人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 キー入れ替えに傾倒している方がまた一人。

『ejanの24/7』「キー配置を変更する」
その2その3その4

 『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』に触発されて、どういうわけか親指シフトではなく、キー配置変更にのめり込んでいく過程が書かれています。その4では『AutoHotkey』を導入するなど、ますます本格的なカスタマイズへ進化。

 こういうキー配置の変更は、とてもいいと思います。
 キー配置の変更のいいところは、その効果ももちろんですが、慣れるのが楽というのも大きい。かな文字入力配列を変更するのも効果は大きいのだけど、やっぱり習得するのにある程度練習が必要なんですよ。キー配置の変更は、配列の変更に比べれば動かすキーがはるかに少ないし、よく使うキーを変更するのですぐに慣れることができる。俺的には配列変更よりおすすめです。

 このejanさんのキー配置変更ですが、[;]→[BackSpace][変換]→[Enter]私とほとんど同じです。すぐ近くの[BackSpace]、親指[Enter]の快適さはぜひ多くの方に体験してほしい。
 その3の前半に書かれている件ですが、[変換]→[Enter]は確かに親指シフトと併用すると少し無理があるかもしれません(この前小梅配列を使ったときに思った)。[スペース](IME変換)は[Enter]ほど無理はないです。むしろ併用できることにメリットを感じている親指シフターもいます。(『Weblog 61℃』「普通のキーボードでいいんじゃね?」

 カーソル移動は、[無変換]+[I][J][K][L]にされています。これもいいと思いますが、私の場合、やっぱりカーソルキーもワンキーで押したい感じがします。特に[Shift]と併用するときに3キー併用になってしまうのが辛い気がして。
 というわけで、私は[無変換]→[←]、[→]→[ひらがな]の親指左右カーソルにしています。([↑][↓]は右手一列シフトで空いた中央列の上段と中段)

 IMEのONとOFFが別キーというのもポイントですね。私もこれはやりたいのだけど、前記の親指左右カーソルで[無変換]と[ひらがな]が埋まってしまって、他にいいキーがない。
 仕方ないので、[英数]を「英字入力ON/OFF」にしています(IMEは『ATOK 2007』です)。IME ON/OFFではないのは、英字に対しても『ATOK』の省入力変換を効かせるためです。IME ON/OFFは[スペース]+[英数]にしています。
 ちなみに、『SetCaretColor』で、IMEの状態によってカーソルの色と幅が変化するようにしています。
 再変換は、私は[Shift]+[Enter]にしています(親指[Enter]だから、キー位置的には[Shift]+[変換]、つまり『ATOK』の初期設定と同じ)。『MS-IME』では再変換は[変換]になっているけれど、この機能ワンキーじゃなくてもいいですよね。

 その1の最後で、右手一列シフトなどについて「これ慣れたら確かに良さそうだけど、もう戻って来れなくなる気がする…」と心配されてますけど(もうそんな心配は吹っ切れたのかもしれないけど(^_^;))、大丈夫! 私は職場ではまったくカスタマイズされてない普通のパソコンを使って仕事してますよ! 「使いにくいなあ」と思ってしまうのは仕方ないですけどね。

※過去の関連記事
「キーボードカスタマイズの「これだけは」」2007/02/16
「右手一列シフトを使う七つの理由」2005/10/16
by koutarou_13 | 2007-12-30 01:20 | ●のどかor窓使いの憂鬱な生活

一日でProfessional通過

 タイプウェル国語K@下駄配列。

 昨日やっとProfessional(SJ以上)に達したと思ったら、今日はもうGenius(SS以上)相当の記録が出ました。
e0002687_2231698.gif

 戻るときはホントあっという間だ。
by koutarou_13 | 2007-12-17 22:05 | ●タイプウェルに首っ丈

下駄配列復帰一週間

 小梅配列から下駄配列に戻って一週間経ちました。

 やっと下駄配列の速度が戻ってきて、『タイプウェル国語K』Professional(SJ以上)が出ました。
 一週間か。結構かかったな。やる前は3日ぐらいで行ける感じがしてたんだけど。前に下駄配列を離れて他の配列を使ったときは3日でSJまで戻ったので。まあ、前よりも下駄配列のブランク期間が長かったし、今回は小梅配列をGeniusまでやったからね。
 ローマ字入力のときは、ローマ字専業で4か月、Geniusになるまで使った直後にいきなり下駄配列でSCが出たから、やっぱりローマ字入力の併用のしやすさは特別だと思う。

 下駄配列の配列図は完璧に頭に入っていますが、それでも復帰当初は指が動きません。配置は完全に覚えているのに指が動かないというのはなかなか不思議な感覚です。
 小梅配列を覚えるとき、実際に練習を始める前に、紙に配列図を完璧に書けるようになるまで暗記してから始めたんですが、それとも違う感覚です。

 小梅配列の方と混同するミスも多い。特に混同しやすかったのが「た」(下駄[G]、小梅[S])、「は」(下駄[A]、小梅[G])。他に、「う」(下駄[J]、小梅[M])、「こ」(下駄[E]、小梅[A])、「つ」(下駄[O]、小梅[同W])、「け」(下駄[W]、小梅[同O])。「け」と「つ」なんてちょうど左右対称だから凶悪。
 全般的にいうと、間違えやすいのは下駄配列で単打に配置されている文字。そして小梅配列でも単打側だと間違え率アップ。下駄配列でシフト側の文字は、同時に押す感覚が戻るとスムーズに打てます。

 そしてSJ以上が出て間もなくこんなタイム。
e0002687_17545480.gif
e0002687_1755650.gif

 Professionalになったと思ったら、もうProfessionalの中盤まできました。速くなるとその分短い時間で多くの練習ができることになるから、みるみる記録が上がるね。これならどんどん速くなりそうだ。
by koutarou_13 | 2007-12-16 18:16 | ●下駄配列で万事快調

小梅配列のGenius

 あれから後も何となく小梅配列1.3.0 beta21)を使い続けていました。なんか『タイプウェル国語K』やってたら記録がまだまだ伸びそうなので、せっかくだからもうちょっとやっておくかなあ、と。

 というわけで、小梅配列で『タイプウェル国語K』で総合カテゴリがGenius(総合レベルSS以上)に達しました。
 さらに小梅配列を忘れる前にtomoemonさんの『タイピングマネージャ(仮)』で小梅配列での記録を取っておきました。
 このタイピングマネージャ、キーを押した時点の記録だけでなく、キーを離した時点の記録も取れます。これを使えば、親指シフトでの同時打鍵タイマーはどのくらいが良いのか? どういうタイマーのシステムが良いのか? また下駄配列のような文字キー同時打鍵はどの程度無理があるのか? などが調べられるのではないか、と期待しています。

 とりあえず『タイプウェル国語K』の記念写真。
e0002687_172859100.gif

 Geniusになるまでかかった期間は2ヶ月半。ローマ字入力(『タイプウェル国語R』)ではGeniusになるまで4ヶ月かかかった――しかも、その前には他の配列との長い長い併用期間があって――から、早いんじゃないでしょうか。『けいならべv2』は3ヶ月でSFにしかならなかったし。やっぱり動作数の少ない方が楽に速度が上がる、と思う。



 さて、これで親指シフトキーボードを使用した親指シフト、及び小梅配列の体験はおしまい。久しぶりに下駄配列&東プレRealforce 108UHに戻ります。
 あー、やっぱり東プレはキーが軽いなあ、などと思いつつ復帰一発目の下駄配列での『タイプウェル国語K』の記録がこちら。
e0002687_1729936.gif

 むむ……。総合レベルJも出ませんか……。前に本格的に下駄配列やったのってかれこれ半年前だからなあ。はてさて、どれくらいで戻るのでしょうか?
 ちなみに配列図を紙に書けといわれたら、完璧に書けますよ。
by koutarou_13 | 2007-12-09 17:51 | ●その他の日本語入力配列の話

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy