人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

窓使いの憂鬱で[Alt]+[Tab]を拡張

 Windowsの標準のショートカットに、[Alt]+[Tab](Altキーを押しながらTabキーを押す)でアクティブウインドウを切り替えるというものがあります。
 これでマウスに触ることなくキーボードだけでウインドウの切り替えができます。[Alt]を離した瞬間にウインドウが切り替わる、1回だけ[Tab]を押した場合は必ず直前にアクティブだったウインドウに切り替わるというのが抜群に使いやすく、私が最もよく使うショートカットの一つです。

 この[Alt]+[Tab]を拡張する『Alt-Tab Extender "Joe"』というフリーソフトがあります。
 このソフトを入れると、[Alt]+[Tab]を押したときに表示されるメニューにウインドウタイトルが常に表示されるようになり、さらにウインドウを選ぶ操作が[Tab]や[Shift]+[Tab]だけでなく、[←][→][J][K]でもできるようになります。
 便利なソフトなんですが、しかし、私の環境だとなぜか[Alt]を離してもメニューが消えない([Enter]を押すなどしないとウインドウが切り替わらない)という不具合があって使用をあきらめた、ということがありました。

 このソフトの機能、ウインドウタイトルを表示する方はともかく、操作を変える方は専用のソフト使わなくても繭だけでできるんじゃない?
 と思ったので、『窓使いの憂鬱』を使って、[Alt]+[Tab]の機能を拡張してみることにしました。

# ◆[Alt]+[Tab]の拡張
key ~L0-A-*Tab= A-*Tab &Toggle(Lock0,on)
key L0-~D-U-*LeftAlt= &Toggle(Lock0,off)
key L0-~D-U-*RightAlt= &Toggle(Lock0,off)
key L0-*→= *Tab
key L0-*←= S-*Tab
key L0-*↓= *Tab
key L0-*↑= S-*Tab
key L0-*K= *Tab
key L0-*J= S-*Tab
key L0-*英数= S-*Tab

 要するに、繭のロックキーを、[Alt]+[Tab]を押した瞬間にon、[Alt]を離した瞬間にoffになるように設定し、あとはロックキーがonの間だけキーを入れ替えるということです。

 これで、[Alt]+[Tab]でメニューを表示させた後は、ウインドウを選ぶ操作を[Tab]以外のキーでも行えるようになります。
 専用ソフトを使う場合と異なり、[Tab]の代替とするキーは自由に選択することができます。ここでは[←][→]、[↑][↓]、[J][K]、それに[英数](逆順選択)を[Tab]の代わりに使えるようにしました。

 特に便利なのは後ろの2つ。
 [J][K]は右手のホームポジションで、[Alt]+[Tab]を左手で押すので相性ぴったり。感覚的にも人差し指で左に移動、中指で右に移動というのはわかりやすい。多数のウインドウを選択するような操作がかなりやりやすくなります。
 [英数]で逆順選択というのもいい。通常、逆順選択は[Alt]+[Shift]+[Tab]という操作になりますが、これはあまり押しやすいとは言えません。うっかり[Tab]を押しすぎてしまったような場合に威力を発揮します。

 もともとの[Alt]+[Tab]には何の影響も与えないので導入が楽なのもいいところです。
by koutarou_13 | 2007-05-20 21:04 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy