人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 前から疑問に思っていることがあるのです。
 親指シフト配列を使うのに日本語キーボードをエミュレータを使って親指シフト化する場合に、どのあたりのキーを親指キーにするのかという問題です。

 親指シフト用キーボードである富士通 親指シフトキーボード FMV-KB611を見ますと、[親指左][親指右]の境目は[B]の中央の下になっています。
 日本語キーボードをエミュレータを使って親指シフト化する場合、親指キーにするキーは、できれば[B]の下、少なくとも[B][N]の境目の下で分かれたキーでないと、親指シフト用キーボードのように打鍵する事はできないと思います。

 日本語キーボードでこの親指キーに一番近い配置のキーは、[スペース][変換]でしょう。だから、日本語キーボードをエミュレータを使って親指シフト化する場合は、[スペース][変換]を親指キーにするという方法がまず候補に挙がります。
 例えば、BUFFALO BKBU-J109SVのようなキーボードなら[スペース][変換]の境目が[B]の下(やや右より)ですので、そのまま親指シフト化することができます。

 ELECOM TK-P09FLGのようなキーボード([変換]が[M]の下)ですと、そのまま[スペース][変換]を親指キーとすると[親指右]が右になり過ぎてしまいます。
 しかしここで、右手担当キーをすべて一列右にずらすという手があります(「右手一列シフト」)。こうすれば[スペース][変換]の境目は[B]の中央の下にあるのと同じ事になりますので、一気に親指シフト化するのに最適なキーボードに変身します(実際、私がNICOLAを使っていたときの方法です)。

 親指キーにするキーは[無変換][変換]にして、親指キーの間に[スペース]が挟まる形にするという方法もあるようです。代表的な親指シフトエミュレータである『親指ひゅんQ』の初期設定がそうなっています。『きりんシステム』のTRON配列図では[無変換][変換]に相当する位置が色づけされています。かえでさんの飛鳥配列打鍵動画では実際に[無変換][変換]を親指キーにして飛鳥配列を打鍵しています。

 [無変換][変換]はパソコンを初期設定のまま使っていると大して使わないキーですし、左右対称の位置に配置されているキーボードが多いので、親指キーにするのに向いているかも知れません。
 しかし、私の感覚では、[無変換][変換]を親指キーとするのでは、本来の親指シフト用キーボードと違いすぎると思うのです。
 まず、[T][Y]の同手シフトが圧倒的に打ちにくくなります。[R][U][G][H][V][B][N]もかなり打ちにくくなります。一方で下段の中指より外側の同手シフトは打ちやすくなるような気がします(特に右手下段)。
 これだけ打ちやすいキーが異なるのでは、親指シフト用キーボードを前提とした配列を打つことはできないのではないか、と思うのです。先ほど挙げた打ちにくいキーというのが飛鳥配列で頻度の低い文字が置かれているキーとだいたい一致するので、飛鳥配列は[無変換][変換]を親指キーとすることを前提としたエミュレータ時代の親指シフト配列なのではないかと思ったほどです

 しかし、ある動画では飛鳥配列を打鍵するのに、右手一列シフトを使って[スペース][変換]を親指キーにしていました。また、[T][Y]や[B]が打ちにくいのは[無変換][変換]を親指キーとしたためかと思っていたら、jisx6004さんは[スペース][変換]にしてもそのキーが打ちにくいという話です(同手シフトだけでなく単打でも。これは飛鳥配列の作者の話と一致する)。 

 私の感覚をまとめると、次のようになります。
1.[親指左][親指右]の境目が[B]の下(右手一列シフトで擬似的にそうする場合も含む)なら、親指シフト配列であることによって特に打ちにくくなるキーはない
(これはNICOLAをある程度打てるようになったときの実感)
2.[親指左][親指右]を[無変換][変換]のように離れているキーにするなら、[R][T][Y][U][G][H][V][B][N]は打ちにくくなる。
3.よって、[無変換][変換]を[親指左][親指右]にする方法は[R][T][Y][U][G][H][V][B][N]にも普通に文字が配置されているNICOLAには向かない。飛鳥配列にはいいかも知れない。
(2と3は試用段階での感想)
 これは私だけが思っているのでしょうか? あり得る感覚の一つなのでしょうか?
 実際に親指シフト配列を使っている方はどう思っているのでしょうか?

 [親指左][親指右]の境目の話ばかりしてきましたが、[親指左]と[親指右]の外側の境目もそれなりに重要なのではという気がします。
 先ほども挙げた富士通 親指シフトキーボード FMV-KB611を見ると、外側の境目は、[親指左]は[X]と[C]の境目のやや右、[親指右]は[,]と[M]の境目のやや左となっています。このくらいあった方が中指と薬指の下段の同手シフトが入力しやすいのではないかと思います。
 しかし、日本語キーボードで[親指左]と[親指右]の境目を[B]の下にしつつ、[C]や[M]の下まで伸びているキー配置を持ったキーボードというのはなかなか無いのではないでしょうか。
 もっとも、キーボード親指化キット HHKB L2用を見ると、[親指左]と[親指右]の外側の境目についてはまるで配慮されている様子がありませんので、やはり外側の境目はどうでもいいのかも知れません。

 もう一つ。親指シフト配列で考えなければならないのは(特にエミュレータ使用の場合)、親指キーの単打に他の機能を割り当てるか(親指キーの併用)、親指キーは専用キーとするかという選択です。
 併用すると親指担当キーへ機能の割り当ての自由度がかなり増します。しかし、文字キーと親指キーがロールオーバー(※)した場合に同時打鍵と判定されてしまうという問題と、親指キーの打鍵をミスした場合に予期しない挙動になるという問題が生じます。

※ロールオーバー:ここでは、あるキーを押して、そのキーを離す前に別のキーを押すこと。

 私自身、[親指右]と[ENTER](元[変換])の併用はできないと感じたのが、NICOLAをやめた主な要因です。Uジローさんは「スペースキーを親指シフトキーとして使うのは、絶対ダメだな」と書かれています。
 一方で、実際に[スペース]と[親指左]を併用して高速打鍵している動画を見たことがあります。「NICOLA 配列規格書」には「7.5 親指キーの単独打鍵について」という項目がありますので、併用することも想定していたことが分かります。
 併用して大丈夫なのか、ダメなのか。併用して大丈夫な機能とそうでない機能があるのか。
 実際に親指シフト配列を使っている方はどうしているのでしょうか?

 と言うわけで、実際に親指シフト配列を使用している人が「親指キーをどのあたりに取っているか」「親指キーを他の機能と併用しているか」は私にとってとても気になる謎なのです。
 もし「自分は親指シフト配列を使っている」と書く方がいましたら、ぜひこの点についても言及していただけるとありがたいです。
 また、親指キーをどのあたりに取るのかは非常に重要だと思うので、親指キーの位置は配列の側で定義した方が良いのではないか(「[親指左]は、だいたい[C]の中央から[V][B]の境目の下」、とか)と思っています。
by koutarou_13 | 2006-02-23 20:39 | ●その他の日本語入力配列の話
 下駄配列では[:]は[BackSpace]にするために空けてあります。しかし、これは[BackSpace]を[:]以外に配置している人にとっては無駄なスペースが空いていることになります。
 「:」自体の入力に使うとか、小指の外側なんて使わなくてもいいという考え方もありますが、やはり[:]が空いているのは無駄だと思う、という方にこんな方法はどうですか? という提案。

 下駄配列ver.1.11から次のように文字の位置を変更します。

「ち」「ぢ」を[/][S/]から[:][S:]に移動。
「へ」「べ」を[KC][LC]から[/][S/]に移動。

 要するに、「ち」を[:]に持ってきて、「ち」の移動で空いた[/]に「へ」をシフト側から昇格させるということ。
 「ち」は同指での移動なので影響は少ないし、「へ」は単打側への昇格なので打ちやすくなったはず。代わりに使わなくなったのが打ちにくい(と私は思う)中指下段のシフト側なのもいい。おまけに「ち」も「へ」も月配列U8版伝統配置となれば、これはもう悪いはずがない!!

 連なり頻度も調べました。気になるのは「べき」が右手小指連打になるくらいで大した問題はないはず(「べき」は「文字や文字の連なりの出現頻度調査結果」でも「2ちゃんねる「よろしければ配列について教えろ その2」の248」でも圏外)。

 シンプルな移動で済んだので対応も比較的簡単なはず。下駄配列を使っているけれど[:]は[BackSpace]にも何にも活用していないという方がいましたら、ぜひお試し下さい。
by koutarou_13 | 2006-02-20 00:23 | ●下駄配列で万事快調

連なり頻度マトリクス

 こういうものを作ってみた。
e0002687_11303144.gif

 元のデータは「2ちゃんねる「【ローマ字,仮名,親指】新JIS配列キーボード」の165」
「2ちゃんねる「よろしければ配列について教えろ その2」の248」
 これを頻度順で並べ替えて、さらに縦横の組み合わせで頻度を探せるようにしたもの。

 これを何に使うかというと……うーん、あまり使い道がないな(^_^;) 頻度の多い連なりだけでなく、頻度の少ない連なりも分かるかと思ったのだけど、一方の連なりが少なくても逆の連なりが多かったらやっぱり頻出連なりになるから、あまり意味がなかったかも。あと、出現頻度順に並べたので、出現頻度がある程度頭に入っていないと非常に探しにくい。
 「ん」と「う」は出現頻度の割には連なり頻度が少ないとか、「い」と「ん」はまんべんなくいろいろなかなと連なるとか、すでに知っていることしか見えてこないなあ……。

 とりあえず、頻度の低い方は個別に見た方が分かりやすいと思うので、頻度の高い方(表の左上)を眺めた方が面白いと思います。

●連なり頻度マトリクス(turanari_matrix.ods):turanari_matrix.zip
※「OpenDocumentの表計算ドキュメント(.ods)」を見れない場合は、『OpenOffice.org日本ユーザー会』から『OpenOffice.org』をダウンロードすれば見れます。
by koutarou_13 | 2006-02-19 11:35 | ●その他の日本語入力配列の話

ついにGenius?

 最近の『タイプウェル国語K』の成績。
e0002687_2073067.gif

 ついにGenius到達!!

 「あれ? 前にGeniusになったって言ってなかった?」ですって?
 画像をよくご覧下さい。

e0002687_2082169.gif

 ミス3回以内総合成績です。

 一応ミスを少なくするようにと心がけてはいるけれど、特に意識しなくてもミス3回以内はときどき出るようになってきました。ミス3回以内って出しても特にメッセージとかないから、新記録がでたのに気がつきにくいね。いつの間にか記録更新していた(^_^;)
 次の目標はノーミスでGeniusでに達することか。と言っても、ノーミスはまだカタカナ語でしか出したことがありませんが。Geniusうんぬん以前に、まずレベルを出すのが目標(^_^;)

 総合成績の方も貼っ付けておきます。こう見るとミス3回以内と総合成績の差はレベル1つしかないのか。漢字が基本常用語より得意なのは相変わらず。こういう傾向は消えないもんですね。
e0002687_2075571.gif

by koutarou_13 | 2006-02-12 20:17 | ●タイプウェルに首っ丈

左手の方が打ちやすい?

 どうも左手の方が打ちやすいキーが多いと思うのです。ちなみに私は右利きです。

 普通のキーボードのキーの配置は、縦が一直線には揃っておらず、少しずれた形になっています。
 このため「右手は指を曲げ伸ばすだけで打鍵できるのに対して、左手は手首をひねる動作が加わるので右手の方が打ちやすい」と言われることがありますが、私の感覚はまったく逆

 右手は、指をキーの上に持っていくには指を曲げ伸ばすしかないから、指を大きく曲げ伸ばさなければならない。
 対して左手は、指を曲げ伸ばす動作と手首をひねる動作を組み合わせる事ができるから、一つ一つの動作が小さくて済む
 結果、左手の方が小さな動作でキーの上に指がいくので、楽に打鍵できる、と感じるのです。

 具体的に右手と左手を比較してみても、上段は、[U]より[R]の方がやや押しやすいし、[T]と[Y]は大差で[T]の方が押しやすい。[Q]と[P]は両方押しにくいけれど、どちらかと言えば[Q]の方が押しやすい。
 下段も、[B]はホームポジションから遠いので打ちにくいけれど、[,][.][/]より[C][X][Z]の方が押しやすい。
 ホーム段はキーのずれは関係ないので、さすがに利き手である右手の方が打ちやすい。特に連打する場合は顕著に表れる。私は[:]を[BackSpace]にしているけれど、一時反対側の[英数]を[BackSpace]にしてみたことがあったが、これは全然良くなかった。とは言え、左右でそれほどの差があるわけではなく、上下段の左右の差の大きさには及ばない。

 下駄配列を作っていたときはこのことはほとんど意識していなかったけれど、ほとんど使わない「ゃ」「ゅ」「ょ」が右手下段だったり、「しゃ行」と「きゃ行」でより出現頻度の高い「しゃ行」の方を左手に配置したのは、この感覚が反映されていたのだろう思います。

※関連記事:「左手の方が打鍵しやすいもう一つの理由」
by koutarou_13 | 2006-02-11 13:30 | ●その他の日本語入力配列の話
 だいぶ間が空いてしまいましたが第三回。これでラスト。

●連続シフトを使うかどうか

 下駄配列のシフトは、1回の打鍵につき1回しかかからないという方式にしていた。しかし、同じシフト側の文字が続くときの2打目以降は、通常の[Shift]と同じように押しっ放しにしていてもシフトがかかるという「連続シフト」という方式も考えられる。他の配列では飛鳥配列と龍配列で採用されている。
 シフトを押し下げたり離したりする回数は、連続シフトの方が確実に少なくなる

 しかし、気になる点がいくつか。

 一つ目。連続シフトは難しいのではないか、という点。
 連続シフトにすると、シフトを離すべきなのか押したままにすべきなのか、次に打鍵する文字を考えないと確定しない。これってやっぱり難しいのでは? 例えば、私の場合、QWERTYローマ字で「ん」を[N]で入力しようとすると、次に母音がくるときなどにいちいちタイプミスになってしまう。次に来る文字を考えて[N]を1回押すか2回押すかと判断することができない。もっとも、この最大の原因は、私がQWERTYローマ字をマスターしていないことかも知れないが。

 二つ目。下駄配列(の考え方)と連続シフトは相性が悪いのではないか、という点。
 これは、次の3つの要因による。
 その1。下駄配列は押したキーはすぐ離すことを前提としている。その感覚で打てなくなる部分ができるのはマイナス要因。実は下駄配列でも同時打鍵の後は慌ててキーを離す必要はないのだが、単打と同時打鍵でキーを押す感覚が変わるというのはどうかな、という感じがする。
 その2。下駄配列はシフト面が多い。連続シフトは同じシフト面の文字が連続しないと意味がないが、下駄配列では、清音、濁音だけで4面あり、さらに拗音は別面である。飛鳥配列でも龍配列でもシフト面は2つしかない。シフト面が多いと同じシフト面で連続する連なりは必然的に少なくなってしまう。
 その3。下駄配列では単打面に頻度の高い文字を配置するようにしている。飛鳥配列では、打ちやすいキーであればシフト側にも頻度の高い文字が配置されているが、下駄配列ではだいたいシフト側より単打側の方を優先して配置を考えていた(だいたい「各キーの打ちやすさ」で書いた◎同士の同時打ちで、△と同程度と考えている)。これだと同じシフト面で連続する連なりはますます少なくなる。

 やるとしたら、意図的にやらないと意味がないと思う。新しい配列を作るとすれば、考えてみたいところだ。

●清音と濁音の切り離し

 下駄配列では、濁音は、ほとんどその清音の薬指シフトに配置していた。しかし、下駄配列のようなシステムなら、濁音と清音は必ずしも同じキーに配置する必要はない。実際、一部は別のキーに配置している。これをすべての濁音に拡大して、清音と濁音を切り離してしまうというのはどうだろうか。

 切り離す場合に気になる点は、まず、覚えにくくなるということ。そして、清音とその濁音のキーが異なるというのが感覚的にどうなのかということ。
 しかし、下駄配列でも半濁音は切り離していて特に問題はなかったので、まあ問題ないかな、という気がする。

 清音と濁音を切り離すメリットについては、実は誤解していたことがあった。
 下駄配列の作成当初、清音と濁音を切り離すメリットは、濁音も出現頻度に応じた配置ができることだと思っていた、しかし、これは大したメリットではない。出現頻度の高い濁音は「が」「じ」「で」「だ」といったところ。これらはいずれもその清音の出現頻度が高いので、清音を好位置に置けば、自然に濁音の方も好位置に置かれることになる。これならわざわざ切り離すほどのこともないな、と。

 清音と濁音を切り離す本当のメリットは、連なり頻度に応じた配置ができることだ。「てす」の出現頻度は低いが、「です」はトップクラスの頻出連なり、というように、清音への連なり少ないが、その濁音への連なりは多いというような例はたくさんある。清音と濁音を分離すれば、これらの連なりに適切な運指を与えることができる。

 清音と濁音を切り離すことによって、配列を作るのが難しくなるという心配はあるのだが、これは大して問題じゃないかも、という気がしている。
 濁音と清音を切り離すことによって自由になるのは、濁音もそうだが、それ以上に清音の方だ。下駄配列を作っている時に、濁音とセットになっているため動かせない清音というのがかなりあった。これを自由に動かせるようになるわけだから、配列作りはかえって楽になるのではないか。その分最後に濁音を配置するときに苦労することになるのだが、それは頻度の低い濁音でのこと。そこがうまく行かなかったとしても、清音の移動でメリットを生み出せていれば相殺してお釣りがくるのではないか。

 というわけで、新しい配列を作るとすれば、清音と濁音の切り離しはやってみる方向で考えることになるのだと思う。

※下駄配列で手を付けなかったこと:その1
※下駄配列で手を付けなかったこと:その2
by koutarou_13 | 2006-02-10 23:55 | ●下駄配列で万事快調
 この前、「テンキーのシフト側も必ず確定文字で入力する・改良版」という記事を書いたけれど、問題点が発覚。

 『姫踊子草』が機能している状態で、この設定ファイルでIME onのときにテンキーのシフト側を入力すると、一時的に固まる

 どうも、『姫踊子草』が機能している状態で『窓使いの憂鬱』の&Syncを実行すると同期定義に書かれている「スキャンコードが不正に設定されている」状態になるようです(つまり、5秒ほど操作不能になる)。
 詳しい原因は分からないけれど、『姫踊子草』が機能している状態ならこの現象が起こり、機能していない状態(一時停止状態でもいい)なら起こらないのは間違いない。

 ちょうどこの設定ファイルを作ったのが『窓使いの憂鬱』で下駄配列を打っていた(つまり、『姫踊子草』は使っていない)時期だったので気がつかなかった。
 『姫踊子草』は、『窓使いの憂鬱』のマニュアルに「同時には使わないようにしてください」として挙げられているソフトの一つなので、うまく動かなくても文句は言えない。しかし『姫踊子草』と『窓使いの憂鬱』が衝突したのは初めてだな。

 対応策ですが、&Syncの代わりに&Wait(1)を入れたらまあまあうまく動きました。ちょっと挙動が怪しいことがあるのだけど(たまに全角で入力されてしまう)、連打しなければだいたい大丈夫。しばらくこれでやってみて、我慢できなかったら「テンキーのシフト側も必ず確定文字で入力する」(改良前)まで戻ろう。

※追記:&Wait(1)だとやっぱり誤作動することがあるので、出血大サービスで&Wait(5)にしてやった。これならいいだろう!



※追記 2008/12/21
 この問題は『姫踊子草』のバージョンアップにより、解決しました。
「姫踊子草+のどか(窓使いの憂鬱)の問題解決」
by koutarou_13 | 2006-02-04 21:31 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy