 2009-06-11 21:05 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(4)
塗り下駄配列登場
 下駄配列の新バージョンを作った方がいらっしゃるようで。

「塗り下駄配列の提案」
「塗り下駄配列の拗音シフトの設定」
「塗り下駄配列の拗音シフトの設定 第二弾」
「塗り下駄配列の説明書 基礎編」
「塗り下駄配列の説明書 記号編」
「塗り下駄配列の説明書 発展編」
『blechmusik2の日記』

 文字キー同時打鍵配列の新配列きましたね。俺的には文字キー同時打鍵はすごくいいと思うので、こういう展開はうれしいですね。
 塗り下駄配列は、従来ある配列の問題点を考えて、作者が変更を加えた方が良いと思うところを変更しています。このような、自分で考えて「こうした方が使いやすいんじゃないかな」と思って行った変更は、必ずうまくいきます。少なくとも、その人にとっては。
 配列を作るというのはかなりハードルが高いと感じられるかもしれませんが、変更した方がいいと感じたら、自分の感覚を信じて臆せず飛び込んでいただきたいですね。

 以下は塗り下駄配列を見て思ったことなど。

 一番注目するのが、薬指と小指のかなりの部分を入れ替えている点。
 これはわたしの感覚では出ない発想。小指よりも薬指の方が相対的な強度は劣っているという見解があるそうですが、これは(下駄配列作成当時も今も)信じられないです。せいぜい、小指の方が短いのが幸いして[Z]が([X]に比べて)軽く押せると感じることはありますが、ほかのキーはどのキーでも、薬指より小指の方が楽だと感じることはない。
 あと、小指は文字キー以外にも[Shift]や[Ctrl]などを担当するという事情もあります。下駄配列では[BackSpace]を右手小指(塗り下駄配列では左手小指)に配置していますし。

 [T]と[B]を比較して[T]の方が近い、という話があります。しかし、確かに距離は[T]が近いですが、打ちやすさとなるとどうかな、と思います。[T]だとかなり指を伸ばさないと押せませんが、[B]だと指の曲げ伸ばし少しで手首の動きを使って押せるので。全般的に、指の曲げ伸ばしってそんなに楽な動きじゃないと思うんですよ。
 距離が近いというのも無視できない要素なので微妙ですが、わたしは[B]の方が打ちやすいと思います。

 ところで、ちらっと話に出てくるTypeMatrixって、こういう格子状キーボードのことですね→「TypeMatrix EZ-Reach 2030」 キーボードの文字キーの縦の列が少しずれている必然性は何もないと思うからこういうキーボードもいいとは思うのだけど、問題は、普通のキーボードを使う時の感覚がおかしくならないか、という点ですね。まだちょっと手が出ない。

 句点と読点は左右入れ替え。そう言えば、読点を左手にした理由って書いてなかってような気がします。理由と言っても、句読点は「、」「。」の順番というイメージがあって、左→右に並べただけですけど。どうせ運指を考えた配置じゃないし……。
 確かに左右入れ替えた方が打ちやすいかもしれません。

 かっこ類のまとめ入力は、良いと思います。わたしも使っています(「かっこのまとめ打ちキーを設置」)

 拗音シフト部分の設定には、小書きのかなを使う2文字にこだわらず、頻出する2文字の連なりの中で、普通に入力すると打ちにくいものを配置しています。確かに、全然出てこない拗音類なんてほとんど意味ありませんからねえ……。
 この手はあるとは思うんですが、覚えるのが大変そうなので手を付けませんでした。難度はどうなんでしょうか? AZIKでもやっているし、AZIKまで行かなくても、ローマ字入力で「ん」を入力するときに[N]と[N][N]を選択するのも同じことだと思うので、要するに慣れればできることなのかもしれません。
 第二弾まで行くと、ステノワードな香りがしますね。

 あと、本気でやると、配列を“作るのも”大変そうですよね。頻出する2文字を別に配置すると、その2文字のかなを単独で入力する機会が減るので、単独の配置もそれを考慮して考え直さなければならない。すると当然全体の運指にも影響して、2文字頻出連なりの中で打ちにくいものも変わってくる……。大変そうです。
[PR]
by koutarou_13 | 2009-03-27 00:39 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(7)
YouTubeの下駄配列動画を貼ってみる
 『YouTube』の動画が、エキサイトブログにも貼れるようになったよ☆

 というわけで、さっそく例の下駄配列動画を貼ってみます。

YouTube - 下駄配列でタイプウェルに挑戦


 動画全般が貼れるようになったわけではなく、あくまで『YouTube』の動画が貼れるようになったということのようです。
●『エキサイトブログ向上委員会』「お知らせ : 記事にYoutubeが貼れるようになりました」

 ちなみに、『ニコニコ動画』の下駄配列動画(YouTubeのと同じ動画)は下記のリンク。
●下駄配列でタイプウェルに挑戦‐ニコニコ動画

 ニコニコ動画の方は、もう再生回数がとっくに1000回を越えていて、エコノミー再生中になるようになってしまっているんですね。嬉しいことです。



 ついでに、私のニコニコ動画の公開マイリストを貼っておきます。この下駄配列動画をきっかけに作ったんですが、なんか当初の予定とは全然違うリストになっているような……。
●マイリスト タイピング、キーボード、文字入力‐ニコニコ動画
[PR]
by koutarou_13 | 2008-08-24 18:52 | ●下駄配列で万事快調 | Trackback | Comments(0)

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ
検索
最新のトラックバック
新配列習得前覚え書き1(..
from 未来の記憶たち ~Futur..
3時間新下駄配列速習教材
from お泊まり恋愛詩
通勤通学用!新下駄配列5..
from お泊まり恋愛詩
13日間新下駄配列マスタ..
from お泊まり恋愛詩
追加配列仮公開中
from 姫踊子草の楽屋裏
配列関連厳選リンク集
【このブログのおすすめ記事】

【新下駄配列】
●新下駄配列を作りました
●新下駄配列 - Wikipedia
●新下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)
●13日間新下駄配列マスターコース
●ヘヴィのヘヴィなお部屋::新下駄の巨人(新下駄練習用画像セットなど)

【下駄配列】
●下駄配列って何だ?
●ニコニコ動画:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●YouTube:下駄配列でタイプウェルに挑戦
●下駄配列ブックマーク(はてなブックマーク)

【けいならべ】
●けいならべ――ローマ字入力より簡単なローマ字入力――

【キーボード配列】
◆総合紹介ページ
●いろいろなカナ入力配列
●QWERTYだけじゃない。 キーボード配列と日本語入力法 - NAVER まとめ

〔親指シフト系〕
◆NICOLA(親指シフト)
●NICOLA 日本語入力コンソーシアム
●親指シフトウォッチ

〔新JIS、中指シフト系〕
◆新JIS配列
●新JIS配列
◆花配列
●花のくに
◆月配列系
●月-中指シフト新JIS配列(2-263式)
●とりあえず月配列とかのブログ(U8版)
●ぶな配列

〔ローマ字入力拡張系、行段系、Dvorak系〕
◆AZIK・ACT
●拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を!
◆Dvorak
●DvorakJP

〔漢字直接入力系〕
●漢直ノート 出張版

【配列変更ソフト・キーカスタマイズソフトなど】
●キー入力入れ替えソフト姫踊子草情報頁
●DvorakJ
●やまぶき作ってます
●「のどか」のページ (『窓使いの憂鬱』の派生ソフト)(初心者向けガイド:繭使いの憂鬱
●『KeySwap for XP』(愛とゆりの部屋)
●『Change Key』(窓の杜ライブラリ)
●Karabiner
(Macのキーカスタマイズソフト)
●『まじかるキーボード』(arakisoftware)※配列図を表示するソフト

【キーカスタマイズ】
●俺的キーカスタマイズまとめ (当ブログ記事)
●Wisteria:キーボードを最適に
●分裂勘違い君劇場:思考の速度でパソコンを使う技術
●ejanの24/7:キー配置を変更する:その4
●こどものもうそうblog:1.5倍速く打てる「米光配列」
●enthumble(アンサンブル)

【タイピング】
●GANGAS(『タイプウェル』シリーズ)
●e-typing
●TypeLighter
●シャドールーム
●GROW LAND:タイピング講座
●新聞コラム・社説を打とう

【キーボード】
●ShopU - 親指シフトキーボード
●東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)
●富士通専門店ACCESS
●猫のキーボードルーム:キーボード個別面談
●親指シフトの小部屋:親指シフト化に適しているかもしれないJISキーボード

【ワープロ速記、口述筆記】
●テープ起こし・音声起こしの総合情報サイトokoso
●新ワープロ速記法《Internet Archive》
●パソコン要約筆記鷹の爪。

【配列作成参考資料】
◆かなの出現頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける文字の出現頻度。
●文字頻度表
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード 165
●かな出現頻度調査
◆かなの連なり頻度
●100万字日本語かなn-gramデータ
●10万字サンプルにおける 2-gram 頻度。
●文字や文字の連なりの出現頻度調査結果
●よろしければ配列について教えろ その2 248

【このブログのコメント、トラックバック機能についてなど】

リンク集の最終更新日:2015/12/13

あわせて読みたい
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧