ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

長音記号をどうする?

 単打側とシフト側という区別がある配列では、どの文字を単打側に上げて、どの文字をシフト側に落とすのかというのは悩みどころだが、最も迷うのが長音記号(「ー」)ではないだろうか?
 長音記号の配置で迷う理由は、3つある。

 一つ目。使用頻度が微妙。
 『「月配列」(Ux版)のページ』「文字や文字の連なりの出現頻度調査結果」によると「ー」の使用頻度は35位。ただし、下駄配列では句読点は単打ではないし(これはこれで微妙だが)、「ー」より上位の「が」「で」「じ」「だ」が「濁音は清音の裏の原則」によりシフト側に回るので、実質は29位。表(=シフトなし)で打てる文字が27~32字(下駄配列ver.1.00では31字、[Q][Y][P][@]を使わないことにすれば27字)なので、表に出すか裏に落とすかのギリギリの順位になる。打ちにくい単打側と打ちやすいシフト側のどっちがましかということも考えるとさらに迷う。

 二つ目。カタカナ語に偏って出てくる。
 長音記号は、文章の中で一定の割合で出てくるのではなく、カタカナ語での使用頻度が圧倒的に高いという性質を持つ。カタカナ語だけに限れば、出現率はダントツの一位だ。長音記号の出現率は、カタカナ語を多く使うかどうかに左右され、書き手の文章の癖、書いている文章のジャンルによって大きく変わると思われる。
 事実、『新親指シフト配列飛鳥のページ』では『「ー」は、日本語全体での出現率では50位にもならない低さです。』と書かれている。先のデータでは35位だったから、偉い違いだ。

 三つ目。発音が短い。
 長音記号は他の多くのかなと同じく1モーラ(*1)を構成する文字ではあるが、実際の発音では他のかなよりも短く発音されているように思う。発音と打鍵をできるだけ近づけようとするなら、発音が他のかなよりも短い文字を、打鍵のコストが高くなるシフト側に持っていくのは合わない。
*1 『Wikipedia』「モーラ」

 他の配列でどうなっているか見れば参考になるかもしれないと思い、調べてみた。

NICOLA:同手シフト[X](左手薬指下段)
 シフト側。NICOLAはホーム段から指がはずれないことを重視している設計であることを考えれば、冷遇された配置だと思う。

新JIS配列:シフト[.](右手薬指下段)
 シフト側。打ちにくい下段のシフト側というのはかなり悪い位置。

月配列2-263式:シフト[.](右手薬指下段)
 シフト側。新JISの配置を受け継いでいるので新JISと同じ。やはり使用頻度を考慮すればシフト側になるのだろう。

月配列U8版:[P](右手小指上段)
 単打側。『「月配列」(Ux版)のページ』「改訂記録と予定」によると、かなり早い段階で表に出されている。しかし、小指上段というのは表の中では打ちにくい位置。

月配列3-285改:[T](左手人差し指上段)
 単打側。U8版よりも好位置。「開発日記」によると、開発初期の段階で昇格が検討され、実行されている。
 よく見たら「ー」を[Y]に割り当てるのは禁物って書いてあった……。だめじゃん下駄配列ver.1.00……。

飛鳥配列:[W](左手薬指上段)
 単打側。飛鳥は人差し指伸ばしを嫌っているにもかかわらず、この好位置。これについては『新親指シフト配列飛鳥のページ』の「Wの表という、長音記号ーの依怙贔屓について」に書かれている。かなりカタカナ語に配慮したようだ。

姫踊子草かな配列六版六案:中指シフト[X](左手薬指下段)、または同手同時押し[JL](右手ホーム段人差し指+薬指)
 シフト側。2種類設定されているんですが、どちらで打つのが良いのでしょう? どちらせよ、単打側からは漏れたという感じがする。中指シフト[X]という配置は月配列2-263式と左右対称。

龍配列:[M](最下段親指)
 単打側。48キーもあれば、表に出てくるのは当然か。「かにホーム」なので最上段が無い代わりに最下段ある。最下段は親指で押すとあるけど、親指単打というのは好位置なんでしょうか?

 意外と表に出している配列が少ないという印象。
 下駄配列としては、前に上げた理由の3つ目を重視したいと思う。せっかく1モーラ1動作を実現しているのだから。単打の、しかもそれなりに好位置という方向で考えてみることにする。
by koutarou_13 | 2005-07-02 21:59 | ●下駄配列で万事快調

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy