人気ブログランキング |

ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく

kouy.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 下駄配列では[Shift](※1)を押しながら文字キーを押した際に入力される文字は、設定していません。
 その方が使いやすいと思うのです。

※1 このブログでは、“[Shift]”と表記した場合は、通常のシフトキー(文字キー下段の両端にある普通は小指で押すシフトキー)のことを指すことにしています。

 下駄配列を実装する際は、なんらかのキー配列変更ソフトを使用します。文字キーを押した際に何が入力されるかは、配列変更ソフトの設定次第です。
 [Shift]を押しながら文字キーを押した際に何が入力されるかも、キー配列変更ソフトの設定次第です。

 ここで、[Shift]を押した際に何が入力されるかをキー配列変更ソフトで設定しない、ということができます。この場合は、[Shift]を押した際に入力される文字は、IMEの設定がそのまま使われることになります。
(キー配列変更ソフト次第ですが、『姫踊子草』『DvorakJ』『やまぶき』『のどか』『窓使いの憂鬱』)いずれでもそうなります)
 つまり、IMEの設定がかな入力の場合はかなが、そしてIMEの設定がローマ字入力の場合はアルファベットが入力されます
 これを利用すれば、IMEの設定をローマ字入力にしておけば、IMEの入力モードを英数モードにすることなく[Shift]を押すだけでアルファベットの入力をすることができます

 アルファベットを入力するだけなら、キー配列変更ソフトの方で[Shift]を押したときに入力される文字を設定するという方法もあります。その方が、ローマ字入力の[Shift]と異なる文字を設定することもできるので便利だ、と思うかもしれません。
 しかし、ローマ字入力の[Shift]でアルファベットを入力すると、キー配列変更ソフトではできないことができます。
 まず、入力されるアルファベットを全角にするか半角にするかを、IMEの設定により変更することができます。
 また、[Shift]を押して1文字アルファベットを入力すると、以降は[Shift]を離してもアルファベットを入力することができます

 よって、下駄配列では[Shift]を押した際に入力される文字は設定していません。そして、IMEをローマ字入力にして、[Shift]を押しながら文字キーを押すとアルファベットが入力されることを想定しています。

 ちなみに、以上のことは下駄配列に限りません。[Shift]を押したときに入力される文字を設定していない配列なら、何にでも当てはまると思います(たとえば親指シフト(NICOLA)月配列など)。

※過去の関連記事:「下駄配列は[Shift]+[文字キー]で英数が打てます」
by koutarou_13 | 2010-04-18 23:59 | ●下駄配列で万事快調
 またも下駄配列を実装できる手段が増えました。

『やまぶき作ってます』「やまぶき Ver. 4.0.0リリース」

 キーボード配列エミュレータ『やまぶき』は、さまざまな配列を実装できるソフトです。Ver. 4.0.0から文字キー同時打鍵の配列も実装できるようになりました。
 さらに下駄配列の設定ファイルが同梱されているので、すぐに下駄配列を使い始めることができます。

 わたしが使ってみたところ、とりあえず問題なく入力できました。しばらく使ってみたいと思います。

 『やまぶき』はIME ONでも英数モードなら英数文字を入力できるのがいいですね。『ATOK』には省入力変換があるので英数文字もIME ONの状態で入力したいのです。『ATOK』ユーザーには嬉しいところです。

 『やまぶき』の最大の特徴は、同時打鍵を判定する方式として、キーを同時に押していた時間の割合で判定する点だと思います。
 タイマーを使っているほかの配列変更ソフトは、「キーAを押してから○○秒以内にキーBを押すと同時打鍵とみなす」という判定をしていました。
 『やまぶき』では「キーAを押してから離すまでの時間を1として、○○%以内の時間にキーBを押していたら同時打鍵とみなす」という判定をします。

 おもしろいいシステムですが、自分がこれまで時間で判定する方式しか見てこなかったので、どう設定すればいいのかなかなか掴めません。
 これがどういう効果を生むのか、どのくらいの設定が最適なのかは、これから使ってみて考えたいと思います。



 それにしても下駄配列を実装できる手段も増えましたね。
 わたしの知る限りで、『姫踊子草』『DvorakJ』、それに今回『やまぶき』が加わりました。以上は配列変更を中心としたソフトで、さらにキーカスタマイズを中心としたソフトの『のどか』『窓使いの憂鬱』)でも実装できます。

 配列の変更は、配列が変更できるソフトがあって初めて実現します。わたしが配列界に足を踏み入れるきっかけとなったのが、通常のPCとキーボードで親指シフト(NICOLA)を実装できるソフトの存在(『親指ひゅんQ』)です。「そんなことができるのか!」 あれを越える衝撃は、もう無いでしょう。
 21世紀になって続々と新しい配列が生まれているのも、わたしやみなさんがローマ字入力でもかな入力でもない配列を使えているのも、配列を変更するソフトがあってこそです。
 そういうわけで、配列界は配列を変更するソフトを作っている作者の方々が支えていると言って良いと思います。下駄配列を含め、ローマ字入力でもかな入力でもない配列を実装するソフトが多数存在するという状況は、本当にありがたいことです。作者の方々にはただただ感謝です。ありがとうございます。
by koutarou_13 | 2010-04-02 01:17 | ●下駄配列で万事快調

▼日本語入力方法はローマ字入力とかな入力だけではない▼ローマ字入力とかな入力以外も普通のPCで簡単に使える▼というわけで新下駄配列で快適PCライフをめざすkouyのブログ


by kouy