人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

DvorakJで下駄配列を実装

 下駄配列を実装できる手段が増えました。

「DvorakJ の機能を QWERTY 配列でも使用出来るようにした - blechmusik2の日記」
『Dvorak 配列に関する覚書』「2 Dvorak 配列に切り替えるソフトウェア」

 『DvorakJ』は、英字配列Dvorakや、Dvorakを利用した日本語配列(『ACT』『DvorakJP』など)を実装できるアプリケーションです。
 さらに、それ以外にもさまざまな機能を備えています。同時打鍵配列の実装がその一つで、『下駄配列』『塗り下駄配列』『黒塗り下駄配列』が実装できます。

 『DvorakJ』の過去のバージョンでは、英字配列をDvorakにした状態でしか同時打鍵配列は使えなかったのですが、2009-06-06公開のバージョンで英字配列に関係なく同時打鍵配列を実装できるようになりました。

 下駄配列を実装するには、ほかにも『姫踊子草』『窓使いの憂鬱』『のどか』を使う方法もあります(※)。
 しかし、『DvorakJ』はそれらのアプリケーションと比べて以下の長所があります。

『AutoHotKey』でも実装できるそうですが、筆者は使ったことがないので分かりません。

1.無料で使える

 『DvorakJ』は無料で使うことができます。
 ほかのアプリケーションのうち、『窓使いの憂鬱』は無料ですが、『姫踊子草』と『のどか』はシェアウェアです。
 無料で使えるアプリケーションが出てきたことで、下駄配列もより気軽に試してみることができると思います。

2.使い方が簡単

 『DvorakJ』は、圧縮ファイルを展開して、EXEファイルを実行するだけで起動することができます。
 下駄配列を実装するには何かしらアプリケーションを導入しなければいけません。これは、下駄配列を使用する上での一つのハードルです。
 しかし、『DvorakJ』は導入までが非常に簡単ですので、このハードルはかなり低くなった思います。

3.USBメモリから実行できる

 これで、『DvorakJ』はUSBメモリから実行することができます。インストーラを使ってインストールしたり、レジストリを使ったりすることがありません。
 『DvorakJ』を入れたUSBメモリを持ち歩いて、どのPCでも下駄配列を使う……という使い方への道が開けました。

4.同時打鍵の判定時間を調節できる

 『DvorakJ』は同時打鍵の判定時間を調節できます。
 同時打鍵の判定時間の調節は、『姫踊子草』ではできますが、『窓使いの憂鬱』や『のどか』ではできません。
 同時打鍵配列のための設定が実装されているのは、嬉しいところです。



 このなかで、特に価値があると思うのは、2です。

 わたしはときどき『姫踊子草』や『窓使いの憂鬱』の使い方について質問を受けることがあります。そのたびにオンラインソフトを使うということのハードルの高さを痛感します。
 なかには、下駄配列に興味を持ったけれど、実装方法がよく分からないから使うのをあきらめた、という人もいるのではないかと思います。それはとても残念なことです。
 「簡単に実装することができる」というのは、下駄配列に限らず、ローマ字入力でもかな入力でもない配列の普及にとって、非常に重要、それこそ「配列の存在を知ってもらう」ことの次に重要なことだと思います。

 『DvorakJ』は、下駄配列の実装以外のことに関しても、全般的に使い方がとても簡単です。
 これまでキー配列変更ソフトやキーカスタマイズソフトは、使い方がやや難しいアプリケーションが多かったので、使い方が簡単である『DvorakJ』はとても意義深い存在だと思います。
by koutarou_13 | 2009-06-11 21:05 | ●下駄配列で万事快調

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy