人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

ワンショットモディファイヤって素敵

 『窓使いの憂鬱』も少しずつ分かってきて、OneShotモディファイヤの設定の仕方が分かった……これ、おもしろーい!
 これはいいですね。どこに置いても元のキーの機能を失わないというのが素晴らしい。シフト系のキーに別の機能を置けるし、どのキーでもシフト系のキーにできる。そうしても元の使い勝手はそのまま残る。
 キーが入力される瞬間が、キーを押した時ではなくキーを離した時になるけれど、どっちでも同じこと。私としては違和感はまったくない
 考えてみれば、普通の[Alt]と[Win]がOneShotモディファイヤみたいなものですよね。こうなると逆に[Shift]や[Ctrl]の単打に機能が割り当てられていないのが不思議に思えてくる。
 調子に乗っていろんなキーをOneShotモディファイヤにしてみる

 ちなみにOneShotモディファイヤがどういうものかピンとこない方は、「SandS機能お試しアプレット」を見て下さい。これは「SandS」だけど、『窓使いの憂鬱』ではすべてのキーにSandS的な働きを持たせることができ、これをOneShotモディファイヤと呼んでいます。

(なお、これからOneShotモディファイヤのキーを「SandS」(「Space and Shift」)にならって、[なんとか&かんとか]と表記することにします)

 まず、[英数][英数&Ctrl]にしてみる。[英数]を[Ctrl]にするというのはキーボードカスタマイズの中でも有名な設定だけど、私の場合[英数]をIME ON/OFFにする(IMEのキーカスタマイズで設定)のが気に入っていたのでできなかった。やっと実現できた。
 これで[Ctrl]+[F]とか、中段以上にあるキーとの組み合わせが押しやすくなった。

 CapsLockをどこかに割り当てたい、と思っていた。CapsLockってあまり使わなかったのだけど、それはCapsLockが[Shift]+[英数]なんて面倒くさい割り当てになっているからであって、単打でどこかに割り当てれば結構使うのではないか。
 [左Ctrl]をCapsLockにする手はあるかも知れないけど、私は[左Ctrl]は[左Ctrl]で使いたいのです。[Ctrl]+[Z][X][C][V][B]あたりの操作は([英数&Ctrl]との組み合わせよりも)[左Ctrl]との組み合わせの方が押しやすいと思うので。
 最初は[左Ctrl]を[CapsLock&Ctrl]にしていたのだけど、これだと普通の[Ctrl]がキーボード上から消えてしまうので、[Ctrl]+マウスクリックができなくなってしまった。これはまずい。
 というわけで、今は[右Shift][CapsLock&Shift]にして使っています。普通CapsLockは[右Shift]+[英数]という操作でかけていたので、使うキーが単に一つ減っただけなので違和感が少ないのが良い。

 検索で[Shift]+[F3]という操作をよく使うのだけど、これを左手だけでやろうとするととんでもない手の形になる。そこで[F1][F1&Shift]にしてみた。これで[Shift]+[F3]が「チョキ」で押せるようになった。

 テンキーの周辺にShiftが無いのがなんだかなあと思っていたので、[Num0][Num0&Shift]にしてみた。これでテンキーも片手で[Shift]を入力できる。
 テンキーのカスタマイズはいろいろありそう。

 [Space]と[変換]([Enter])をOneShotモディファイヤにして何かしようと思ってたんだけど、意外とやること見つからない……。
 まず[Space]+[I][K][J][L]を[↑][↓][←][→]にするのをやってみたけれど、これは親指左右カーソルにはかなわないということを再確認するに終わった(親指ホームとの組み合わせならばあるいは……と思ったのだけど)。
 あと、[Home][End][PageUp][PageDown]をどこかに割り当てようと思ったけれど、[英数&Ctrl]があるから[Ctrl]+[↑][↓][←][→]で十分使いやすい。
 となると、もう同時押しにしてまで押したいキーって無いんですよ。さて、どうしたものか。
 とりあえず、普通に[Space][Space&Shift]にしておきました。
by koutarou_13 | 2005-08-07 17:58 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy