人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

テンキーのシフト側も必ず確定文字で入力する・改良版

 2ちゃんねるの繭スレで知ったネタ。

 以前、「テンキーのシフト側も必ず確定文字で入力する」で、『窓使いの憂鬱』を使ってテンキーのシフト側に配置した文字を入力するときはIMEをOffにするという設定を書いたけれど、これだとIMEがonの場合にテンキーのシフト側を入力するとIMEがoffになったまま元に戻らないという欠点があった。それを改良。

 『窓使いの憂鬱』にはIMEonかoffかを判別するモディファイヤIL-があるので、これを使ってIME onの場合とoffの場合を別々に記述する
 そして、IME onの場合は「IME offにして、記号を入力して、IME onにする」というように設定すればよい。これならIME offの場合でもonの場合でも結果的にIMEの状態が変わることはない。

 ただし、これだけだとときどきうまく動かないことがあるので、IME on/offの前後に&Syncを入れる。&Syncは初めて知りました。これまでにも設定は正しいはずなのになぜかうまく動かないということがときどきあったけど、これが原因だったのか。FUNCTIONを使うときは念のため&Syncを入れた方がいいのかなあ?

 これを応用すると、IMEの機能に頼らず、テンキーの入力はIME onでも必ず確定文字で入力、というのもできます。ただし、未確定文字列が残っているときにテンキーを入力すると未確定文字列が確定されてしまう(入力途中でIMEをoffにしたのと同じこと)という問題は残ります。

 以下は繭設定ファイルのその部分のコピペです。

※後日談:『窓使いの憂鬱』で必ず確定文字で入力する方法に問題点発覚



# ◆[Shift]+[テンキー]で記号入力、IME onでも確定文字で入力
# ※IME onの場合は、IME offにして、入力して、IME onにする
key IL-S-*NumFullStop= &SetImeStatus(off) &Sync ~S-*Comma&Sync &SetImeStatus(on)# ,
key IL-S-*Num1= &SetImeStatus(off) &Sync S-*_4&Sync &SetImeStatus(on)# $
key IL-S-*Num2= &SetImeStatus(off) &Sync ~S-*YenSign&Sync &SetImeStatus(on)# \
key IL-S-*Num3= &SetImeStatus(off) &Sync S-*_3&Sync &SetImeStatus(on)# #
key IL-S-*Num4= &SetImeStatus(off) &Sync S-*_5&Sync &SetImeStatus(on)# %
key IL-S-*Num5= &SetImeStatus(off) &Sync S-*HyphenMinus&Sync &SetImeStatus(on)# =
key IL-S-*Num6= &SetImeStatus(off) &Sync S-*_6&Sync &SetImeStatus(on)# &
key IL-S-*Num7= &SetImeStatus(off) &Sync S-*_8&Sync &SetImeStatus(on)# (
key IL-S-*Num8= &SetImeStatus(off) &Sync S-*_9&Sync &SetImeStatus(on)# )
key IL-S-*Num9= &SetImeStatus(off) &Sync ~S-*Colon&Sync &SetImeStatus(on)# :
key IL-S-*NumPlus= &SetImeStatus(off) &Sync S-*Comma&Sync &SetImeStatus(on)# <
key IL-S-*NumSolidus= &SetImeStatus(off) &Sync S-*FullStop&Sync &SetImeStatus(on)# >
key IL-S-*NumAsterisk= &SetImeStatus(off) &Sync ~S-*Semicolon&Sync &SetImeStatus(on)# ;
key IL-S-*NumHyphenMinus= &SetImeStatus(off) &Sync S-*_2&Sync &SetImeStatus(on)# "
# ※IME offの場合はそのまま入力
key ~IL-S-*NumFullStop= ~S-*Comma# ,
key ~IL-S-*Num1= S-*_4# $
key ~IL-S-*Num2= ~S-*YenSign# \
key ~IL-S-*Num3= S-*_3# #
key ~IL-S-*Num4= S-*_5# %
key ~IL-S-*Num5= S-*HyphenMinus# =
key ~IL-S-*Num6= S-*_6# &
key ~IL-S-*Num7= S-*_8# (
key ~IL-S-*Num8= S-*_9# )
key ~IL-S-*Num9= ~S-*Colon# :
key ~IL-S-*NumPlus= S-*Comma# <
key ~IL-S-*NumSolidus= S-*FullStop# >
key ~IL-S-*NumAsterisk= ~S-*Semicolon# ;
key ~IL-S-*NumHyphenMinus= S-*_2# "
# ◆[テンキー]はIME onでも確定文字で入力
# key IL-~S-*NumFullStop= &SetImeStatus(off) &Sync *NumFullStop&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num0= &SetImeStatus(off) &Sync *Num0&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num1= &SetImeStatus(off) &Sync *Num1&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num2= &SetImeStatus(off) &Sync *Num2&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num3= &SetImeStatus(off) &Sync *Num3&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num4= &SetImeStatus(off) &Sync *Num4&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num5= &SetImeStatus(off) &Sync *Num5&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num6= &SetImeStatus(off) &Sync *Num6&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num7= &SetImeStatus(off) &Sync *Num7&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num8= &SetImeStatus(off) &Sync *Num8&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*Num9= &SetImeStatus(off) &Sync *Num9&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*NumPlus= &SetImeStatus(off) &Sync *NumPlus&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*NumSolidus= &SetImeStatus(off) &Sync *NumSolidus&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*NumAsterisk= &SetImeStatus(off) &Sync *NumAsterisk&Sync &SetImeStatus(on)
# key IL-~S-*NumHyphenMinus= &SetImeStatus(off) &Sync *NumHyphenMinus&Sync &SetImeStatus(on)

by koutarou_13 | 2006-01-27 00:09 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy