人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

俺的キーカスタマイズまとめ:その4 親指モディファイヤ

●[スペース] → [スペース & Mod0]
●[変換] → [Enter & Mod1]
重要度 B


 Mod0、Mod1とは、『窓使いの憂鬱』独自のシフトのこと。Mod0からMod9まで10種類配置できる。

 親指のホームポジションのキー(以下「親指キー」と書く)をワンショットモディファイヤにする。文字キーを含む多数のキーに機能を配置できるので、非常に多機能にできるのが特徴。これをキーカスタマイズのメインにしているキーカスタマイズ案も多い。
 しかし、わたしは「親指でキーを押さえながら他のキーを押す」という操作は、それほど押しやすいとは思わない。単打と比べると操作性は劣ると思う。
 そこで、よく使う機能は単打で配置し、親指モディファイヤにはサブ的な機能を置くことにしている。

 親指キーをワンショットモディファイヤとすると、文字の入力に悪影響を与える可能性がある。例えば[スペース]を押し下げて、[スペース]を離す前に文字キーを押した場合に、モディファイヤの誤入力になる、という問題がある。
 しかし、自分の場合は、この問題はほとんど起こらない。このキーカスタマイズで親指モディファイヤにするキーは[スペース]と[Enter]である。日本語入力で[スペース]や[Enter]を押した直後に文字キーを押す機会はほとんど無い。[スペース]を押すのはほぼ変換するときだし、[Enter]も変換確定にしろ改行にしろ文の切れ目である。いずれにせよ、次の文字の入力まで少しは間が空く。少しでも間が空けば、モディファイヤの誤入力になることはない。
 英文の場合なら、[スペース]を押した直後に文字キーを押すという操作は頻繁にあるので、問題かもしれない。幸い、わたしは英文入力をする機会はあまりない。(英文入力をするときだけモディファイヤをOFFにすれば十分)

(なお、この話は、「親指シフト(NICOLAなど)において、親指キーにシフト以外の機能を持たせる」という話とは異なるので注意。親指シフトのように同時打鍵でシフトが掛かる場合は、上記の例のほか、「文字キーを押し下げて、文字キーを離さないまま親指キーを押した場合」にもシフトの誤入力になる。ワンショットモディファイヤなら、この場合は誤入力にならない)

e0002687_20333694.gif
e0002687_20334342.gif

 図は、上が[スペース]押し下げ時、下が[Enter](元[変換])押し下げ時。

●親指テンキー
重要度 B


 [スペース]を押しながら右手の上中下段でテンキーを入力できるようにする。数字を入力するほか、変換候補を数字で選ぶときなどにも活躍する。
 『ATOK』の機能で、「テンキーからの入力を必ず半角にする」「確定文字で入力する」にしてあるので、全角数字を入力したい場合は最上段、半角数字を入力したい場合は親指テンキー、という使い分けもできる。

 [0]は小指に配置した。他の数字の入力に使わない指なので、一番スムーズに入力できる。テンキーを真似るなら[Enter](元[変換])の位置にに割り当てる手もありそうだが、やってみると意外と違和感があった。

●親指漢数字入力
重要度 C


 [Enter](元[変換])を押しながら右手の上中下段で漢数字の入力。ときおり使う。

●親指マウス
重要度 C


 [スペース]を押しながら左手上中下段でマウス操作。人さし指、中指、薬指の9キーはマウスカーソル移動。[A]は左クリック、[Z]は右クリック、[T][G]はホイールスクロール、[B]はホイールクリック。
 それほど使いやすいわけではないが、右手が塞がっていてちょっとだけマウスを操作したいときに使う。マウスカーソルを下に移動するキーが2つあるが([D]と[C])、この方が使いやすいと思った。
 [Q]はマウスカーソルをディスプレイ右上に飛ばす。マウスカーソルが邪魔なときに。

●親指記号入力
重要度 C


 [Enter](元[変換])を押しながら左手、あるいは親指キーを押しながら最上段、編集キー、テンキーで記号入力。最上段は、[スペース]と[Enter](元[変換])どちらを押しても同じ記号が入力されるようにした(最上段を同手シフトで押すのはやや無理があると思うので)。
 こういう記号は、入力に手間が掛かると使うのがおっくうになってしまう。簡単に出せるようにしておけば使い道も広がる。丸、三角、四角などの記号は、テキストの見た目にアクセントを付けられるので、ちょっとしたメモに便利。

 [8]は「‐」(全角ハイフン)、[0]は「―」(全角ダッシュ)。(「-」(全角マイナス)や「ー」(長音符号)は違う記号)
 [Home][End][Delete][PageDown]は矢印記号の入力。すぐ下にあるカーソルキーの位置のイメージで入力する(カーソルキー自身は下記の親指編集キーに使うので)。
 テンキーは罫線素片の入力。[スペース]を押すか[Enter](元[変換])を押すかで、太い部分と細い部分が逆になる。

 なお、こんな記号の配置はとても覚えられないので、キートップの手前にシールを貼って目で見て分かるようにしている(親指テンキー部分も)。

●親指編集キー
重要度 B


 親指キーを押しながら[↑][↓][←][→]で、それぞれ[PageUp][PageDown][Home][End]。
 文章入力中などにカーソルをジャンプさせるのに活躍する。使用頻度は高い。

●親指キー+[英数] → IME ON/OFF
重要度 C


 親指キーを押しながら[英数]でIME ON/OFF。主にIME OFFに使用する(IME ONは[英数]のみでもできるので)。

●[スペース]+[Enter](元[変換]) → 『CLCL』メニューを呼び出す
重要度 B


 『CLCL』というクリップボード履歴ソフトを使用している。その『CLCL』メニューを、[スペース]を押しながら[Enter](元[変換])で呼び出すようにしてある。
 メニューを呼び出した後、左親指の[スペース]を押したまま右手の「親指テンキー」で、クリップボードアイテムをダイレクトに選択できる。

●『窓使いの憂鬱』の操作
重要度 C


 親指キーを押しながら、[F1]で『窓使いの憂鬱』のオンラインマニュアルを開く、[F2]でウインドウクラスを調べる、[F3]で調査を表示、[F4]でログを表示、[F5]で設定ファイル再読込。

■俺的キーカスタマイズまとめ
◆その1 親指担当キー
◆その2 右手一列シフト
◆その3 その他の機能キー
◆その4 親指モディファイヤ
◆その5 テンキー
◆その6 その他いろいろ
◆その7 まとめ

※過去の関連記事
「記号シフトを作ってみた」
「記号シフトの配置を変えてみた」
by koutarou_13 | 2008-05-22 20:54 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy