人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

けいならべって何だ?

kouyの配列放浪記3:けいならべ2

 「けいならべ」は、さまざまな行段系の配列の長所を取り入れた、行段系のいいとこ取り配列です。

●配列図
ぱはなまば !ようお小□□
_らたさか、 ゆあいえん□□
_わだざが。 やっ「」ー□
※左手側の「かさたなはまらわがざだばぱ」は子音キー
※右手側の「あいうえおやゆよ」は母音キー

●いわゆる「行段系」の日本語入力配列です。普通のローマ字入力のように、1打鍵目で子音キー、2打鍵目で母音キーを打鍵することにより、1つのかなを入力します。母音は1打鍵です。
例:
[い]と打鍵すると「い」が入力されます。
[か行][い]と打鍵すると「き」が入力されます。

●子音キーは左手に、母音キーは右手に配置してます。したがって、基本的に左右交互打鍵で入力することができます。

●「や」「ゆ」「よ」は母音として扱います。[子音]の次に[や][ゆ][よ]を打鍵すると拗音を入力できます。したがって、拗音はすべて2打鍵で入力できます。
例:
[や]と打鍵すると「や」が入力されます。
[か行][や]と打鍵すると「きゃ」が入力されます。

※「やゆよ」を母音化した五十音表
あいうえお や ゆ よ
かきくけこきゃきゅきょ
さしすせそしゃしゅしょ
たちつてとちゃちゅちょ
なにぬねのにゃにゅにょ
はひふへほひゃひゅひょ
まみむめもみゃみゅみょ
らりるれろりゃりゅりょ
わ   を      
がぎぐげごぎゃぎゅぎょ
ざじずぜぞじゃじゅじょ
だぢづでどぢゃぢゅぢょ
ばびぶべぼびゃびゅびょ
ぱぴぷぺぽぴゃぴゅぴょ

 通常の五十音表と異なる点は、母音が8つあること、「や行」が存在しないことです。

●「ん」「っ」は、普通のローマ字入力とは異なり、専用のキーで入力します。

●カタカナ語の拗音は、以下のように入力します。
・子音+母音
[わ行][い]=「うぃ」
[わ行][え]=「うぇ」
[わ行][う]=「うぉ」
[わ行][や]=「ヴァ」
[わ行][ゆ]=「ヴ」
[わ行][よ]=「ヴォ」

・左手のみの2打鍵
      [W][E]=ふぇ [E][R]=ふぉ
[A][S]=とぅ [S][D]=ふぁ [D][F]=ふぃ
[Z][X]=どぅ [X][C]=でゅ [C][V]=ちぇ

[E][F]=てぃ [R][G]=でぃ
[D][V]=しぇ [F][B]=じぇ

 これ以外の拗音は、小書きのかなを後付け(次の項目を参照)して入力します。

●[P]は[小文字・記号]キーとします。
 [小文字・記号]の後に母音を押すことで単独の「ゃ」「ゅ」「ょ」「ぁ」「ぃ」「ぅ」「ぇ」「ぉ」を入力できます。また[小文字・記号]の連打で「ゎ」を入力します。
 [小文字・記号]の後に左手側のキーを押すと記号を入力できます。入力できる記号は、以下のとおりです。

_;:~@
*/()・
,.{}¥

■けいならべ
設定ファイル:「菱で1打鍵目が見えるけいならべ」
解説:「けいならべの特徴」
配列説明:「けいならべって何だ?」
作成動機:「いきなり新配列誕生!?」
by koutarou_13 | 2006-07-16 12:16 | ●行段系配列けいならべ

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy