人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

失敗配列案

 下駄配列ver.1.07から、なんとか良くしようと思っていろいろ考えてみたけれど、結局元に戻ってしまったというお話しを延々と。

 出発点はこれ。

■下駄配列ver.1.07

ぱけこてー ぽんりつづヴ■
_はかしとた くういのきBS■
_すせになさ っるをらち■

ぁやえみぃ ぅねそふぇ■■
_めれもあよ ろお■■ゆ■■
_ぉぬへほ■ ひむゃゅょ■

゛げごでぴ ■わぞぶ゜■■
_ばがじどだ ぐま■■ぎ■■
_ずぜべぼざ びぺぷ■ぢ■

 「です」の同手段越を避けるため、まず「た」と「て」を入れ替えることにした。出現率が高い文字同士で、しかも新JIS、月配列2-263、U8版ともに同じ配置である「伝統配置」の入れ替えなのでかなり怖いが、同指での入れ替えだし、「た」「だ」と左手下段との連なりは少ない。
 「して」の運指が良くなるという嬉しい副作用もあった。

 しかし、実際に試してみると、上段に「た」があるというのが想像以上にしっくりこない。特に運指が悪くなっている部分はないはずなのに。「した」([D][R])がやや打ちにくい、「なった」が一文字置きの同指段越([V][N][R])というのはあるけれど、それを言ったら「して」「なって」の方が多いのだから理由になってない(「あなた」が同指段越になるけれど、これが頻出するかどうかは文章次第という気がするし……)。

 とにかくしっくりこないものを続ける気にはならないので改善案を考える。
 次に試したのが、「て」と「と」の入れ替え。これだと「して」も「した」も打ちやすいのはかなりいい感じ。
 しかし「とな」([R][V])が同指段越、「とに」([R][C])が同手段越になるのはひどすぎ。というわけでこれも駄目。

 [F]が「て」、[G]が「た」というのは良さそうなので「と」の移動先を考える。
 ここで、同じように「です」の連なりで苦労して考え出された配列である月配列U9版RCで、「と」が[W]に置かれていることに気がついた。
 この配置を真似して、[W]に「と」、[E]に「け」、[R]に「こ」を置いてみる(「け」と「こ」は逆の方がいいかもしれないけど、「だけ」([★G][R])の同指異鍵を避けるため。そこだけ最適化する([GR]を人差し指→中指で打鍵する)という手はあるかもしれませんが……)。

ぱとけこー ぽんりつづヴ■
_はかしてた くういのきBS■
_すせになさ っるをらち■

ぁやえみぃ ぅねそふぇ■■
_めれもあよ ろお■■ゆ■■
_ぉぬへほ■ ひむゃゅょ■

゛どげごぴ ■わぞぶ゜■■
_ばがじでだ ぐま■■ぎ■■
_ずぜべぼざ びぺぷ■ぢ■

 しかしこれにも欠点があることに気がつく。まず、「とか」([W][S])が同指異鍵、「とに」([W][C])「とな」([W][V])が同手段越という運指の悪さ。
 なにより、「と」という高頻度文字を薬指上段にするというのがかなりいまいちに感じた(このあたり、手の置き方が関係している気がする。私は手を開かずにキーボードに対して垂直に置く)。

 「とか」の同指異鍵を避けるために「か」を右手に回す反動で「と」を[S]に置く手もあるのだけど(こうすると「と」の連なりの悪さはかなり解消される)、そうすると今度は「と」以上に高頻度である「か」が[O]など高頻度文字を置くには不安のある場所になってしまう。「ぶん」の連なりの問題もある。

 その後も抵抗して配地を入れ替えていたのだが、かえって運指が悪くなる例が増え、この方向性に限界を感じるようになってしまった。

づつけこー ぽんりのぱヴ■
_はとしてた くういかきBS■
_すせになさ っるをれち■

ぁやえみぃ ぅねそふぇ■■
_めらもあよ ろお■■ゆ■■
_ぉぬへほ■ ひむゃゅょ■

゛がげごぴ ■わぞぶ゜■■
_ばどじでだ ぐま■■ぎ■■
_ずぜべぼざ びぺぷ■ぢ■

 上記は、この方向で考えた配列の最後の段階。
 「か」の位置を良くする為「か」と「が」を切り離している(「濁音は清音の裏」を守ると、[S][D][K][L]のうち濁音が付くかなは2つまでしか置けない)。「ぶん」の運指を守る意味もある。「つ」を左手に回し、「から」の同指異鍵を避けるため、「ら」と「れ」を入れ替えている。
 しかし「れん」が同手段越、「れば」が同指異鍵、「かの」が同指異鍵など問題点は多い。第一、ここで「濁音は清音の裏」の例外を作るのは中途半端だと思う(それなら清音と濁音は全部切り離せ、ということになる)。

 そもそも、最初は「です」の運指を良くするという目的があったわけだけど[★R][Z]はそんなに悪い運指ではない。人差し指と小指という遠い指の段越なので、同手段越としては一番打ちすいパターンだ。
 「して」もそれほど悪い運指ではないし、新JISでも同じだし……。
 と考えると大した問題じゃないような気がしてきた。これならver.1.07のままでいいな、と。

 というわけで、「伝統配置」にまで手をつけてver.1.07から改良しようという試みはひとまず失敗に終わりました。今後はこの経験を生かして改良していきたいと思います。
by koutarou_13 | 2005-08-28 21:21 | ●下駄配列で万事快調

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy